日本より北朝鮮の方が住みやすいって言われちゃ安倍晋三も立場ないんじゃないの!?

4年前の03年に中国・瀋陽の日本総領事館に駆け込んで、命がけで金正日・北朝鮮から脱出した、いわゆる“脱北者女性”たちが、日本での生活にとことん疲れ果て、何と、日本から亡命してしまった。その女性は、57歳になるが、思い描いていた“ジャパニーズ・ドリーム”はもろくも崩れ去ってしまった。
曰く「悪い人間に騙された」
曰く「誘拐された」
曰く「日本は人間が生きていく暮らしではない」
女性は在日朝鮮人の父と日本人の母の間に生まれたト・チュジさん。神奈川県の出身だが、60年に両親と共に北朝鮮に渡ったそうだ。しかし、北朝鮮の生活にガマンが出来なくなったのか03年10月に中国側へ脱出、瀋陽の日本総領事館に駆け込み、日本へ戻り千葉県松戸市で暮らしていた。それにしても、中国・瀋陽の日本大使館へ脱北について聞かれると「強制的に連れて行かれた」そりゃないだろ!っては話だが、北朝鮮に戻るんだから、そう言うしかないのだろう。要は、日本の生活に馴染めず、北朝鮮にいる子供が恋しくなっただけのこと。それにしても、日本を出て行くのは自由だが、ト・チュジさんの発言も理解できなくはない。彼女が日本に来てからというもの、悪い政治家が跋扈していた。竹中平蔵なんかも、その1人だ。小泉純一郎の政権の中で“ヒルズ族”ホリエモンや村上ファンドなんてもの調子に乗っていたし、その弾みで出てきた安倍晋三になってからは、グッドウィル・グループの折口雅博のようなペテン師まで登場する始末。しかも、すでに年金は崩壊しているのに、いまだ強制的に徴収され、オマケに税金まで上がった。「これじゃ、生活できない」と思うのも仕方ない。いや、僅か4年間で、どーしょうもないことに気づいたのは早い。韓国の仁川国際空港に到着したところで気持ちを聞かれ「気分はアゲ♂アゲ♂です」と言ったとか言わないとか…。それにしても、朝鮮総連が批判されていても、脱北者が命からがら日本に来て生活してみたら、やっぱり北朝鮮の方が過ごしやすいって言われちゃ、安倍晋三にとっては立場ないんじゃないの?