コンパスMANもビックリ!江原啓之は去年のうちから地震を予感していた!?

地震の予知について書いたら、「江原啓之も凄い!」というメールが、ニッポン放送制作部の敏腕プロデューサー、宅野淳さんから届いた。江原啓之とは、言わずと知れたスピリチュアル・カウンセラーのこと。宅野さんは、いま、江原の番組のプロデューサーである。聞くところでは、聴取率も高いらしく、宅野さんは、局内でブイブイしてるらしい。その宅野さんの逆鱗に触れたのが、この【ヘッドロック】らしい。さすがにムカついたようだ。まず「ブログには細木さんも予言してない…地震と書いてますが、江原さんは予言していた」と言うのである。「渡辺さんは知らないかもしれないけど…」確かに知らない!「昨年末の放送で、今年へのメッセージとして今年は『地!揺るがされる年』と言っていました。地震に限らず物事の根本的なことが揺るがされるという年になると言っていました。事実、『不二家』『あるある大事典』に始まって、プロ野球の裏金事件など…当たっているのではないでしょうか?」なるほど、世間を揺るがす事件が多発している。しかし、それは地震とは違うような…。そもそも、世間を揺るがしてるのは“人災”で、地震は“天災”である。ま、それでも、言った通りのことにはなっているのだが…。「因みに、江原さんが凄いのはイルカの旦那が亡くなる時に旭川で立ち会っていることなんです。タイトなスケジュールの中、旭川にいたなんて偶然でなく必然としか考えられません」なるほどねぇ…。しかし、今回、地震については、こんなことを言う輩もいた。「マジに“パクリ王”ですね。地震が来るんじゃないかって、最初に言い出したのはワシだろ! ワシの言ったことをパクッたな! 【サイバッチ】に訴えるぞ!」おっと。そう地底人――“コンパスMAN”である。この“コンパスMAN”ときたら、自分の言ったことを無視されたなんて怒っていた。ただ、ハッキリ言って“コンパスMAN”の場合は、地震などの予知能力はないのである。鳩と同じ、単に“帰巣性”がある程度。しかも、ポッポッポと3歩、歩いただけで全てを忘れてしまう。ま、地震の予知をアピールするより長野の野沢温泉にでも行って、「鳩車」をアピールしていた方が似合ってる感じかも…。それにしても、やはり地震の要注意はゴールデンウィーク付近のようである…。※写真=ニッポン放送の敏腕プロデューサー宅野さん。
10035316.jpg