病院代どうするの! ビンボー作家・朝倉薫が救急車で病院に運ばれ緊急入院!?

詳細は分からないが、作家で朝倉薫演劇団を主宰する朝倉薫さんが救急車で杉並・富士見町の病院に運ばれ緊急入院したと連絡が入った。
「腹痛が激しくて、救急車を呼んで…」。
電話の向こうで、劇団員も慌てた様子だった。しかし、朝倉さんが救急車で病院に運ばれたと聞いた瞬間、その病状より、経済的な部分を心配してしまった。
「ビンボーなのに、どうするのよ。病院代もバカにならないよ」。
さすがの劇団員も、真顔になっていた。今の時代、病院代を考えたら病気にもなれない。“負け組”のビンボー作家は、どんな環境であっても、常に健康でなければいけないのだ。それが、今や“負け組”の宿命なのである。
「どうやら、過労みたいで…。いま、検査をして点滴を打っているところです」。
過労!? 朝倉さんにはあってはならない病状である。とにかく、入院なんてしていられない…。ま、一番、朝倉さんが、そう思っているだろうけど…。こうなったら、早く“勝ち組”になるしかない。

※写真=元気な頃の朝倉さん。ビンボーのどん底で身体もボロボロ?
272.jpg

グッドウィル折口雅博の牙城?西麻布のレストラン“MAIMON”に潜入!!

週末の深夜。東京・西麻布。グッドウィルグループ総帥・折口雅博が経営するレストラン“MAIMON”に潜入した。ここは、折口が、何かと利用しているそうだ。六本木ヒルズとも目と鼻の先の位置にある。
店内に入った限りでは単なる海鮮レストランといったところ。しかし、どことなく高級感を漂わせているところがイヤらしい。店内は暗く、異常なほど照明に凝っていた。女と入って、雰囲気と言うかムードを高めるためには最適な環境だ。これには折口雅博の下心がミエミエである!! 
で、気になったのは、店内がバリアフリーになっておらず、何かと段差があるところ。周囲をキャロキョロして歩いていたら足を踏み外して捻挫しかねない。これは非常に危険である。
ここで、足を踏み外して折口の餌食になった女子高生は多いかも…。
262.jpg