上杉謙信の上越市に来た!何もない街だが驚いたのはタクシーの運転手…。

新潟には何回も行ったことあるが、直江津(上越市)は初めてである。新幹線・越後湯沢から「ほくほく線」という、のどかなローカル線に乗り換え。六日町とか十日町なんかも、この路線だ。で、「はくたか号」という富山、金沢行きの特急に乗ると約45分で直江津に到着! 場所的に遠い感じだが、東京から乗り換えも含め2時間15分は思ったより近かった。しかも、ゴールデンウィークだが、混雑もしていない。快晴だし、ポカポカ陽気でなかなかの気分だった。直江津市は高田市と合併して「上越市」になった。上杉謙信で有名なところである。それにしても、直江津駅は大きく整備されていたが、人はまばら。直江津駅からタクシーに乗ったら運転手が22~23歳の若い女性だったから驚いた。他には何もないところだったが…。しかし、だからと言って1日中、タクシーに乗ってはいられないけど。※写真=越後湯沢からは特急「はくたか」に乗り換え直江津に…。
10035771.jpg
※写真=JR直江津駅。整備されてキレイだったが、駅は、閑散とした雰囲気だった。
10035771.jpg

横浜ベイブリッジクラブ(Y.B.C)

横浜に来た。横浜といえば山下公園である。その山下公園の脇にあるのが、「横浜ベイブリッジクラブ(Y.B.C)」。ここの社長は岩下正富さんというが、ずっとブランド・ショップをやっている。「横浜ベイブリッジクラブ(Y.B.C)」というブランドは、岩下さんが権利を持っているが、ショップの他に、マリンスクールやヨットスクール、ダイビングスクール、さらには横浜ベイチャータースクール、ツアー&パーティーまでやっている。手広い人である。
※写真=入り口は分かりにくいが、何故か客は入ってくる
10035728.jpg
※写真=店内には、くつろげる場所も…
10035729.jpg
※写真=男性用、女性用とさまざまな衣料が…
10035730.jpg
※写真=オリジナル・ファッションも…岩下社長が紹介してくれた。
10035731.jpg

日本が生んだ世界のエンターテイナー“電撃ネットワーク”がスペインでパフォーマンス!!

電撃ネットワークが現地時間で28日(日本時間では、きょう29日)にスペイン・マジョルカ島で行われるスペイン最大の野外ロックフェスティバル「BROT,07」に出演し、過激なライブ・パフォーマンスを繰り広げる。電撃ネットワークは、海外では「TOKYO SHOCK BOYS」として活動しているが、海外の中でもオーストラリアとスペインでは爆発的な人気になっている。そういった背景から、今回のスペインでのイベント出演となった。ステージでは新ネタも含め披露するという。「僕たちも、今年結成して17年目。まだまだ通過点だと思っている。ただ、日本以上に海外でウケるのは嬉しいけど、日本でももっと頑張らないと」と南部虎弾は苦笑いしていた。とにかく、彼らは海外では圧倒的に評価されている。オーストラリアなんかでは口臭剤か何かのテレビCMに出演した。しかし、日本では、単なるキワモノでしか見られていない。でも、彼らこそ本物のエンターテインメントを作り上げていると思うのだが…。そういった意味でいうならば、まだまだ日本のショー・ビジネスは遅れているといってもいいかもしれない。だいたい、東京なんて「消防法」とやらで、会場が使用できないんだという。ま、それだけ電撃ネットワークのパフォーマンスはエンターテインメントしているって証拠かもしれないけど…。結局、電撃ネットワークがエンターテインメントしているのは、1月に導入されたパチンコ台「CR電撃ネットワーク」なのかもしれない。聞くところによると、これが大評判らしい。で、今夏にはパチスロ機も準備されているという。それに、もう一つ。電撃ネットワークのテーマ曲もファンの要望もあって5月26日にCD発売されることになった。「宴会や2次会などで使いたいという要望が多かったんですなんて、言っている。しかし、実のところ、「出したい」というメーカーが幾つかあったらしいが、「どうせ出すなら、自分たちの活動資金にしたい」と、インディーズで出すことになったという。やっぱりエンターテイナーだね、電撃は!! 17年経っても、基本的なスタンスは全く変わっていない!
10035712.jpg
10035713.jpg
10035714.jpg
…ってなことで、このブログも始めて丁度1年半になるが、累計で500万アクセスを超える。そのネタが、何故か電撃ネットワークというのも妙な気分である。

松山千春がデビュー31年目でコンサート2000本達成! 邦楽アーティストでは4組目!!

フォークシンガー松山千春のコンサートが5月10日の神奈川県立県民ホール公演で2000本目を迎える。邦楽アーティストではコンサート史上4組目。千春は27日の神奈川・よこすか芸術劇場から全国ツアー「自壊」をスタートさせた。コンサート2000本を達成したのはさだまさし、谷村新司、アルフィーに続いて4組目となる。記念すべき2000回目の公演は、5月10日の神奈川県立県民ホール。それにしても「2000本は単なる通過点」と、通常の公演日程を組んでいるところが千春らしい。デビュー以来、千春を見守ってきた音楽評論家の富澤一誠さんは「地味に2000回を迎えようとしているところが千春らしい。ただ、この数は十分に誇ってもいい」とした上で「千春のコンサートで特筆すべきことは、デビュー以来、必ず春と秋にコンサート・ツアーを毎年、コンスタントに行ってきたことだろう。地に足をつけた形で、このスタイルを続けているのは、おそらく千春だけではないか」と評価していた。そこで千春に聞いた「確かに、2000本というのはとてつもない数字だと思う。振り返っても、その全てを全力でやってきたし、1回も手を抜いたことはなかった。やっぱり、ファンが応援し続けてくれたお陰だな。そういった意味では、どのコンサートがよかったのか、思い出に残っているのか、ファンに聞いてみた気持ちはある」。ツアーを前に、4月25日には初のビデオ・クリップ集DVDを発売した。また、2000本目の公演前日、5月9日には「自壊」「青空」「宗谷岬」「賭け」の新曲4曲を収めたマキシ・シングルの発売も予定している。ところで、今回のコンサート・ツアーは、31年目のスタート。シンプルで落ち着いた構成となっている。内容的には、「かざぐるま」などデビュー当時からの名曲を多く盛り込んでいるのが特徴。「デビュー当時からのコアなファンにとっては最高のステージになっているはず」と関係者。ツアーは、よこすか芸術劇場を皮切りに25都市で29公演を予定している。東京公演は6月7、8日の東京国際フォーラム・ホールA。ファイナルは7月9、10日の札幌・北海道厚生年金会館。
10035678.jpg
★…コンサート・ランキング(4月27日現在)
①さだまさし…3490本
②谷村新司…2700本(推定)
③THE ALFEE…2080本
④松山千春…1995本
⑤HOUND DOG(6人)…1910本
⑥南こうせつ…1900本(推定)

27日の早朝に幾つもの地震雲が…

東京・小金井で撮影された地震雲である。朝9時46分のこと。南の空に東西に伸びる地震雲が…。「地震雲がいっぱい出ていて驚いた」と撮影したニッポン放送の宅野淳さん。地震雲については、いろいろ専門家の間で論議はあるが、やはり不気味である!
10035669.jpg

上戸彩も真っ青!主演ドラマ「ホテリアー」が8.0%

上戸彩が主演する「ホテリアー」が、予想を上回わる視聴率になった。2回目の視聴率が何と、8.0%にまで落ちてしまったのだ(1回目は11.3%)。今春スタートのドラマとしては、今夜放送の内山理名、堀北真希が主演する「生徒諸君」の数字如何によっては、ワーストワンの手前に転落してしまう。しかし、8.0%なんて、もはや打ち切りも検討される数字である。「今さらのドラマ。だいたいソン・ユナの役を上戸が演じてることが納得できない。格が違う。8.0%? まだ、観てる人がいたんだ」と、韓国ドラマ・ウォッチャーの女性はクソミソに言っていた。やっぱり、企画の失敗である。しかし、「ホテリアー」よりも低い視聴率のドラマもあったのにはビックリ!! 上戸より伊藤英明、長谷川京子の方が青ざめてる!?

夜の六本木が危機状態!! ついに、あのBADD GIRLSも「営業停止」に!

キャバ嬢を他の店に紹介した25歳の男子店員を監禁、暴行して2ヶ月の重傷を負わせ逮捕された六本木のキャバクラ「チック」の社長・瀬戸晴夫については、さすがに六本木界隈でも話題になっていた。そんな中で、ある裏情報を耳にした。何と、5~6月にかけて「営業停止」になるキャバクラが続出するというのである。その1つが「BADD GIRLS」だというのだ。「5月の中旬、あるいは下旬から営業停止になるそうです」。営業停止の理由は「時間外営業」だというのである。確かに、BADD GIRLSは、午前3時まで営業をしていた。あるクラブのママは「不思議なのよね、BADD GIRLSだけは…。ウチなんて午前1時になったら絶対に店を終わらせているわよ。とにかく、警察が入ってきちゃうから、大変なの」。そのママは、BADD GIRLSが警察の内部と繋がっていると言っていたのだが…。しかし、ここにきて、BADD GIRLSもアウトになったようだ。「BADD GIRLS」は、六本木に2店舗ある。その2店舗ともに「営業停止」かどうかは分からない。しかし現在、六本木スクエアビル9階にある「BADD GIRLS EAST」は、営業停止になるようで、一部にはミッドタウン前にある「BADD GIRLS WEST」についても「営業停止になる」という情報もある。
※写真=六本木スクエアビル「BADD GIRLS EAST」の入口
10035660.jpg
「確かに、ここ最近、スクエアビルは1時過ぎになるとエレベーターを止めてしまっていましたからね。1階に黒服がいて、客を確認するとエレベーターを動かしていた。警察風の人間が来たら、店に連絡していたのでしょうか。それとも、警察が上がってこれないようにしているのかもしれませんね」(常連客の1人)もっとも、警察だって、そんなことは分かっていて、正面なんかからは入らない。裏口のエレベーターで上がってくるそうだ。いずれにしても、BADD GIRLSは1ヶ月ないし2ヶ月の営業停止になるようである。しかし、BADD GIRLSが営業停止になったら、
「10万円と交通費別で今夜、付き合わない?」
「ボクと付き合うと、金持ちになるよ!」
「今、蔵六寿司にいるんだけど、こない?」
と、女の子を盛んに誘っている“夜のドラえもん”こと○○さんが悲しむだろう。得意技で女の子の肩も揉んであげられなくなる。そうそう、最近は顔を見ていないが、脚本家の野島伸司だって、行き場所を失うかもしれない。まあ、BADD GIRLSに来ていたギョウカイ人多い。それにしても六本木界隈は、ここにきて警察当局の取締りが厳しいという。
「特に、ミッドタウンが出来てからは異常です。どうも六本木をクリーンな街にする、というのが狙いだそうです」。
何だ、新宿の歌舞伎町に続いて、六本木もかよ!
「だいたい、ピンク系のキャバクラを野放しにしておきながら、クリーンな街にしようというのもおかしな話じゃないですか。まず、ピンク系の店から摘発するが筋じゃないですか」。
なんていう声も出ている。ま、一部の住人や政治家は、警察を使って「暴力団追放」の大合唱である。だけど、そんな表向きだけ「クリーン」にしたって意味がない! こんなことをやっているようでは、治安はさらに悪化の道を辿り、事件の検挙率もどんどん低下していくに違いない。
10035661.jpg

どこが危ない!? ゴールデンウィークの地震予測

ゴールデンウィーク(4/28~5/6)に地震の恐れがあるこては、以前にも、このブログで書いたが、その地震の具体的てきな予測が出た。それによると、東北地方で規模の大きな(マグニチュード6クラス?)地震の予測がで出てきた。関東地方については、相模湾を震源とするマグニチュード5程度の予測が出ているようだ。もちろん震源地によって、揺れも大きく違うだろう。ま、こういった予測は出来るだけハズレた方がいいのだが、旅行、帰省には、とりあえず注意だ!。

日本が出したロシアとの関係…。もはや「北方領土返還」なんてあり得ない!!

どうでもいいけど、これが、安倍政権のロシア外交である。23日に逝ったロシアのエリツィン前大統領の国葬。この国葬には世界各国から現旧指導者が多数参列したという。米国からはブッシュ現大統領こそ参列しなかったが、クリントン前大統領やブッシュ元大統領、ドイツからはケーラー大統領。英国もメージャー元首相などが顔を揃えたという。では、日本は? 何と「葬儀に間に合う商用便がなかった」(塩崎恭久官房長官)と、斎藤泰雄大使が参列しただけだった。まあ、これが、現在の日本が出したロシアに対するアンサーなのだろう。これで、「北方領土返還」とか言っても、全く現実味がないと違う?t.A.T.uも怒っているに違いない!?

あの六本木のクラブ「チック」の社長・瀬戸晴夫と店員3人が暴行容疑で逮捕された。

「逮捕監禁致傷容疑」で逮捕されたのは、東京都港区六本木のクラブ「チック」の瀬戸晴夫社長と男性店員3人の合わせて4人。「チック」と言えば、釈由美子もいたと噂される有名店である!それはさておき、情報によると、25歳の「チック」の男性店員は、店に連れてくるはずだったキャバ嬢のタマゴを他の店に紹介しちゃったんだとか。ところが、このことを知った瀬戸は「ふざけたマネをしやがって!絞め上げてやる」と、その店員を六本木の「チック」に時間前に呼び出した。それからが凄い。誰からみてもヤクザ顔負けのリンチが始まった。何と、男性店員を店内に監禁した上、暴行した。店員は骨折などで2ヶ月の重傷を負ったという。 警察の調べに対し瀬戸らは容疑を認めている。さらに詳細――。事件は昨年6月20日に起こった。男性店員を下着1枚にされた上、手錠をかけて「チック」のスイートルームに4日間も監禁したという。そればかりか、スタンガンをつきつけ脅した挙げ句、バッドで殴る蹴るの暴行を加え、重傷を負わしたというのだ。警察の取り調べに瀬戸は「俺の世話になっておきなから、調子にのりやがって!痛い目にあわせてやろう思った」というようなことを供述しているらしい。 しかし、何で、男性店員は、自らスカウトした子を他の店に紹介したのだろうか? 「チック」は、女の子にも人気がある店だと聞いていたが…。おそらく、男と女の関係も含め、いろいろあったに違いない。で、この情報を確認すべく、某新聞社のキチガイ・デスクを伴い、「チック」に潜入した。応対した店員に「ヘッドロックで入ってると思うけど」「しばらくお待ちください」2~3分経過したか…。「ヘッドロック様のボトルは、すでに期限が切れております」「何だと!」「チック」では、とにかく3ヶ月でボトルは切れてしまう。これは、なかなか強気な商売である!しかし、店内は妙に活気づいている。社長と店員合わせて4人が逮捕されたというのに、何もなかったような感じである。その時だった「事件の舞台になった店だろ!」思わず、キチガイ・デスクがブチ切れ始めた。この時ばかりは、さすがに発狂するキチガイ・デスクを落ち着かせるのが大変だった。しかし、店員はどうなのか分からないが、キャバ嬢には、瀬戸の逮捕を知らされてない感じだった。したがって実にノー天気なキャバ嬢である。いや、そんなキャバ嬢を相手に、真っ赤な顔して高笑いしてる若いアンチャンや、鼻の下を伸ばしてるオヤジってのも情けない。しかし、常識に考えて、社長や店員までも逮捕されいたら、店は営業すべきではないだろう! これは、やはり裏に何かいっぱい隠されていると考えるのが常識だろう。