女子高生にタバコや酒を飲ませベタベタ…。森下悠里もGW折口雅博の毒牙にかかった?

あるアイドル女優とランチした。彼女が開口一番話題にしてきたのが、天下の悪党守銭奴・折口雅博(グッドウィル・グループ会長兼CEO)だった。「5年前だったかな、高校2年の時、1つ先輩のAちゃん(タレント)に誘われて、西麻布にあるクラブに連れて行ってもらったの。そこで、折口さんを紹介してもらったんですけど…。そのクラブ、折口さんが経営しているらしく、すごかった。VIPルームに連れてかれて…。まわりを見たら、グラビア・アイドルのSSちゃんがいたり、凄かった。ただ、そこで一番辛かったのはタバコの煙。私はタバコは嫌いだから、最悪だったわ。そうしたら、折口さんからワインを飲めって、かなり勧められたんだけど、お酒も弱かったから、お断りしたんです。とにかく、雰囲気は最悪でした。ところが、みんな来なれてるって感じで、折口さんとベタベタしていたのにはビックリでした。それに『何で、こんなにベタベタしているんだろう…』って思っちゃったぐらい。結局、驚きっぱなしで終わったんですけど、帰りがけに、折口さんから、お小遣いだって、1万円を貰ったんです」。きょうのとこは、イニシャルにしたが、このタレントたちも、折口マネーに毒されたわけだから、そのうちに実名で書くしかないだろうが、問題は、そんなことではない。この時、そこにいたのは全員が女子高校生。ってことは、折口という男は、女子高校生にタバコを吸わせ、ワイン(アルコール類)まで飲ませていたということになる。これは、いわば犯罪行為ではないか。当時、グッドウィル・グループは経営が苦しい時期だったはず。コムスンにしても厳しかった時期だ。そんな時に、折口は、女子高生タレントを相手に酒、タバコで乱交パーティーをやっていたってことになる。まさに”極悪ロリータ折口”である。こんな奴が、何で「介護」なのだ。そのアイドル女優によると、その後、自家用ジェットで旅行に誘われたという。もっとも「都合が悪い」と断ったらしいが、「だいたいのタレントは乗ったみたい」とか。きょう発売の「週刊ポスト」では、グラビアアイドルのSYが、折口との関係を告白しているが、その他にも南明奈から森下悠里までロリータ折口の下半身幅広い。中でも、森下悠里は、06年の「モバイト・ガール」だった。高校生ではないが、身長160で、上から90-55-90のGカップに折口はレロレロになったに違いない。「今にも飛び出しそうな爆乳の虜になったのでしょう」と言われている。しかも「折口は、マニアックでコスプレ好き。森下に、さまざまな格好をさせてニヤニヤしていたに違いありません」。しかし、こんな男が、経団連の理事を務めていたなんて。もはや日本の経営者にはモラルも何もなくなってしまったことになる。
※写真=Gカップ・グラドルの森下悠里も折口雅博の目にかない”モバイト・ガールス”で活躍
10038497.jpg