Archive for 1月 4th, 2008

グッドウィル・グループ崩壊にまた一歩…。ストップ安の株価は僅か10日で半値に下落!

金曜日, 1月 4th, 2008

ついに折口雅博率いるグッドウィル・グループも終焉を迎えた。…と言うより、グッドウィル・グループは、もはや崩壊の道に突き進み、淫行守銭奴の折口も逮捕に向かってカウントダウンである!!
きょう(4日)の東京株式市場で、グッドウィル・グループの株価は、ストップ安となった。それも前年末終値に比べて2000円も下げる1万2440円。思えば、昨年の12月21日の終値は2万4440円だった。年が明けたとはいえ、僅か10日で株価は半値となった。今後も値幅を落とすことは確実である。
株価下落の原因は、グッドウィルの違法な派遣問題だ。労働者派遣法で禁止されている湾岸荷役業務への派遣など、違法な派遣業務を繰り返していた。このため厚生労働省は、近日中にもグッドウィルに対して「事業停止命令」を出す。処分は事業所によって違うが、最大4ヶ月から2ヶ月。しかも、対象は、全国のグッドウィルの全事業所(800ヶ所以上)というから、もはや壊滅的である。
その一方で、グッドウィルというのは、日雇い労働者から「データ装備費」を名目に手数料を給与から不当に天引きしていて、裁判にもなっている。売却した訪問介護「コムスン」の問題も合わせたら、もはやグッドウィルは、グループの維持が不可能に違いない。
それにしても、その一方でヘラヘラと活動し続ける南明奈や矢吹春奈、森下悠里なとグラビア系アイドルには納得がいかない! 彼女たちも同罪なのに!

「紅白」歌手別視聴率最高はSMAP43.9%、「世界に一つだけの花」で最高瞬間46.1%㊦

金曜日, 1月 4th, 2008

「第58回NHK紅白歌合戦」の歌手別の視聴率(ビデオリサーチ調べ)がまとまった。
第1部(7時20分~9時25分)は32.8%、第2部(9時30分~11時45分)は39.5%だったが…。
●第2部主要視聴率(平均39.5%)
※スタート(33曲目)の小林幸子。衣装というよりセットを身につけてきてのステージだったが…
・小林幸子「恋桜」=37.8%
※続く(34曲目)のGacktは、NHKホールではなくNHK最大のスタジオである101stから。大河ドラマ「風林火山」での役、上杉謙信に扮して「RETURNER~闇の終焉~消え逝く武士への鎮魂歌」を歌った。総勢300人のエキストラを引き連れての熱唱だった
・Gackt「RETURNER~闇の終焉~消え逝く武士への鎮魂歌」=38.0%
※35曲目
・大塚愛「CHU-LIP」=39.2%
※36曲目
・TOKIO「青春」=37.8%
※39曲目
・氷川きよし「きよしのソーラン節 YOSAKOIソーラン紅白スペシャル」=40.9%
※40曲目
・aiko「シアワセ」=40.2%
(ポイント=槙原敬之と浜崎あゆみが歌い終えて、39曲目の氷川きよしと40曲目のaikoで第2部は一つの山を迎えた。ここで40%の大台を初めて超えた。しかし…)

※写真=第2部で最初に40%の大台を超えたことにニンマリする渡辺。彼は、コロムビアミュージックエンタテインメントで氷川の宣伝を担当している。現場では仕切っている。「コント赤信号」に似ているのに“芸”は出来ない。しかし、演歌にとって視聴率は気になるところ。そういった意味でも、いい新年を迎えられてよかったか…。
100490171.jpg

※41曲目
・倖田來未「愛のうた」=39.9%
※42曲目
・永英明「恋におちて―Fall in Love―」=39.7%
※43曲目
・中村中「友達の詩」=39.9%
※44曲目
・平井堅「哀歌(エレジー)」=39.0%

※企画=小椋佳×美空ひばり「愛燦燦」=39.0%

※47曲目
・コブクロ「蕾(つぼみ)」=41.0%
(前日に「日本レコード大賞」を獲得した貫禄か? 40%の大台になった)
※48曲目
・中島美嘉「LIFE」=39.9%
※50曲目
・秋川雅史「千の風になって」=42.2%
(「紅白」でってミリオンヒットになった「千の風になって」を2年連続で熱唱したが、さすがの高視聴率となった)
※51曲目
・DREAMS COME TRUE「ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~紅白バージョン」=42.2%
※52曲目
・SAMP「弾丸ファイター 紅白SP」=43.9%
(今年の「紅白」の歌手別視聴率で最高視聴率を獲得したのは、やっぱりSMAPだった)
※53曲目
・和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」=42.2%
※54曲目
・森進一「北の蛍」=40.2%
※55曲目(小トリ)
・石川さゆり「津軽海峡・冬景色」=41.2%
※56曲目(大トリ)
・五木ひろし「契り」=42,1%
(53曲目の和田アキ子から大トリの五木ひろしまでは、昨年、亡くなった作詞家・阿久悠氏の追悼曲だった。しかし、「紅白」前に、和田アキ子は「何で、石川さゆりがトリなのよ!」と憤慨したという。自分がトリをやりたかったのだろう。周囲からは「生意気!」と言われたが、視聴率的には4人の中で一番高かった。生意気でも視聴率が一番取れるんだから仕方ない。でも、ホリエモンと仲良くしている和田は、やっぱり評価されない)

※SMAP「世界に一つだけの花」=46.6%(最高瞬間視聴率)

※フィナーレ=44.1%

「紅白」歌手別視聴率の第1部最高は26年ぶり寺尾聰38.3%、視聴率をかじった”おしりかじり虫”??

金曜日, 1月 4th, 2008

「第58回NHK紅白歌合戦」の歌手別の視聴率(ビデオリサーチ調べ)がまとまった。
第1部(7時20分~9時25分)は32.8%、第2部(9時30分~11時45分)は39.5%だったが…。
*第1部主要視聴率(平均32.8%)
※番組の開始は19.4%
トップバッターの
・ハロー!プロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊(モーニング娘。、Berryz工房、℃–ute)=26.2%
その対戦相手
・美川憲一「さそり座の女2007」=29.4%
※9曲目
・EXILE「Lovers Again~紅白バージョン~」=35.3%
※14曲目
・香西かおり「無言坂」=36.8%
(香西のバックにモーニング娘。が参加したことも視聴率アップの要因になったか…)
※16曲目
・水森かおり「ひとり薩摩路」=36.0%
(せっかく、水森で視聴率をアップしていたのに、水を差したのがNHKが生んだ「おしりかじり虫」だった。おしりかじり虫は、視聴率の尻尾までかじってしまった…?)

※企画=おしりかじり虫=34.5%
(「おしりかじり虫」が消えた後は、また視聴率がアップした)

※17~19曲目
・AKB48「会いたかった」=36.0%
・リア・ディゾン「恋しよう♪」=36.7%
・中川翔子「空色デイズ」=35.1%
(歌が始まったが、AKB48とリア・ディゾンまで見たら、さすがに視聴者も飽きてしまったのかもしれない。しょこたんにシワ寄せ?)
※20曲目
・米米CLUB「愛君浪漫」=35.6%
※21曲目
・絢香「peace loving people~スペシャル・ピアノ・バージョン~」=34.3%
※26曲目
・あみん「待つわ07」=36.1%
(25年ぶりの「紅白」出場のあみんも健闘した)
100486611.jpg

※27曲目
・寺尾聰「ルビーの指環」=38.3%
(第1部の最高視聴率は、26年ぶりに出場した寺尾だった。ベテランの貫禄である)
※29曲目
・BoA「BoAウインター・バラード・スペシャル」=34.8%
※30曲目
・馬場俊英「スタートライン~新しい風~」=32.8%
※31曲目
・さだまさし「Birthday」=32.6%
(正月三が日、NHK総合に出ずっぱりだったが、「紅白」は、やや地味だったか?)
※32曲目
・坂本冬美「夜桜お七~大晦日スペシャル~」=35.8%
(歌手別の第1部は、坂本冬美が平均視聴率を上回って終了した)

※企画=ZARDメモリアル(大阪NHKホール)=37.0%