Archive for 12月 28th, 2007

グレート・サスケが問題発言!「横田めぐみを北朝鮮で発見した。救出に行きたい!」

金曜日, 12月 28th, 2007

「実は、横田めぐみさんの居場所が分かったんです」。
衝撃的な…、いや衝撃的な問題発言をするのは、元岩手県議会議員にトップ当選しておきながら、調子に乗って岩手県知事選挙に出馬したところ見事に玉砕したプロレスラーのザ・グレート・サスケ。そのサスケが、言うに事欠いて、横田さんの消息を知っていると…。
横田めぐみさんと言えば、北朝鮮に拉致・監禁されている人たちの象徴。日本の外交問題で一番の要になっている案件である。サスケが、その横田めぐみさんの所在をつかんだとは、これは聞き捨てならない!
「マジですか!?」
「いや、任せて下さい!来年、早々にも救出のために北朝鮮に行ってきます」。
嘘か本当か!?
単なるでっち上げのネタかもしれない。でも、サスケはプロレスラーである。侮ってはいけない。案外、強力は北朝鮮ルートをもっている可能性だって十分にある。もちろん、信用度にしても低いだろうけど…。

※写真=「政治からは足を洗った」と言うが…
433.jpg

噂通り!! 07年最後の「大安吉日」に松たか子と佐橋佳幸が結婚、新庄剛志と大河内志保は離婚!

金曜日, 12月 28th, 2007

結婚と離婚のラッシュである。きのうオダギリジョーとモデルで女優の香椎由宇と結婚会見したかと思ったら、きょうは松たか子が噂のギタリストで音楽プロデューサーの佐橋佳幸と結婚していたという。松は、ホームページで「電撃ではない」と言っているが、確かに「電撃」というより「噂通り」の方が的確だ。きょうは、07年最後の「大安吉日」だけに、駆け込み入籍が多い。他にも、連鎖的な入籍があった。ま、何かスタイリストと結婚した女優もいたが、名前も忘れた?その程度では、きょうは話題にもならない。
結婚ばかりではない。離婚もあった。
「今年中にキレイサッパリ別れよう」
って話か!?
新庄剛志と大河内志保と噂通りの離婚した。大河内は、92年のクラリオン・ガール。2人は00年に結婚した。大河内がケーダッシュの所属だったから、新庄までケーダッシュが仕切った。ただ、新庄のマネジメントは、離婚後もケーダッシュが継続するらしいが。しかし僅か7年の結婚生活だった。それにしても「夫婦を解消して友達になる」って、まるで、おママ事だった!?

民営化した郵便局。ととにかく要領が悪い! 赤坂郵便局の実態を目撃!! これじゃ年賀状も届きっこない!!

金曜日, 12月 28th, 2007

とにかく要領が悪いの一言だ。民営化された郵便局である。この要領の悪さは誰が見ても明らかだ。
年末のだ最終金曜日
。赤坂郵便局で30分ぐらい、局員の行動をチェックしていたが、明らかに要領が悪い。…というより、やる気ないと見た。例えば、「送金・税金」の窓口である。窓口は3ヶ所あるが、どんなに順番待ちがたまっても1ヶ所んほ窓口しか機能させていない。あと2ヶ所では別のことをやっているのだ。時間を見たら2時半である。3時までに処理出来なかったら、これはどうなるんだろう。
整理券は20番まで出ている。30分ぐらい見ている間、待ち切れずに帰ってしまった人2人。処理出来た人数は1.5人。いくら、相手が年寄りだったにしても、どうにかならないのか? 実に時間を無駄にしているとしか思えない。もはや郵便局というのは経済活動の妨げる機関と化している。ま、小泉純一郎に国民も同調したんだから、仕方ないが…。
しかも、整理券を取るところで、係員が
「少々、時間がかかりますけど…」
という。
最初から時間がかかることが分かってるんだったら、何で早く窓口を増やして処理することを考えないのか? しかも、唯一、処理している1ヶ所の窓口に座っている妙齢のオバさんは、混んでいようが何だろうが、急ごうという雰囲気はない。いやいや驚くほどマイペースである。ま、間違いがあってからでは大変だ。しかし、もっとテキパキこなしてほしい。この年末の慌しい中、大した余裕だった。
一事が万事である。こんな要領の悪い赤坂郵便局の管内では、年賀状もマトモに届くはずがないだろう!!
423.jpg

この年の瀬に高須基仁から10回もの「不在着信」。急用!? 何と「忘年会」誘いだった!!

金曜日, 12月 28th, 2007

騒がせというか、年末まで大騒ぎだった。
携帯電話に、10回もの「不在着信履歴」が残っていた。電話の主は、あの悪役出版プロデューサーの高須基仁だ。留守電は入っていないが、この年の瀬に何の用事が…。ここまで、何度も電話をかけてくるというのは、
「何か、急用でも…
と、さすがの僕も気になり、コールバックすると…。いきなり
「本当に、電話に出てこないねぇ」。
っつたく、何ていうご挨拶だ!!
「何か、急用なの?」
「あのさぁー、あした28日、分かってるよね! 忘年会をやるからさぁー。6時からだから、絶対に来てよ!事務所で、いつものように…」
「忘年会? あっ、そうですか」
「で、他に何か、急用でも?」
「急用!? いや、忘年会のことを言おうと思って。絶対だからね!」
「…」
この年の瀬に、10回もの「不在着信」は、単に「忘年会」の確認電話だったわけ!?
 高須という人は、一体…。やっぱり宇宙人はいる!?
しかし、その忘年会も「忘れていた」なんて言って無視すると、また大騒ぎだ。いやはや…。