コンサート前に配られた「さだ弁」に舌鼓!?

ところで、広島には何回か来たことがあったが、広島市民球場に来たのは実は初めて。
太陽も沈み、ようやく涼しくなってきたのはコンサートが始まって1時間後。しかし、まだ暑い。しかし、ステージに立っているアーティストも暑いのは同じ。ゲストのチキンガーリックステーキは「Yes-No」「氷の世界」など3曲のカバー曲と、「赤い風船」のイメージソング「Let’s go to the LIVE」の4曲を歌っていたが、見た感じ辛そうだった。やっぱり暑いのだ。
しかし、その後も暑さのためか、かなりオーバー・タイム。BEGINで20分押し。時間が押しているのに、BEGINは、これでもか!これでもか!と歌い続けている。まあ、やったもの勝ちである。この模様はNHKで放送するらしいし…。しかも、聞くところによると、広島市民球場では9時半以降は音を出してはならないらしい。
ところで、コンサートの前に配られた「さだ弁」には笑った!!

※写真=やはりこの衣装では暑い!! チキンガーリックステーキ
24.jpg

※写真=BEGINはマイペースでステージをこなしていた…25.jpg

※写真=フィナーレは出演者全員で…
26.jpg

※写真=臨時の「さだ弁」。その中味は? 毎日新聞社の川崎さんは美味しそうに食べていた…

27.jpg

広島から長崎の空に…。さだまさしが広島市民球場で”平和コンサート

広島に来た。
暑い!
さだまさしの平和コンサート「広島から 夏 さだまさし」である。去年まで、8月6日の”広島原爆の日”に「長崎から広島の空に向けて」20年間にわたって歌ってきた。で、その総仕上げとして、今年は長崎に原爆が投下された8月9日に「広島から長崎の空に向けて」歌うのだという。さだまさしらしい発想のコンサートである。
ゲストに山崎まさよし、BEGIN、根本要、佐田玲子、セプテンバー、チキンガーリックステーキ、そして加山雄三…。
しかし、暑い!
その暑さの真っ只中の5時。広島市民球場でコンサートは始まった。
221.jpg

231.jpg