伊藤一長・長崎市長狙撃事件で暴力団追放!なんて騒いでいても無駄な話!!

長崎市長選挙に出馬していた現職の伊藤一長さんが銃弾に倒れて、きょうは朝からテレビで大騒ぎである。しかも、いきなり、犯人の城尾哲弥が山口組系の2次団体「水心会」だったことから、ワイドショーなんかは“暴力団追放キャンペーン”に近い形で報道している。しかし、たまたま暴力団の幹部だっただけの話。こんな報道していたら、またまた警察のキャンペーンに利用されてしまう。だいたい、「暴対法」みたいな法律を作って、暴力団を地下に追い込んだことで、ますます混迷化した事件が増えてきた。銃器に限らず薬物にしても何にしても、暴力団に関係のない一般の人間でも手に入れられるようになってきている。和歌山でも拳銃で撃たれた事件が起こった。寝具店経営の桐山冨夫さんの妻富美子さんが拳銃で撃たれた事件だ。富美子さんを撃ったのは、親せきの岡本昭士だったというが、暴力団でなくても、こういった銃殺事件は起こる。これとて、考えようによっては「暴対法」によって起こしたものだと言える。「暴対法」のために、明らかに入手ルートが掴めなくなってしまったはずである。しかも、「暴対法」なんて法律を作っておきながら、警察の捜査能力も落ちているし、警察もメリットのない事件、自分たちのお手柄にならない事件は知らん顔しているんだから、事件の検挙率も年々落ちる一方だ。実に、いい加減なものである。もはや日本は治安の悪い国に突き進んでいるといっていい。そもそも、暴力団追放キャンペーンだとか何だとか言って、山口組は4万1500人だよ。そこまで膨れ上がっちゃった組織を、30万人足らずの日本警察が、どうやって追放するわけ? 理解不能である。ところで、長崎市は前の市長だった本島等氏も、17年前に長崎市に本拠地を置く右翼団体の幹部に至近距離からピストルで撃たれた。銃弾は右胸を貫通、致命傷には至らなかったが3ヶ月の重傷を負ったことがあった。ハッキリ言って、2度あることは3度ある。長崎市長は命を狙われやすい!? なるもんじゃない!!