テレビ東京株を買い進める糸山英太郎先生がHPで菅谷定彦社長に新たな挑戦状!!

テレビ東京の株式を買いあさっている糸山英太郎氏(新日本観光㈱代表取締役会長・社長/㈱日本航空特別顧問)が、07年も意気軒昂である。1月31日に自身のホームページを更新したが、この中で「テレビ東京株をさらに買い進め260万株を突破した」と豪語している。盟友の石原慎太郎知事が元気なくなってきた分、糸山先生が張り切っているといってもいいかもしれない。しかも、テレビ東京の株式を買い集めていることに対して糸山先生は、HPの中で
「全国からの応援メールも日を追う毎に増えている、3月期末には相当数の議決権が私のもとに集結することになるだろう」。
と言っている。テレビ東京の菅谷定彦社長にとっては頭の痛い動きだろう。しかも
「(菅谷社長は)意地を張りまくっているが、今のままでは株主総会での諸議案に反対するしかない」
とも。そして、今回の更新のトドメとして一言。
「菅谷社長は、私がテレビ東京株の2割を保有しても社長を続けるつもりなのか?定例会見で菅谷社長は、発行済み株式数の7割超を確保しているので心配は無いとのコメントをしたそうだ。勘違いしてはいけない菅谷社長個人の保有株式はわずか9700株だろう。自分の仲間だと思っている株主の合計保有分のことを言っているのなら、勘定が間違っている。実際に7割超が特定株として動かないのなら現在の流動性が説明できない。もう一度数え直してみることを勧める。 テレビ東京株は5800円の高値を付けた、あなたの言うとおり面白くなってきたのだ」。
「テレビ東京・菅谷社長 対 糸山英太郎」
この戦いは一体どうなるか!?