三浦和義、愛染恭子、高須基仁がファッションの街・代官山に集結し怖いもの見たさの“犯罪イベント”

東京・代官山が“悪の町”になった。
あの、コンビニ窃盗で“疑惑の男”になった三浦和義が「怖いもの見たさライブ 現代人別帳12」というイベントを、ファッションの街、代官山の「晴れたら空に豆まいて」で行った。とにかく、三浦和義のイベントである。ゲストも最悪である。14歳の愛娘をハンガーで殴って逮捕された、本番女優の愛染恭子、そして、悪徳プロデューサーの高須基仁。どう考えても、これは犯罪集団の総決起集会イベントである。
まず、三浦和義と愛染恭子の対談。
愛染「態度が悪かったからハンガーで殴ったのよ。でも、殴ったのは初めてなんですけどね」
三浦「だったら、家族の問題でしょ」
愛染「そうなんですよ」
三浦「それが、あれだけ報道された。家庭の出来事を、いきなり立件するのはおかしい」
愛染「罰金50万円ですよ。私は、いまでも納得はしていませんけどね」
三浦「それは当然でしょ。でも、どうして警察沙汰に?」
愛染「娘が逃げて、コンビニの前にいた人に助けを求めたっていうんですよ。で、警察に行った…」
三浦「コンビニ…。悪いコンビニですね」。
愛染「そうですね、三浦さんもコンビニに訴えられた…」
三浦「しかし、警察で保護していたんでしょ。法律的には、青少年の保護したら24時間以内に保護者に連絡しなければならない。それを警察が怠ったとしたら、それ自体が違法行為です」
愛染「そうなんですよ。何も連絡がなかった。しかも、捜索願を出したんですよ。警察にも何度も問い合わせをしたんですけど、保護していることを全く言いませんでしたからね。で、その後、警察に行ったら、暴力容疑で逮捕された」
三浦「まるで、日常的に暴力を振るっていたような報道だった」
愛染「大騒ぎになって、ワイドショーが取材に来たら、もう警察署内はお祭り騒ぎでしたね。年配の警察官なんて、ポマードをつけて髪をとかし始めたり…。とにかく、カメラに映るからと、大騒ぎでしたよ」
三浦「これは、警察もテレビ局も訴えたほうがいい。その時は協力しますよ」

まあ、ここまでは、ちょっとは真面目に感じたが、問題はその後のことである。あの悪役プロデューサーの高須基仁まで加わり、おかしな方向に。しかも、高須が連れてきたのが、14歳の“エロ中学生”中井ゆかり。写真集を出したとかで、彼女のプロモーションを買って出たというのだ。いつから、高須はロリコンになったんだ!

※写真=“熟女キラー”だったはずの高須基仁がロリコンになった。何でもアリ?

mange1.jpg

だいたい、高須が絡んできた時点で「淫行」である。因みに、彼女のファン層は30~40代らしい。この世の中、“変態オヤジ”が多い!! だいたい、信じられないのか、彼女の祖父である。東京大学の名誉教授だとか。
「オイオイ、キミのおじいちゃんは東大でティーバックのはき方を教えているのか?」
しかし、14歳の娘が、こんな写真集を出すのか? ま、アーツビジョンの松田社長を訴えた、16歳の小童(こわっぱ)ATに比べたら大したことじゃないけど…。

※写真=中井ゆかりの写真集のプロモーションを買って出た高須だったが…。「だったら、手をついてお願いしろ!」ということらしい。しかし、みんなに足蹴にされた。それにしても、中井まで足蹴にしていたとは…。

mange2.jpg

それにしても、三浦和義と高須基仁、そして愛染恭子に囲まれてステージに立つとは、考えようによっては、とんでもない小娘になったもんだ。しかも、ステージ上で、いきなり「セーラー服脱いでみろ!」ときた。いくら何でも14歳の小娘に…。こんなこと代官山でやるイベントじゃない!! でも、会場は盛り上がっていたから、ま、いいか。

※写真=3人に凄まれセーラー服を脱ぎだす中井ゆかり…

mange3.jpg

※写真=それにしても代官山には似合わない三浦和義と高須基仁の2人。

mange4.jpg

ZARDより売れてるチキン・ガーリック・ステーキって何だ!?

東京・池袋にあるCDショッブ「五番街」に行った。やはりというべきか、ZARD「ゴールデン・ベスト」が驚異的に売れていた。このアルバムは、15周年を記念して昨年、発売されたものだが、今回は30~40代の人が買っていくという。店頭ではZARDの曲が流れまくっていた。これだけ流れてたら、思わず衝動買いする人もいるに違いない。
しかし、そのZARDより売れてるのが、チキン・ガーリック・ステーキのアルバム「FACE」なんだとか。何じゃ!? チキン何たらとは…。調べてみたら、コーラスグループで、さだまさしの事務所に所属しているらしい。そういえば、そんなグループがいたなぁ…。
「神戸の出身で、学校の先生とかもいた。いわゆる脱サラのコーラスグループなんですよ。根強い人気はあります。これは要チェックだと思いますよ」
五番街の販売担当者から、ご説明を受けた。では、さっそく、聴きたいからと手に取ったら
「安くしとくよ!」
何だ、お金を取るのか…。だったらと、店頭でかけてもらった。なかなかよかったが、買うのは次回にした。ちょっと、セコイかった?