折口雅博グッドウィル・グループの悪行追求に高松から「皇民党」まで…

国民の血税を不正な方法で取っておきながら平然とし続けるグッドウィル・グループの総帥・折口雅博会長兼CEO。まさに平成が生んだ守銭奴。極悪詐欺男の折口が、逮捕されない不思議。一体、法治国家・日本はどうなってしまったのか?
しかも、折口は無類のロリコン。女子高校生専門の介護まで平然とやっていた。
「彼は、気に入った子がいると、『君を連れて行きたいところがある』とか何とか言って、自家用ジェット機を飛ばすんです。車じゃなく自家用ジェット機ですよ。しかも『君のためだけに、きょうは飛ばすんだよ』なんていう殺し文句もあるみたい。そこまで言われたら、だいていの女子高生だったら、コロッといっちゃいますよ。だって、お金持ちだし…」。
これは、折口に口説かれた女子高生の友達が証言してくれたものである。しかし、これは明らかに「淫行」という犯罪である。もっとも折口のことだから、「合意の上だった」と言い訳けするに違いない。何から何まで計画的なのだ。
こんな男を野放しにしていること自体、おかしなことだが、地検も動かなければ、警察も動かない。国税を不正に取られながらも、厚生労働省は、グッドウィル・グループを告発しようともしない。みんな無責任である。
ところが、ここにきて、右翼の「日本皇民党」が、高松から上陸した。よほど義憤にかられたのだろう。グッドウィル・グループの本社のある六本木のミットタウンの周辺で抗議を始めた。「皇民党」と言えば、かつて総理もやった竹下登を「褒め殺し」した実績がある。その「皇民党」も、我慢し切れなかったのだろう。ただ、さすがに、グッドウィル・グループは「褒め殺し」にならない。褒めようがないんだから、仕方がない。
僕は、右翼でも左翼でもないが、「皇民党」の抗議を聞いていたら、常識的なことを言っていると思った。折口は、経団連にも入っていたが、あんな奴は産業廃棄物である。残していたら、有害なことは明白。ま、グッドウィル・グループには自民党の中川前幹事長も絡んでいたという噂もある。ここは「皇民党」でもいいから全て、言い放ってもらいたいものだ。

※写真=グッドウィル・グループの本社のある六本木ミットタウンの前で悪行を訴える日本皇民党の街宣車
83.jpg

「細川ふみえの恋人E氏がサイパンで逮捕」の報道を巡り狂犬・高須基仁が梨元に噛みつく

もはや狂犬病である。表現の仕方はどうであれ、もはや関わりあいたくない!!
…といいながらも、ついついクビを突っ込んでしまうのが、この【ヘッドロック】。
“ミスター・ヒール”の高須基仁が凶暴化している。
人に電話をかけてきて、いきなり主語もなく吼えまくっているのだ。一瞬、鼓膜が破れるかと思った。一体、何事かと思ったら、どうも、女優・細川ふみえのことのようだ。
細川ふみえとの親密な関係を、写真週刊誌にスッパ抜かれたマンション販売会社社長のEさんが、サイパンで暴行事件を起こし逮捕されたという報道に対して、えらくご立腹のようだ。しかし、そんなネタ、僕は書いた覚えもない。にも拘らず、何で、僕が高須に文句言われなきゃならないんだ!! ま、よほど、頭に来たのだろう。しかも、
「今、隣に、ふみえがいるから話してくれ」
「高須さん、ちょっと待ってよ! 急に、そう言われたって、何を聞けっていうの!」
もう、ムチャクチャである。
要するに、逮捕の容疑では、Eさんが「バッドで殴った」と報じられているが、実はバッドで殴った事実はなく「単なる身内の間の金銭トラブル」だったとか。で、サイパンの警察は、相手の言うことだけを聞いて、Eを逮捕したのだと。
いずれにしても、高須は、芸能レポーターの梨元勝が「悪意に満ちて報じた」と言い切っているのだ。
しかし、高須の口から
「女の幸せを奪う権利が誰にもないだろう。細川の気持ちを分かってやれないのか」
「細川は女性の幸せと、タレントの幸せを求め続けているんだ!」
なんて聞いたときは、思わず「どうしちゃったの!? 高須さん!」なんて思っちゃった。いやいや驚いた!! 
しかし、高須の凄いのは、真相究明に、この時にEさんと一緒に同行していたという元光GENJIの大沢樹生や、もちろん細川まで繰り出して、「逮捕の真相」なんて書きまくっていることである。高須なんかに噛まれでもしたら、もう大変である。
ま、高須と梨元の闘いもエンタテインメントとしては、また違った意味で興味がある。

※写真=この男、凶暴につき…。無関係な僕を巻き込まないで…
74.jpg