華原朋美を所属事務所が解雇、完全引退へ

原朋美が引退に追い込まれた。所属事務所のプロダクション尾木は、華原との専属契約を解消した。急性気管支炎で舞台を休んだかと思ったら、睡眠薬などの薬物に依存する。「もう、これ以上、面倒見きれない」と、ついにリストラされた。それにしても、華原といえば、小室ファミリーで一世風靡した歌手である。しかし、その一方で、自殺未遂とか、まあ、いろいろと起こした。精神不安定だとも言われた。晩年は「紅白」出場のために事務所は、かなり苦労していたが、結局は芸能界から追い出されてしまった。

音楽業界激変!! あの「東芝EMI」が消滅する!?

ついに、この時が来た。矢沢永吉、松任谷由実、GLAY、宇多田ヒカル、椎名林檎から、さらにはビートルズ、ストーンズなど、世界的なアーティストが所属する、あの「東芝EMI」が、なくなる…。といっても、会社がなくなるわけではない。「東芝EMI」の名称が6月30日から「EMIミュージック・ジャパン」(EMI Music Japan Inc.)に変わることになった。これは、東芝が保有していた45%の株式が、6月29日付で英EMIグループに譲渡されたため。当初は「東芝EMI」の社名は変更しないと言っていたが、結局は「即刻変更」となった。しかし、東芝から株式を譲渡された「EMIグループ」も現実は、資金難で大変なのである。先日のこと、英国の大手投資ファンド「テラファーマ」がEMIグループに、株の買収を提案している。買収金額は24億ポンド。日本円にして5700億円である。これに、EMIグループの負債を合算すると買収金額は32億ポンドにも膨らむ。7000億円以上にもなる。「テラファーマ」が買収した後、あるいは、ワーナーミュージック・グループと合流することだってあり得る。とにかく、音楽業界も再編となりそうな気配だ。EMIグループは、デジタル音楽配信の出遅れが経営に響いている。それだけに「変革期にある音楽業界において、時代の変化に敏感に反応していきたい」と意気込みを新たにしている。振り返ってみると、東芝EMIは、我が故郷・御殿場にCD工場があった。高校時代の友達の中には、そのCD工場に行った奴も多かった。その御殿場のCD工場も売却されてしまった。時代の移り変わりである。
※写真=溜池にある東芝EMI本社ビル。この社名も今日が最後に…
10038739.jpg
10038740.jpg
東芝EMIには現在、東京・赤坂の溜池に2つのビルがある。丁度、首相官邸の前だ。そこに「寺尾ビル」という、寺尾聡が「ルビーの指環」を大ヒットさせた時に建てた本社ビルと、「ユーミン・ビル」という、松任谷由実のビッグ・セールスで建てたビルがある。その本社ビルも売却してしまい、来年2月には本社移転する。移転先は、「赤坂5丁目 TBS開発計画」のランドマークとなる超高層タワー「赤坂Bizタワー」(仮称)。TBSの目の前に建設中の39階建てビルである。このビルには、大手広告代理店の「博報堂」も本社が移ってくるが、東芝EMIは27階への移転を予定している。
因みに、「テラファーマ」は、まだEMIグループを買収してしまったわけではない。
※写真=来年2月に移転する超高層タワー「赤坂Bizタワー」(仮称)。このビルの27階に移転する。
10038741.jpg

第2の折口雅博か!? “夜のドラえもん”武勇伝?は「浜崎あゆみは俺が面倒を見てきた」。

六本木のキャバクラ「BADD GIRLS」。この店の名物男といったら何と言っても“夜のドラえもん”こと鈴木さんである。鈴木さんについては、1ヶ月前の5月27日に、このブログで記載したので改めては書かないが、このブログを書いた後も、鈴木さんの活躍ぶりは全開?のようだった。そういった中、鈴木さんが自慢とする「武勇伝」を、ついにキャッチした。“夜のドラえもん”の異名をもつ鈴木さんは、その一方で“夜のお助けマン”とも言われている。お金に困っている女の子がいると、電話1本で駆けつけてくるという機敏なところがあるらしい。「ゴールデンウィークの前だったんだけど、携帯の中に『ゴールデンウィーク中のお金は困っていませんか?』という留守電が吹き込まれていた」などと言うんだから、大したもの。なかなか出来ることではない。お金が余っているのだろうか?しかし、どこか、グッドウィル・グループの折口雅博に似ている。ま、余談はともかく、この“夜のドラえもん”“夜のお助けマン”の鈴木さんの、最大の武勇伝は、浜崎あゆみを”援助”してきたことらしい。BADD GIRLSの女の子曰く「鈴木さんて凄いんでしょ。だって、俺は、これまで、いっぱい芸能人の面倒を見てきたんだよって自慢していたぐらいだから。面倒を見てきた芸能人の名前を挙げていたけど…。一番、印象に残っているのは浜崎あゆみかな。『アイツは俺が、ずっと面倒を見てきたんだよ』って得意そうに言っていたから」。早い話、浜崎あゆみは、夜の仕事をしていて、その時に、生活の面倒を見続けてきたってわけ。しかし、「面倒を見てきて」どうしたって言うのだ!! しかも、この鈴木さんの武勇伝、BADD GIRLSの女の子は、ほとんど知っているというのである。それにしても、500万円の札束をチラつかせ、時には、女の子に何の要求もせずに1万円、2万円のチップを渡し、その後、女の子の肩を揉みほぐしながら、耳元で「10万円と交通費別で今夜付き合わない」とか「交通費込みで14万円で今夜どう?」なんて囁く…。まさに、女子高校の介護ばかりしてきた折口雅博と変わらないじゃないか!! もちろん、浜崎については真実は分からない。しかし、金さえあれば、何でも思い通りになるっていう考えが気に入らない。まさか、鈴木さんも”ヒルズ族”の1人か? しかし、このキャラクターは貴重か?
10038718.jpg
10038719.jpg