治安悪化!! 六本木の大通りに出没しはじめたチンピラ黒人とチンケな日本人黒服のコラボ!

六本木の違法営業クラブ「Mandarin Clib」のあるビル。地下1階には、ライブハウス「Morph」があるが、この周辺は実に柄が悪くなった。しかも、そこには「セキュリティー」と称したイカガワシイ外人がウロウロしている。だいたい、違法営業で摘発され、9人もの逮捕者を出したはずの「Mandarin Clib」が、いまだ営業している不思議さ。一体何だろう。ただ、その「Mandarin Clib」も、スクエアビル時代から雇われていた愛嬌のあるボブ・サップに似た黒人はいなくなった。ところが、代わりに品のないチンピラ黒人が現れた。目をギラギラさせて、客に声をかける。妙なセキュリティーである。その品のないチンピラ黒人が、コンビニの前にいた僕に声をかけてきた。いや因縁と言った方がいいだろう。「何してんの!」「何しててもいいじゃない」「そうじゃないね。あなた、ちょっと邪魔。移動して」。「?」「僕、セキュリティーね。あなた邪魔」。何なんだ、このチンピラ黒人は? そこで、僕も言い返した。「意味がわからない。何が邪魔なの?」「客が通れない。客がエレベーターに乗れない」「エレベーターの前なんかにいないじゃん。何が邪魔なの?」「僕、セキュリティー。あなた、何しているの?」そこに、姿、格好だけはしっかりしているが顔をみたらチンケな日本人黒服が加わり「要するに、邪魔なんですよ」。言うに事欠いて、こいつら、一体何なんだ!「あんたら、ちょっとおかしいんじゃない? ビルの管理人なわけ?」と言うと、チンケな日本人黒服。何を言いたいのか、僕に「お前、ヤクザか」と言い出した。思わず、コイツ何を言いたいの?って思ってしまった。すると、そこに警察が3人が歩いてきた。これは丁度いい。その警察3人を巻き込むことにした。で、事の事情を説明していたら、チンピラ黒人も、チンケな日本人黒服も、フラフラと知らん顔で散ろうとしていた。オイオイ、逃げんじゃないよ! チンピラ黒人を連れ戻そうとしたら、今度はムキなって、「私、注意しただけ」と言い始めた。しかも、チンケな日本人黒服ときたら「俺を巻き込まないでよ。俺は関係ないんだから。だったら、警察抜きで2人で話し合おうじゃんか!」何と、いい加減な奴らなんだ。所詮は、チンケな日本人黒服と、チンピラ黒人である。警察は「こんな奴らを相手にしていないで。何かあったらまずいから、注意して」ま、僕もちょっと暇だったから相手にしてしまったが、おかげで、待ち合わせに、遅れるところだった。丁度いい暇つぶしになったが、ムカつくのは、こんなチンピラ黒人とチンケな日本人黒服が「セキュリティー」だと言っていたこと。それにしても何で、こんな奴らが“セキュリティー”なんだ。もしや、再度の摘発を恐れる「Mandarin Clib」の新しい雇われ人か!? しかし、納得できない!!
10028464.jpg

石原真理子に負けたキムタク!

「完全に潰されちゃいましたよ!!」
映画関係者が苦笑いしながらそう言った。一体何か? 潰されちゃったのはSMAPの木村拓哉が主演する映画「HERO」のこと。この映画は、5年前の01年にフジテレビの看板ドラマ”月9”で放送したものの映画化。全11話放送したが、全て視聴率が30%を超えた。キムタクと松たか子が共演したもので、キムタクの検事役はなかなかものだった。TBS系ドラマ「華麗なる一族」に続くキムタクの作品ということで6日にスポーツ紙に発表したようだが、タイミングが悪かった。この日は、石原真理子の緊急記者会見と重なってしまったのだ。で、軍配は!? きょうは、記者会見を受けて芸能は、石原一色だった。一部のスポーツ紙は、ジャニーズに気を遣ってか、キムタクの「HERO」をトップにしていたが、世の中は石原真理子の暴露本の話題である。キムタクとはいえ、さすがに歯が立たなかった!?