オタク評論家の宅八郎落選! しかし、宅に投票した有権者が5000人以上もいたとは!!

渋谷区長選。オタク評論家の宅八郎は5000票だった。当然、落選だが、宅に5000人以上も投票したとは…。だいたい、宅の応援に建築家の黒川紀章までが応援に来たと聞いたときは、狂ったんじゃないかと思った。「区職員に『ご主人様、お帰りなさいませ』の精神を教えたい」なんて、コミック雑誌じゃあるまいし。黒川の設計した建物は、確実に地震で崩れ落ちるに違いない。しかし、それにしても理解できないのは、千葉・市川市議選である。あの長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督の物まねで知られるタレントの「プリティ長嶋」が、定員42人の中でトップ当選だったという。しかも、ダントツのトップ当選だったというから、市川市民は狂っている。そのまんま東が宮崎県知事なったことを笑っていられない。それにしても、この程度の投票で投票所に行った有権者の神経が分からない。市川市民でなくてよかった!!

宮里藍に並び日本人最速記録の優勝!! 佐伯三貴・女子大生プロは松山千春の事務所の所属だった!

これは驚いた!の一言である。静岡・川奈ホテルGC富士Cで行われた「第26回フジサンケイ レディース クラシックス」で優勝した佐伯三貴・女子大生プロ(東北福祉大学4年生)は、フォークシンガー松山千春の事務所「オフィス・ゲンキ」の所属だった。女子大生の優勝は日本人としては史上初の快挙だそうだ。初のV戦線に殴り込みをかけた佐伯プロの優勝は大きな話題となりそうだ。ハッキリ言って、僕はゴルフには全く詳しくないが、聞くところによると女子プロ4戦目での優勝というのは、あの宮里藍に並んで「日本人最速記録」なんだという。「これは凄いこと」だと、ゴルフに詳しい人も言っていた。しかし、何で、その佐伯プロが千春の事務所なのか?「三貴のお爺ちゃん(田中全造さん)、それにお父さん(佐伯行生さん)とは古い付き合いがあったんだよ」と千春。そういった関係もあって、三貴プロは「小学校時代に入る前から知っていた」のだという。しかし、祖父の全蔵さんは一昨年に他界した。そんな時、父親の行生さんから「娘を頼む」と頼まれ、千春の事務所で預かることになったのだという。千春は、15日の日曜日に福岡に出向き、熊本でのプレーが終わった後の三貴さんと会った。その時に千春は「来週は、何ともいい成績を残して、お爺ちゃんいい報告が出来るように頑張れ」と励ましたという。それが、まさかの優勝。千春は、自分のことのように喜んだ。「こんなに早く優勝するなんて夢にも思わなかった。この晴れ姿をお爺ちゃんに早く報告しろと言ってやった。しかし、彼女は才能がある」。しかし、千春の事務所の所属になった途端、いきなりの優勝である。これも運気というものだろう。
10035481.jpg