HOUND DOGの橋本と八島のプロデュースする21歳の新人バンドが沖縄で大人気!!

HOUND DOGの橋本章司と八島順一が共同でプロデュースした新人バンド“RA‐SE Sounds♪(ラースサウンズ)”が、沖縄で評判となっている。1月16日に、沖縄限定で2枚同時発売されたシングル「桜色の季節に君だけを想い君だけのために奏でる恋の詩」と「コロンブス」は、那覇市の国際通りにある大型レコード店「タワーレコード」で1、2位を独占している。
※写真=左からakio、SADA、RYOTA、ShohH
10030992.jpg
それにしても、HOUND DOGの中では“1人HOUND DOG”としてアピールしている大友康平と、“6人でHOUND DOG”を主張するメンバーの間で法廷闘争となっているが、何と、その陰に隠れて?メンバーの橋本章司と八島順一は、地道に新人アーティストを発掘し育てていた。現在、沖縄を中心に人気急上昇中の“RA‐SE Sounds♪”がそれだ。4人組バンドで平均年齢は21歳。若い!!昨年の夏、橋本が横浜で活動していた彼らを見つけたのがキッカケ。
「音楽活動をするなら、まず沖縄で成功させること。沖縄で成功すれば、全国に進出できる!」
と、橋本は持論を展開した。橋本は「ワシに任せろ!!」と、沖縄の「ジャパン・エンターテインメント・システム」と所属契約させた。同バンドは、橋本を頼り8月に活動拠点を沖縄に移し、ゼロからスタートした。橋本の指示で、彼らは合宿しながら那覇市の国際通りでストリートライブを連日行い、ファンを増やしていったという。その結果、僅か1ヶ月で彼らは沖縄県の名物バンドとなった。
※写真=RA‐SE Sounds♪をプロデュースする橋本章司
10030994.jpg
1日十数回のストリート・ライブをやり、自主制作したCDを売ってきた。僅か4ヶ月で3000枚を売り上げるほどの評判となり、地元のテレビ局「RBC」(琉球放送)も「横浜から来たバンドマン」と題したドキュメンタリーを制作し放送した。この盛り上がりの中、今度は八島順一の下、東京でレコーディングしたのが「桜色の季節に君だけを想い君だけのために奏でる恋の詩」と「コロンブス」の2枚のシングルだった。沖縄からはORANGE RANGEやHY、モンゴル800など、数々のロックバンドが生まれているが、RA‐SE Sounds♪にも期待が高まっている。それにしても、発売に合わせて那覇市内のライブハウスで行ったコンサートには500人が殺到した。CDも売れている。この世の中、全て結果である。そういった意味で、HOUND DOGのメンバーが自立していくことはいいことだ。因みに、“RA‐SE Sounds♪(ラースサウンズ)”は、ライブの中でHOUND DOGの名曲「ポップコーン」や「ラスト・シーン」なんかも歌っている。これが、ファンの間でなかなかの評判なのだ。2月14日にも、沖縄・国際通りの「club café air」でライブが行われる。
※写真=僅か半年で沖縄で大人気になったRA‐SE Sounds♪
10030993.jpg

NHKも真っ青! エビジョンイルが横綱審議委員会の委員長に就任していた!!

これにはNHKもビックリだったろう!朝青龍の八百長問題は、所詮は単なる茶番に過ぎない話だったが、そんなことより大問題になるべきなのは、横綱審議委員会(横審)の第11代新委員長に何と、かつて「NHKのドン」「NHKのエビジョンイル」と呼ばれた海老沢勝二氏(NHK前会長)が就任したのだ。横審とは、日本相撲協会の諮問機関である。しかし、これは朝青龍の八百長以上の“出来レース”ではないか?今回の決定は、石橋義夫委員長が2期4年の委員長任期を満了したのに伴い、1月24日に横審委員の互選によって選ばれたらしい。エビジョンイルは「1人横綱は寂しいし、ライバルがいないと相撲は盛り上がらない。われわれの手元で新しい横綱を誕生させたい」と抱負を述べたという。しかし、NHKを揺るがす不正問題で退任したエビジョンイル。NHKを辞めた今も元気ハツラツである。上戸彩にオロナミンCでも貰ったのか? いや、オロナミンCを貰ったついでに、読売新聞社の「顧問」にも就任してしまった。ただ「読売新聞社の顧問なんですけど、新聞社には1度も顔を出したことがないらしいですね。要は、何もやっていない。でも、しっかり報酬は貰っています」。実に羨ましい限りである。何もしなくても1000万円以上を貰っているだろうか!?ま、僕は読売新聞は見ないから、どうでもいい話だが…。それにしても、横審の委員長である。NHKの会長は辞めたが、これからは横審の委員長としてNHKに睨みをきかせるつもりか? それにしても、NHKはこれからもエビジョンイルの呪縛から開放されることはなさそうである。

茶番発覚! 朝青龍の八百長問題で「週刊現代を訴える」発言は朝青龍の言葉の綾だった!?

横綱・朝青龍の八百長問題は、ワイドショーを巻き込んだ大きな話題になっている。日本相撲協会は、朝青龍を事情聴取したらしいけど、実は茶番も茶番、大した話ではないようだ。だいたい、朝青龍の八百長は相撲関係者の間では大した話ではなかったというのだ。「相撲記者の誰かが、小遣い稼ぎに喋ったんじゃないですか。それを週刊現代が書いただけの話なんです」。朝青龍というのは、言うまでもなく生意気なんだとか。稽古もまともにやらないという。もちろん強いか弱いかといったら「強い」のだが、練習を積み上げていないから、真剣にやったら「怪我をする可能性がある」というのだ。「だから、怪我をしない程度の取り組みをする。それを八百長というのかどうなのかは分かりませんが」。今回の取り組みでも「真面目に相撲をしたのは4番しかなかったですからね」。しかし、その朝青龍が、週刊現代の記事には怒り心頭だ。「訴訟も考えている。裁判所でハッキリしたい」と朝青龍が言えば、週刊現代も「面白い、受けて立つ!」と、お互いにやる気十分だ。これは面白いと思っていたら「でも、裁判はないですよ」。ちょっと、待て! 朝青龍は「訴える」と言っているじゃないか!!「あれは、単なる言葉の綾ですよ。朝青龍も『ついつい言っちゃった』と苦笑いしているんですから」嘘だろ!? じゃあ、この八百長問題はどうなるの?「日本相撲協会は、週刊現代に抗議書を出すことは確かです。でも、それで終わりでしょう。裁判? そんな面倒なことはしませんよ。抗議書を出して、後はウヤムヤにしてしまうだけの話です」。何だ! つまらない!!確かに、朝青龍は八百長を「否定」している。しかし、それだけ。やっぱり、ここまで大騒ぎになっているんだから、常識的に白黒つけるべきである。相撲だって、白黒つけているんだから。

このご時世だから? 諸星和己がダイエット?

元光GENJIの諸星和己が「日本ダイエットアカデミー協会」の取締役に昨秋11月、就任していたという。しかし、いろいろな組織があるものだ。それにしても「納豆がダイエットになる」とか、今やダイエットを取り巻く環境は厳しいものがあるのだが…。あるいは、イメージ回復を狙って発表したのだろうか?