真相究明5 16歳の小童ATはワタナベ・エンターテインメントでもレッスンを受けていた!?

「下半身を触られた!」と、東京・代々木で声優プロダクション「アーツビジョン」を経営している松田咲実社長を訴えた、16歳の小童AT。松田社長は、警視庁渋谷署に「児童買春・ポルノ処罰法」の疑いで逮捕された。事件は昨年12月に起こった。オーディションを受けに来た、この淫乱小娘ATを、社長室に連れ込み「合格」を条件に猥褻なことをしたんだという。松田社長は、ATの下半身を触ったことを認めているらしい。しかし、この事件。どうも釈然としないのだ。何故なら、被害者がATだからだ。被害者面しているが、僕は九分九厘、このATのデッチ上げだと睨んでいる。この小童、16歳だからと甘く見ちゃいけない。16歳の小童ATの正体を、今後も徹底的に暴いていく。ATは、決まった事務所はなかった。ところが事件が起こった昨年12月の2ヶ月前に、ある人に、自分の近況について携帯メールを送っている。僕は、あらゆる取材の結果、その携帯メールを見ることが出来た。去年10月16日のことである。ATは「ワタナベ・エンターテインメントのレッスンを受けています」と、まずは報告した上で、そのレッスンについては「週3回ほど、ボイストレーニング、モデルのレッスンを基礎から頑張って、グラビア活動をしています。DVDも5本まで契約が決まりました」。思わず、ワタナベ・エンターテインメントに決まったのかと思わせるような文面である。しかし、その頃、別のモデル系プロダクションにも面接にも行っている。そのプロダクションの社長は言う。「ウチにきたのは去年11月頃だったかな。でも、ワタナベ・エンターテインメントでレッスンをしているとか、そういったことは何も言っていませんでしたね。とにかく、オーディションをして欲しいということで、会ったんですけど、正直言って、雑誌などのモデルとしては難しい感じでしたね。ただ、結構、際どい写真とか撮っていたので、水着の撮影会なんかで使えるんじゃないかと思って、とりあえず登録しておこうと思ったんです。ところが、数日後、何度も連絡しても電話には出ないし、メールを送っても返信がない。いい加減な子だと思いましたね。ところが、12月に入ってか…。具体的な月は忘れましたが、彼女から、また履歴書が送られてきたんです。確か、2通ぐらい来ていたんじゃないかな。オーディションを受けさせて欲しいって。早い話、いっぱい履歴書を送り過ぎて、どこに送ったのか覚えていないんだと思いますよ。おそらく、片っ端から申し込み、返事が来たところに反応しているだけなんでしょうね」。ワタナベ・エンターテインメントでレッスンを受けているという一方で、片っ端から事務所のオーディションも受け続ける…。その中で、今回の事件が起こったことになるのだが、一体、彼女の狙い、目的は何なのか?