Archive for 7月 19th, 2007

大木凡人に似ているだと!? 高須基仁が「サイゾー」で奇襲攻撃を仕掛けてきた…。

木曜日, 7月 19th, 2007

思えば、昨秋の【サイバッチ】攻撃以来のことである。あの悪名高い高須基仁が僕に奇襲攻撃を仕掛けてきた。何と、自身がコラムをもつ【サイゾー】なる雑誌に、名指しして書いたのだ。こんなとこに書くとは…。正直言って不覚だった。各方面からのタレ込み?で気づき、慌てて本屋に行って見たら…。仰天した。もっとも【サイバッチ】のように、人の顔に落書きしてネットにアップするような非常識さはないが、高須は、ご丁寧に、僕の【ヘッドロック】のトップ画面を掲載して、何やら言いたい放題である。しかも、言うに事欠いて、人のことを「大木凡人に似ている」なんて適当なことを書きやがった!!
ところで、このコラムの中で、高須は僕に対して
「テレビのコメンテーターになりたいんだろ…」
と書いている。が、そんなの無駄な話。お話にならない! ハッキリ言おう。僕なんかをコメンテーターに使ったら、その番組のプロデューサーは、始末書で仕事にならなくなるだろう。具体的に言ってやろ。名古屋のCBCラジオでコーナーを持っていた時、その時の担当プロデューサーなんて、放送終了後、連日、始末書を書いていたらしい。しかも異動しちゃった。わざわざ、東京まで挨拶に来たが、本音では、僕の顔も見たくなかったに違いない。
それにしても、よくもまあ、人のことを書きまくったものだ。ただ、僕のブログを紹介してくれるのはいいが、みんなが見るようになると、書きたいことも書けなくなってしまう。このブログのおかげで、いつの間にか、付き合う人も減った。「キャバクラに行こう!」といってくれる人なんて皆無になってしまった。近寄ってくるのは、鳩の遺伝子を持つなんてうそぶくコンパスMANのような、如何わしい人ばかりになってしまった。それに、人のことを「基本的にロリコン」はないだろう。それじゃ、グッドウィルの折口雅博と一緒じゃないか!!
しかし、笑っちゃったのは、高須が死んだら、僕に「遺影を持て」と書いてあったことだ、よくもまあ言ったものだ。夕べ、東京・新宿の「ロフトプラスワン」で、元「週刊現代」の編集長で、今は「オーマイニュース」の編集長なんかをやっている元木昌彦氏が、「第3回参院選直前”白熱トークバトル”~3つの戦争を語る~」というトークバトル・イベントをやったらしい。そこに高須がゲスト出演していたらしいが、噂では、またまた会場で大立ち回りをしたという。もう、58なんだから静かにしてりゃいいのに…。だいたい「ロフトプラスワン」では“前科”持ちの高須である。一時は、出入り禁止にもなっていたんじゃないか!? 高須が暴れるのは、まさに「新潟県中越沖地震」のようなもの。悪夢を見るようなものだ。ま、こんな暴れん坊が、まともに死ねるはずがない。こういう輩が長生きする。にも関わらず「棺をもて」とか「遺影を持て」とか、まあ、よく言ったものである。

※写真=買うのもバカバカしい。立ち読みで見たが、よくもまあ書いたものである。
992.jpg

元村上ファンド代表・村上世彰は懲役2年の実刑判決! 追徴金11億円

木曜日, 7月 19th, 2007

「無罪」か「実刑」で注目されていた元村上ファンド代表・村上世彰の判決は、やはり実刑判決だった。
ニッポン放送株のインサイダー取引事件で「証券取引法違反」の罪に問われた村上世彰の判決公判が19日午前10時から東京地方裁判所で開かれた。注目の判決は、懲役2年と追徴金11億円。検察側の主張がほぼ認められた格好だ。ただ、実刑でも3年が2年に減刑されたのは分からないが、執行猶予がつかなかったのは重い。
当初、検察側は「悪質なインサイダー取引」として懲役3年、罰金300万と追徴金約11億4900円を求刑していた。一方、村上側の弁護士は「事実無根」と、無罪を訴えていた。
懲役2年の「実刑判決」は、村上にとってもショックだったに違いないが、十分に予測できたこと。当然、この裁判は高裁、最高裁まで争われるだろうが、どう転んでも「実刑判決」には変わりはない。しかし、村上は資産が何百億円もあるらしい。金には困っていないし、村上にとっては、今回の裁判なんて、単なる暇つぶし程度なのかもしれない。