危機的状況!大友康平カウントダウン・コンサート動員がキャパの3割

12月31日に大阪厚生年金会館で予定されている、一人HOUND DOGのカウントダウン・コンサート「COUNT DOWN LIVE 06-07 ロックンロールがあるやんか!」が、危機的状況になってきた。さすがにキョードー大阪も青ざめている。12月に入って、きょうは5日だ。にも関わらず、実売560枚。何と、1000枚どころか600枚にも届いてない。あるファンから「1階のK列が出てましたよ」K列? 大阪厚生年金会館ではステージから11列目ではないか!キョードー大阪の関係者は、もはや最終動員予想700人だという,大阪厚生年金は、キャパ2422人。ということは、3割にも満たない動員だ。まるで、「社会保険」の医療負担額みたいだ。極端に言ってしまうと、1階席の真ん中まで。しかし、イエホックに近い関係者は否定?する「最終予想が700人だって?ちょっと違いますね。東京からのバスツアー申し込みもありますから、もっといくはずです」で、ちょいと調べたら、東京からのツアー申込は60人。何と、100人人にも満たない。「先日、キャンペーンで大阪に行きましたが、全く効果なかったみたいですよ。そうそう、丁度その時に大阪で徳永英明がコンサートをやっていて、大友さんは会場に顔を出したらしいんですけど、何故か徳永には、会えなかったそうです。ま、徳永の舞台監督・長南さんが親しいので行ったとも言えなくもないのですが…。でも、長南さんとも会わずに帰ったらしいですからね」。しかも、大友は大阪に1人で来たという。坂田マネジャーは大友より遅れて大阪入りした。1人HOUND DOGどころか、1人キャンペーンになっていまった。正直言って、事務所の対応が悪いとしか言えない。「ファンクラブも継続が3割で、実質700人といいますからね。事務所やファンクラブの運営が大変なんですよ」と同情する声も。カウントダウン・コンサートは、日本テレビ「ザ・ワイド」に独占取材させ、その代わりに宣伝をさせることも計画しているらしい。もちろん、その際のスポーツ紙は、報知新聞だとか。しかし、そんなことより、まずは動員だ。「ロックンロールがあるやんか!」なんて言っていられない。
※写真=大阪厚生年金会館。キャパは2422人。
10028367.jpg