「紅白」40%割れにDJ OZMAも真っ青!? しかしワースト記録にはならず!!

やはり、注目されていた視聴率40%には届かなかった!! 「第57回NHK紅白歌合戦」である。しかし、僕が予想していた「35%前後」「ワースト記録更新」とはならなかった。ビデオリサーチの調べでは、関東地区は第1部で30.6%(関西地区28.5%)、第2部39.8%(同37,6%)だったという。第1部は昨年より関東地区で4.8%もダウン(関西地区3.5%減)、第2部は3.1%ダウン(同1.8%減)した。第2部の視聴率が関東地区で40%割れしたのは、不祥事が連発していた04年の39.3%以来。昨年は、みのもんたの“想定外司会”で何とか40%台をキープしたものの、やっぱり、今年は…。それにしても、昨年は、裏番組もダメだったと聞く。それだけに、「もしかしたら…」なんて思ったけど、40%を割ったら、やっぱり失敗だ。DJ OZMAの一件も、視聴率さえ取れれば不問になっただろうに、この視聴率じゃ、尾を引くに違いない。だいたい、視聴率の悪くなったのは、異常な取材規制にもある。特に、不祥事が起こってからはムキになって規制している。異常なまでの規制は、NHK自体が何かを隠ぺいしているとしか思えない。だいたい、取材している側が面白くも何とも思えないんだから、視聴者にだって、面白さや楽しさが伝わりっこない。もっと、裏側からエンターテインメントさせなければ、「紅白」の再生はない!!だいたい、NHKにとって「紅白」は、受信料を取るためエサ番組なのに、それが、この状態。もはや受信料を取るためには理屈抜きの実力行使しか手段がないわけだ。それにしても、今回の「紅白」について、制作スタッフは「5分に1回のサプライズ」だとか何とか言っていたが、所詮は、こんなもの。まあ、次は上から下までスタッフを一新しなければダメだろう。しかし、そうは言っても、ワースト記録を更新しなかっただけでも、よかったのか?
※写真=NHKの言っていた「5分に1度のサプライズ」って何だったんだろう…
10029203.jpg