Archive for 7月 3rd, 2007

日本レコード協会は頭脳集団のシンクタンク…新会長に就任の石坂敬一氏が意欲を語る

火曜日, 7月 3rd, 2007

㈳日本レコード協会の会長に7月1日付で石坂敬一氏が就任した。石坂新会長は、1945年8月25日生まれ。慶応義塾大学を卒業後、東芝音楽工業㈱に入社した(同社は、その後、東芝EMI→EMIミュージック・ジャパンに変更)。東芝EMI常務取締役を務めていた94年、ポリグラム㈱に移り代表取締役社長に就任した(現ユニバーサル ミュージック㈱代表取締役会長兼CEO)。
その石坂新会長が、就任の所信表明をしたので記しておくことに…。
「いま、音楽業界は厳しい状況に見舞われているが、その反面、よい状況もある。というのも販売実績を見る限りは、98年以来、売上げは前年割れとなっているが、その一方で、着うたを中心とする音楽配信は急成長を遂げている。中でも携帯電話を対象としたモバイル音楽配信は急成長し、世界の中でもトップクラスの実績を誇っている。日本レコード協会は1942年に発足、すでに65年の歴史を誇っている。しかも、その業績は世界第2位。今後もチャレンジ精神で難問に取り組んでいく。その姿勢は①新しいキャリアの登場➁ビッグ・スターの登場③新しい音楽の成立と拡充――この3点の姿勢を堅持して、レコード産業の基盤を改めて築いていきたい。日本レコード協会は今や、世界に類を見ないほどの優秀な頭脳集団となっている。そういった優れた部分を今後はさらにアピールし、頭脳集団としてシンクタンク化させていきたいと思っている」。

※写真=新会長に就任した石坂敬一氏

5.jpg

六本木の寿司三昧の前で暴力事件! 現場は血の海になろうとしていた…

火曜日, 7月 3rd, 2007

夜の東京・六本木。麻布警察署から、さらに交差点前の派出所から、続々と警察官が駆け出している。
「何があったんだ!」
思わず、僕も警察官と一緒に駆けてしまった。
すると、六本木通り沿いにある寿司三昧のあるビルで、暴力事件である。
このビルには「BADD GIRLS」や「舞人」「GRANDE」、さらには、注目度NO1の新しいクラブ「japonaise」なんかが入居している。
そのビルの1階のエレベーターの前で、取っ組み合いというわけだ! 簡単に言っちゃうと、若い30歳前後のサラリーマン風アンちゃんが、オヤジ狩り?ってとこ。 もちろん、単なる酔っぱらいのケンカ。しかし、かなり派手にやらかしてくれた。(この場合は被害者のなるのか)50代ぐらいのオヤジは、頭を床にぶつけたらしく、頭が割れて出血している。見ているうちに血の海に化していった。警察官が、手ぬぐいを後頭部に置き、血が流れないようにしていた。しかし、手ぬぐいは鮮血で真っ赤になっていた。
現場にいた25歳ぐらいのホステスに聞いてみた。すると、どうやら、オヤジはホステスの客らしい。エレベーターの中で揉め、1階で降りた途端に殴り合いになったというのだ。アンちゃんに殴られた、オヤジは意識はあるものの、手足がケイレンを起こしている感じに見えた。
しかし、サラリーマン風アンちゃんは、警察の制止を振り切ってまでも、まだ、オヤジに飛びかかろうとしていた。大声をはりあげ、もはや凶暴化している。よほど、腹立たしい何かがあったのだろう。
とにかく、この事件で警察官が10人以上は来ていた。しかし、一番の注目は、スキンヘッドの私服刑事。刑事というより、組関係者という雰囲気だった。
それにしても、一番迷惑なのは、寿司三昧だろう。フッと店内を見たら客が1人もいなくなっていた。

※写真=50代のオヤジは、後頭部を床にぶつけ出血が止まらなかった。

1.jpg

※写真=何か手足がケイレンを起こしている感じに見えた…

2.jpg

※写真=サラリーマン風アンちゃんは、まだ気がおさまらず飛びかかろうとしていた。

3.jpg

※写真=頭部を損傷しているからか、救急車が来るまで警察も手を出せないようだ。「だったら、俺が手を出してやるよ」と叫んでオヤジにつかまろうとするサラリーマン風アンちゃん。
4.jpg