福沢アナも真っ青! ハニカミ王子の盗聴事件でTBS「ピンポン!」は打ち切り!?

株式問題では、楽天と法廷闘争にまで発展してしまったTBSに、新たな問題が…。何と、関東アマ(千葉CC梅郷C)に出場中の杉並学院高校の石川遼に「盗聴工作」をしようとしたことが発覚したのだ。仕掛けたのはTBSの情報番組「ピンポン!」。石川の生の声を取るために、一緒に回る選手に小型マイクを装着してリポートを依頼していたというのだ。大会前に、選手の自宅に電話をかけて「こちらが想定する質問をしてほしい」と、謝礼をチラつかせ依頼したというのだ。もちろん、その依頼は断られたというが、視聴率の伸び悩む番組ならではの話ではないか。視聴率を上げるためだったら、あの手この手である。しかし、今回の事件発覚で「ピンポン!」の打ち切りは確実だろう。さすがに、司会の福沢朗アナウンサーも涙ながらに「非常識だった!」と「おわび」をしていたが、結局は、結果も出せないままボロボロになって終わることになる。福沢アナは「自分の身の振り方も考えている」と言っていたから、福沢降板→番組打切りという路線だろう。早ければ7月で終わりか?しかも、「ニュース23」の膳場貴子までが「ハニカミ王子に渡して?」なんて、手紙をスポーツ担当のキャスターに託すなど、異常事態に。おそらく。これはTBSの構造的な問題だろう。それにしても「ニュース23」も、山本モナの不倫事件以来、筑紫哲也の肺がんと、番組全体がカッタガタである。この辺が番組の潮時なのかもしれない。
※写真=株式、盗聴問題に揺れるTBS
10037476.jpg