安倍晋三も推薦!? 六本木に日本の美をテーマにした新しいクラブが開店する

香港から帰国したが、休む暇もなく六本木に。いつもの「寿司三昧」に入ったが、何か、懐かしさを感じた。で、今夜、会ったのは来月の下旬、六本木に新しいクラブを開店させる女性オーナー。若干29歳の小娘のくせしてクラブのオーナーとは…。その若干29歳の女性オーナーが店を開店するにあたって、僕に「アドバイスをして欲しい」というのである。まあ、僕に「アドバイスを…」なんて言ってくるぐらいだから「その程度の店」と思われても、それは当然だろう。仕方ない。自分でも、そう思うんだから…。にも関わらず、敢えて、僕のところに来ること自体、このクラブの斬新さがある。いずれにしても、店のコンセプトを聞いたら、とにかく凄い店だと思うはずである。基本的なコンセプトは「ポルトガルの宣教師フランシスコ・ザビエルが、世界に紹介した古の日本をテーマ」にしているという。で、店内については「日本美術を代表する伊万里の大壺(2.5m)、大小13種類の壺。また、3尺半(直径1m)の染錦金彩鶴絵・染付山水絵・15種類の大皿、伊万里を代表する伝統工芸氏による日本の美をテーマに演出する」と言うのである。そういった雰囲気の中で、日本女性の美しさを限りなく追及するそうで、ホステスには「十二単の衣装を着させて店内を演出したい。とにかく日本に1店舗しかない店作りを目標にする」というのである。しかし、「日本の美をテーマにする」とか「日本女性の美しさを限りなく追及する」なんていうのは、「美しい日本」を掲げる、我が日本の総理大臣・安部晋三には、まさにピッタリのコンセプトではないか!! やはり、ここは安倍さんも協力すべきかもしれない?いずれにしても、店内は「大奥」をイメージしているんだとか。何か、インチキっぽいところに夢があっていい。とにかく、ホステスは、都内の有名店から人気の子を引っ張ってくるという。ま、ホステスのチェックは、僕にお任せだね!! したら、一緒にいた輩が、突然に口をだしてきて「ナベさんに選ばしたらダメですよ! みんなロリコンになってしまっても、いいんですか? 犯罪になりますよ、ヤバイですよ!」なんて妨害をしてきた。ま、とは言いつつも確かに否定は出来ない部分もあるのだが…。しかし、ホステスは、かなりレベルが高そうである。しかも、料金は90分で税込み4万2000円程度を予定しているらしい。それにしても、そんなクラブの話を、日曜の深夜に「寿司三昧」なんかですること自体が斬新ではないか!? ここだったら、誰にも怪しまられずに話せるというものだ!!
※写真=新たにオープンするクラブについて熱っぽく語る若干29歳の女性オーナー
10036122.jpg