1ヶ月間に4人が御用! 痴漢の巣窟と化したNHK。ついに職員の欲求不満が炸裂!!

ついにというべきか、「皆様のNHK」は欲望の集団に化してしまった。ここ数年の不祥事、不祥事で職員のストレスは、もはや限界にきているということなのか? しかし、僅か1ヶ月間に4人が逮捕されるなんて、これは明らかに異常。おそらく、他にも、いっぱいいるはずである。今回は、とりあえず、4人を振り返ってみた。●まずは5月8日――丁度1ヶ月前のことである。アナウンス室に所属する高橋徹アナウンサー(41)が強制猥褻の現行犯で逮捕された。高橋は8日の午後9時45分頃、東京都渋谷区富ケ谷の路上で、20代の会社員女性に後ろから抱きつき、胸、下半身などを触りまくった。高橋は、この日は休みだったこともあって、相当、酒に酔った状態だったとか。そういったことから事件に関しても「よく覚えていない、言いたくない」だって。まさか、酒に酔ったふりしていたんじゃないか? ま、「彼女も合意していた」と言わなかっただけマシか!?●次は、5月31日。NHKから教育・教養番組を制作する関連会社「NHKエデュケーショナル」へ出向中だったディレクター(34)が、16歳の少女に猥褻な行為をしたとして児童買春禁止法違反で警視庁に逮捕された。昨年10月のことらしい。東京都荒川区内のホテルで、出会い系サイトで知り合った少女をホテルに誘い込み、猥褻行為に及んだという。この男、深夜の人気バラエティー番組「サラリーマンNEO」などを担当していた。そして、6月にはいると、まず初日から全開!!である。1日、何と、こともあろうに電車内で女性の顔にほおずりしたとして、警視庁成城署は、NHK放送総局制作局文化福祉番組部のディレクター山口智也(42)を東京都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕した。山口は1日午後11時40分頃、京王線明大前―桜上水間を走行中の電車内で、乗客の女性会社員(33)の背後に立って、約2分間にわたって、妙齢の会社員(33)の顔にほおずりしたんだとか。山口は酒に酔っていたというが、この女性、2分間もほおずりされて、何も抵抗しなかったのかが不思議。2分間で、すご~い長いんだよ!!  この様子を見ていた46歳の男性客が山口を取り押さえ、駅員に突き出した。●そして、今回である。8日午前8時ちょい前のことだったらしい。東急田園都市線二子玉川―渋谷駅間の電車内で、17歳の女子高生の制服のスカートの下から下着の中に左手を入れて尻を触り、警視庁渋谷署に逮捕されたのはNHK制作局青少年・こども番組部ディレクターの今井洋介(30)。容疑は強制猥褻。現行犯逮捕だった。今井は、約10分間も触っていたと言うから、これも凄い。女子高生は、その間、何していたのだろうか? いや、不思議である。しかし、結末は、触った女子高生に取り押さえられ、渋谷駅で突き出されたという。実に、情けないと言うか何と言うか…。ただ、今井の場合は理由が最高だ。「女子高生を見かけて欲情してしまった」という。今井は00年4月にNHKに入局。教育テレビの「真剣10代しゃべり場」なんかの番組を担当してきた。■NHK橋本元一会長の形式的なコメント――。「職員が強制わいせつの容疑で警察に逮捕されました。誠に遺憾であり、心よりお詫び申し上げます。事実関係を調べた上で厳正に対処いたします。 公共放送として、本来なら、視聴者の皆さまの信頼を築き上げなければならない、この重要な時期に、職員の不祥事が相次いでいることは、これまでのNHKの信頼回復への取り組みを台無しにするだけでなく、NHKの放送そのものに対する信頼を大きく失墜させるものだと深刻に受けとめています。度重なる不祥事に、視聴者の皆さまには深く深くお詫び申し上げます。 いま一度、公共放送に携わる職員自身の自戒・自律を求めていくとともに、懲戒処分の見直しを検討するなど、組織として不祥事の根絶に向けた具体的施策を早急に実施してまいります」。