米大統領選が本格始動! 振り返ればブッシュ再選阻止をエミネムは訴えていた!!

米大統領選が本格始動! 振り返ればブッシュ再選阻止をエミネムは訴えていた!!ヒラリー・クリントン上院議員(民主)が、08年の米大統領選に向け、本格的に始動した。27日にはアイオワ州入りして遊説を開始した。大統領選は、ジョン・エドワーズ元上院議員、バラク・オバマ上院議員が相次いで大統領選への出馬表明を行った後、ヒラリーの出馬表明に全米のメディアの注目が集まっていた。それにしても、ブッシュ大統領の支持率は、ガラガラと音をたてて崩れ始めてきた。米誌ニューズウィーク(電子版)が公表した最新の世論調査結果では、支持率が30%を割り込むなど就任以来最低を記録しているという。支持率が30%を割り込んだことで、ブッシュは、人気挽回策としてイランへの軍事攻撃を計画しているらしいが、愚かな権力者は、気が狂うと何をするかわからない。それにしても、こんなことは、ブッシュが大統領になる以前から分かりきっていた。思えば、あの人気カリスマ・ラッパーのエミネムはブッシュの大統領再選阻止に動いていたものだ。それは、3年前の04年10月28日夜(日本時間=29日)のことだった。米大統領選を5日後に控え、再選を目指すブッシュ大統領とケリー候補の最終激戦が繰り広げられている中、ニューヨークのコンベンション・ホール「ローズランド」で、ブッシュ再選阻止を訴えるイベントが行われた。実は、このイベントに僕も取材で行ったが、会場は3000人が押し寄せ、熱気に包まれた。振り返ると、実に、ユニークなイベントだった。大統領のプレスルームに仕立てたステージに、エミネムが「報道官」に扮して登場(写真)。「理想の国家を築き上げよう」と雄叫びをあげた。
10030952.jpg
このイベントは、ブッシュにとってマイケル・ムーア監督「華氏911」以上の衝撃だったに違いない。米国では幅広い人気を得ているエミネムが、何とブッシュ大統領の再選の阻止を訴える新曲「モッシュ」を発表したからだ。♪思いっきり叩きのめせ!ファック・ブッシュ…過激な歌詞をエミネムがラップで歌っていた(写真)。
10030953.jpg
タイトルは「ブッシュ」ではなく「モッシュ」。ライブ等で客同士がぶつかり合うことを「モッシュ」という。同曲はマイケル・ムーア監督の大ベストセラーで02年ノンフィクション部門第1位の売り上げとなった「アホでマヌケなアメリカ白人」をモチーフにエミネムが作り上げているという。この時、イベント会場の2階席には、U2のボーカル、ボノやライオネル・リッチーの1人娘、ニコール・リッチー等も駆けつけた。当時、ボノは、大統領選の主要な政治コンベンションには顔を見せていた。この時も「絶対に来たかった」と語っていた。このイベントで、大統領のプレスルームに仕立てたステージには「UNITED STATES OF EMERIC」とパロった文字マークの演卓が置かれ、エミネムの演説が始まった。「ブッシュの再選を阻止しよう」「もはや、ブッシュの再選はあり得ない!ファック!ブッシュ!」と雄叫びパフォーマンスを展開した。会場からは、どよめきのような歓声と声援が巻き起こった。
10030954.jpg
また、メイン・イベントではD12やエミネム・ファミリーのスペシャル・ライブも行われ、新曲「モッシュ」が初披露された。同時にプロモーション・ビデオ(PV)も初公開した。PVはブッシュ大統領やビン・ラディンの実物の映像を盛り込むなど衝撃的なPVになっていた。エミネムのPVの中では「最も社会性あふれた問題作に仕上がった」と評価も高い。一部情報では、PVを見たマイケル・ムーア監督も絶賛したと言われている。大統領選に向け注目が集まることは確かだ。因みに、この「モッシュ」は、04年11月15日に発売された、2年半ぶりのオリジナル・アルバム「アンコール」に盛り込まれている。ただ、「アルバムを発売する時には、もはやブッシュなどは影も形もないだろう」と言い放っていたが、おそらくエミネムにとって最大の誤算だったに違いない。

タレント時代以上!? 朝からテレビに出まくる宮崎県の東国原知事への期待度は?

もはや異常というしかない。宮崎県知事になった、そのまんま東(東国原英夫)を扱うテレビ各局の姿勢である。出馬した時は、メチャクチャ言っておいて、当選した途端に手のひらを返したように褒めまくる。一体、何なのだ!? しかし、世論っていうのは、こうして出来上がっていくのだろう。いま、東国原英夫知事の支持率というか、期待度は70%を超えているらしい。実に、いい加減なものだ。しかし、盛り上げるだけ盛り上げて、いざとなったらハシゴを外してしまうのもテレビ局やマスコミの都合のよさである。そういった意味じゃ、今後が楽しみっていえば楽しみなんだが…。それにしても、テレビ各局は、まるで気が狂ったように“密着取材”を行っている。とは言っても、今の時点で東国原知事は、当選後のパレードをやっているに過ぎない。ま、タレント業の延長のようなものだ。しかし、タレントとして活躍していた「そのまんま東」時代よりテレビに出まくっている。その注目率としては、淫行で捕まった時以来じゃないか? だけど、こんなことがいつまでも続くはずのないことは、一番、東国原知事が気づいているはずである。いずれにしても、僕が何だかんだ言っても、東国原が知事選で当選したことは事実で、裏返して言えば、それだけ、期待度も高かったのだろう。しかし、問題なのは、自民党であり、民主党なのだ。いい加減なのは、こういった既成政党だったことも事実。安倍晋三一派は、もはや問題外、民主党の小沢一郎も、事務所経費問題で一気にトーンダウンしてしまった。この時点で、日本の未来は完全に消滅してしまった感じだ。それにしても、今朝もワイドショーは「東国原、東国原」のオンパレードだった。東京で挨拶回りする東国原知事を追いかけまくる。そういえば、TBS「朝ズバ!」なんかには生出演していた。バカバカしくなってチャンネルを変えてみたら、裏でも東国原、その裏でも東国原。一体、これはどういうことだ!! しかも「宮崎県は、東国原知事で注目度も高まった」なんて、ノー天気なコメントまで。どうせなら、まずは今回の東国原の出馬による選挙資金はどうしたのか? いくらかかったのか? そういったことを明かして欲しいところだ。いずれにしても、こんな薄っぺらなパフォーマンスはいつまでも続くはずない。2~3ヶ月もすればボロが次々に出てくるに違いない。僕の期待度は、東国原知事がこれから、どんどんボロを出すことなのだ。