目指すはザ・ピーナッツ!! 姉妹デュオ“O’s” が「東京霊園」で宮川泰さんの墓参り

元祖姉妹デュオのザ・ピーナッツを目指す、長崎・五島列島出身の姉妹デュオ“O’s” が、東京・八王子市の「東京霊園」を訪れ、故・宮川泰さんの墓前で、最新アルバム「COVER’s」のヒットを報告した。宮川さんは、ザ・ピーナッツの育ての親として知られた。“O’s”は、「COVER’s」の中で、宮川さんがザ・ピーナッツのために書き下ろした「よこがお」をカバーしている。この作品は、“O’s”にとって、歌手を目指すキッカケになった「思い出の作品」。それだけに“O’s”は、同曲を自らのアルバムに収録することを熱望していたという。宮川さんの墓は東京霊園の正門を入ってすぐの区画にある。“O’s”の小田聡美(姉)と都弥可(妹)は墓前に花と線香を手向け、神妙な面持ちでお参りしていた。墓前で、聡美は「私たちの永遠の憧れでもあるザ・ピーナッツさんの『よこがお』を、アルバムで歌わせていただきました。尊敬する宮川先生のお墓にお参りすることができ、今まで以上に心をこめて歌うことができます。一所懸命歌うことで、天国の先生も私たちのことを見守ってくださると思います」と言い、都弥可も「天国で聴いてくださる先生に恥ずかしくないよう、私達も多くの人に喜んでいただけるよう一所懸命に歌います」。因みに、“O’s”について説明しておくと、小田聡美(80年10月生まれ)と小田都弥可(83年11月生まれ)の姉妹デュオ。長崎県の五島列島出身。妹の都弥可が応募したオーディションで、作曲家の鈴木淳氏の目にとまって芸能界入りした。05年にシングル「あなたとならば」でエイベックスのJ‐moreレーベルからデビューした。今回のアルバム「COVER’s」(1月17日)は60~70年代の曲を中心とした「昭和の歌謡曲」のカバー・アルバム。「よこがお」の他に「京都慕情」(渚ゆうこ)、「天使の誘惑」(黛ジュン)、「愛するってこわい」(じゅんとネネ)、「白い色は恋人の色」(ベッツィ&クリス)、「手紙」(由紀さおり)、「小指の想い出」(伊東ゆかり)等を収録している。また宮川泰さんは、06年3月21日に75歳で亡くなった。ザ・ピーナッツの育ての親であり、映画「宇宙戦艦ヤマト」の作曲や「NHK紅白歌合戦」では、エンディングで大合唱される「蛍の光」の指揮者としても知られていた。
※写真=東京霊園を訪れ、宮川さんの墓前で神妙な面持ちでお参りする“O’s”
10031539.jpg

藤原紀香の「ズームインSUPER」生出演に日テレ幹部が朝から勢揃い!?

タレントの藤原紀香とお笑いタレント・陣内智則の結婚式が17日に神戸市中央区の生田神社で行われるが、その結婚式を前に今日の早朝、日本テレビ「ズームインSUPER」に、藤原紀香が(番組宣伝で)生出演するという。番組の宣伝とはいえ、独身最後の生出演というわけか?しかし、生出演するだけなら「朝から大変だね」っていうぐらいだが、紀香の生出演に、日本テレビの役員や幹部が勢揃いするというのである。朝っぱらから、日テレの幹部が何で、顔を揃えて紀香をお出迎えするのだろうか? 実に不思議である。何か、深い裏事情があるようだ。そういえば、藤原紀香と陣内智則の結婚披露宴は読売・日本テレビで生中継すると言っていた。しかし、一部には「まだ、読売・日本テレビと決まったわけじゃない」という情報もある。結婚のキッカケや、陣内のレギュラー番組などを見た限りでは、確かに読売・日本テレビ系での生中継が常識だろう。しかし、そう簡単にいかないのも、この業界である。思わぬところでどんでん返しってなこともあるわけで、気づいたらフジテレビなんてことも…。日テレは「誠意」「誠意」と、幹部が勢揃いして紀香にアピールするのであろうか!?いずれにしても、この2人の話題は尽きない!?