FSW日本GPで大失態のTOYOTAは「くだらないテレビ番組の提供はしていない!」⑥

富士スピードウェイで開催された日本GPでの不手際が問題視されているTOYOTAだが、元大蔵省財務官で現在、早稲田大学教授の榊原英資が、トヨタの前会長で現在は取締役相談役を務める奥田碩を褒めちぎっていた。
CS放送の「朝日ニュースター」で東海大学教授の葉千栄が司会を務める「ニュースの深層」にゲスト出演していた榊原は、
「僕に、芸能の話をしろと言われても話せない」
と言いながら
「今のテレビ番組は最低だ!」。
確かに、くだらない番組が多いのは同感であるが、榊原は、最低番組としてテレビ朝日「TVタックル」を挙げ、番組に出演している“ハマコー”こと浜田幸一をコケ下ろしていた。まるで「ハマコーを出すんだったら、俺を出せ!」風な言い方だった。で、ハマコーを、さんざんコケ下ろした挙句
「実は、僕はトヨタの奥田さんと知り合いなんですけど、この前、今のテレビ番組について語り合った」
と言い出した。
榊原によると、この時に奥田は
「榊原さん。実は、トヨタが提供している番組については全て私がチェックしているんですよ。見てください。トヨタが提供している番組にくだらない番組はありません。間違っても、(ハマコーのようなのが出ている)あんな番組は提供しません」
と言ったらしい。
何だかなー。結局、文句を言ってるってことは、毎週、見ているってことじゃん!
奥田は、くだらない番組はチェックしているらしいが、経団連の会長の頃は、ホリエモン率いるライブドアなんかを経団連に加盟したりしていた。人を見る目は、ほとんどなさそうである。しかも、小泉純一郎と組んで”勝ち組”と”負け組”を作り上げたのも、奥田だった。
その奥田のTOYOTAが今回、富士スピードウェイでの「F1グランプリ」を開催し、歴史に残るような大失態をしたわけだ。
この番組、F1グランプリ開催後に収録しているんだから、榊原はトヨタの奥田をヨイショするんじゃなく、どうせなら批判するぐらいの気持ちが欲しかった。
まあ、例えば原子力発電所の事故に対しても、単に
「原子力発電所がなくなったら、電気がなくなるんですよ。そういうことを、マスコミは伝えるべきだ」
なんて言い出す人だ。事故とか根本を考えずに「なくなったら、どうするんだ」なんて、国民に脅しをかけているわけだから、結局は榊原も官僚上がりのお人というしかない。