Archive for 12月 29th, 2007

「紅白」以上の番組はない!! 何と北島三郎が“目玉なし”の「紅白」を援護!

土曜日, 12月 29th, 2007

「第58回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが始まった。
“目玉”というべきものはなかったが、御大・北島三郎さんは寛大だった。
「時代なんですよ、何でも。NHKも視聴率なんて考えないでやった方がいい。だって、そうでしょ。『紅白』にかなう番組なんてないじゃない。選ばれた歌い手は、1年の締め括りとして感謝を込めて歌い、日本の素晴らしさを見せればいいんじゃないの」。
今回も、取材規制でコブクロ、絢香、馬場俊英、TOKIO、倖田來未、aiko、AKB48は撮影禁止。そればかりではない。浜崎あゆみ、小林幸子、寺尾聰は、NHKホールへの入場もNGだった。

※写真=NHKホールでのリハーサル
443.jpg

それにしても、德永英明は、機嫌もよく晴れやかだった。カバーアルバム「VOCALIST 3」は、100万枚目前で前作の「VOCALIST」「VOCALIST 2」も合わせると250万枚にもなるというんだから、たいしたものである。「今年は、これほどまでに売れるとは思わなかった」という。来年は「オリジナルアルバムに力を入れたい。カバーアルバムに関しては、その先の話ですね」とか。

※写真=今年の話題を独占した德永英明
453.jpg

小林幸子は、衣装と言うより、もはやセットである。「(出場回数)28回の中で過去最大の衣装」だという。万華鏡をモチーフにしているらしい。回転して、いろいろな模様を描き出すのか?とにかく、幅は15mで高さは8mなんだそうで、総勢200人が制作に携わったという。こんな大きなセット衣装、テレビでは表現できないと思うのだが…。
ま、「紅白」そのものには“目玉”はないが、出場歌手1人ひとりには“目玉”がある感じだ。もはや「紅白」は、余計な演出なんてしないで、歌だけを聞かせればいいっていうことだろう。しかし、一切の取材をさせない寺尾聰だが、リハーサル時間が1時間も…。他のアーティストは長くても15分程度だったが、1時間も何のリハーサルをやっていたのか…、実に気になる。

※写真=今年の“目玉”は倖田來未か?
462.jpg

※写真=中島美嘉
472.jpg