“U-15”中井ゆかりの中学校生活は…③

“U-15”の中井ゆかりは現在、神奈川県内の公立中学3年生である。当然だろうが、中学校でも“話題の子”らしい。当然、男子生徒の中には、彼女のDVDを買っている人も多いらしいが
「先生まで私のDVDを持っているんだから…。嬉しいけど、何か、照れちゃうよね。この間なんか、私のことが書いてあった週刊新潮が学校にいっぱい置いてあったの。先生の中には『悪くは書かれていなかったな』なんて言われたけど、褒められているのか何だか分からなかったわ」。
その中井、警察に続いて、中学の教師にも怒りを爆発させる。
「この前、教室の中で、男の子に後ろからスカートを掴まれて下ろされたんです。とんでもないと思いませんか? で、一応、担任の先生に言ったら『まあ、あんなDVDを出しているんだから仕方ないだろう』だって。失礼しちゃうわよね。もう、頭に来たから、その男を呼び出して、友達と一緒に仕返ししてやったんですよ。その時に、パンツになるか、アソコを蹴られるかどうか選ばせたんだけどハッキリしないから、蹴りを2発入れてやったんです。さすがに痛がっていたけど、自業自得じゃない!?」。
恐るべし、中井ゆかり!!

※写真=DVDを出したことで、イジメにもあうらしいが…。
441.jpg

警察に「あんなDVD出しているから痴漢にあうんだ!」と言われた“U-15”の中井ゆかり②

「Tバックはいて何が悪い!」と叫ぶ“U-15”の中井ゆかり。彼女は、いま、怒りまくっている。何といっても、警察署の入り口で警備している警察に、自転車で突っ込んでいくような小娘である。凶暴である。女特攻隊のようなものである。中井に、警察への恨みを聞いた。
「東京から大船まで電車に乗って帰る時、痴漢にあったんですよ。何か陰気なオヤジだったんですけどね。そのオヤジ、いきなり私の隣に来て、下半身を触りだしたんです。ヤバイとは思ったんですけど、大声は出せなかったから我慢していたら、調子にのってパンツの中に手を入れようとしてきたんです。サスガに抵抗しましたよ。そうこうしているうちに駅に着いたから、腕を掴んで、ホームに引っ張り出したのね。そうしたら、慌てて逃げたんですよ。私自身、頭にきていたから、もう靴を脱いで追いかけてオヤジに体当たりをしてやったの。で、駅員に突き出してやったんだけど、その時に事情を聞きに来た警察が、私を見るなり、いきなり『君は中井ゆかりだろう!』って言い出したんです。私のことを知っていたから、正直言って驚いちゃったんだけど、そのうち『あんなDVD出しているから痴漢にあうんだよ』なんて言い出したの。ちょっと失礼だと思わない? 警察の言葉じゃないですよね。頑張って追いかけて痴漢を捕まえてきたのに…」。
ま、天下の神奈川県警に言われちゃ仕方ないか!?

※写真=痴漢にあうのも仕方ない? 
431.jpg