山梨県では最大の「信玄公祭り」を無視して温泉を楽しむ!

きょうは、昼間は快晴で、山梨県では、今の時期は「桃の花見日和」というらしい。隣の甲府では、県内最大のお祭り「信玄公祭り」が行われていた。言うまでもない。武田信玄と言ったら、山梨県が誇る偉大な武将だ。で、この祭りの最大の見ものは、甲府軍団の出陣らしい。花火を合図に2000人ぐらいの軍団が集結し、信玄が出陣するんだと。早い話が、戦国時代を演出するってわけだ。田中健とかが役に扮している。でも、夜になって、雨が降ってきた。ハッキリ言って祭りも雨では盛り上がりに欠ける。僕は、河童にはなれない!「雨の中で祭りを見てる場合じゃない」山梨と言ったら温泉である。そこで、「山県館(やまがたかん)」という温泉旅館に行くことに(写真)。ここは「信玄公開発之湯」というらしく、信玄の“隠れ湯”だったらしい。しかも、この温泉旅館、風呂は全てが“かけ流し100%”の天然温泉だという。贅沢である。源泉が2ヶ所あって、その源泉を、この温泉旅館が1軒だけで独占している。なかなかの温泉旅館である。
10034688.jpg

山梨の塩山(えんざん)に降りた。

甲府、石和の手前の駅。新宿から「かいじ」で1時間23分。しかし、特急が止まるだけあって駅は整備されている。だが、人はまばらだ。しかも、コンビニも何もない。あるのは、何故か美容院が数件。演歌ばかり売っているCDショップがあった。香田晋のポスターが貼ってあった。歩く歩く。駅から600mも先に、ようやく「ファミリーマート」。やっぱり山梨県である?
※写真=駅のホームも人は少ない…塩山駅
10034666.jpg
※写真=初めて降りた駅だけに、コースを駅で下調べ
10034667.jpg
※写真=塩山駅の北口には信長の石碑。NHK大河で盛り上がっている?
10034668.jpg
※写真=駅前は整備されているが、コンビにも喫茶店もない。あるのは食堂だけ。そうそう、TSUTAYAだけが目立っていた。この地域の楽しみはビデオ鑑賞か!?
10034669.jpg