出版界の金正日!! 高須基仁の大立ち回りで六本木マハラジャが3ヶ月の営業停止?

「キチガイより核兵器」「北朝鮮の金正日より危ない男」高須基仁で、とんでもない情報を耳にした。あの男、また暴れたらしい。もう救いようもない輩である。「実は、マハラジャで暴れたんですよ」という垂れ込み情報があった。しかも、暴れたのが六本木のディスコ・クラブ「マハラジャ」だというのだ。また、どこも知らないようだが、このマハラジャは、きょう11月30日から「営業停止」になった。しかも、その停止期間が半端じゃない。何と3ヶ月間である。つまり、来年の2月28日まで営業できないのだ。その原因を作ったのが、キチガイ男の高須基仁なのである。ホントに、この男は!!! 北朝鮮の金正日より危険な男である。まさに「キチガイに核兵器」だ!で、その辺のところを、丁度、タイミングもよかったから聞いてみた。「高須さん、マハラジャで暴れたんだって?」「(驚いたように)えぇ! 誰から聞いたの?」「誰だっていいじゃない」「ちょっとね…」「年末の猪木祭りで逃亡していたKと会っていたっていうけど…」「誰から聞いたの!?」「誰だっていいじゃない。で、会ったんでしょ?」「まあね」どうも、言葉を濁す。らしくない!! 一体、何考えているんだ!しかし、いろいろ調べると、高須さんとKは、マハラジャのVIPルームで密会をしていた。何を話していたかは分からないが、もし「共謀罪」があったら、アウトだろう。しかし、その密会中に、捜査中の県警捜査員(警視庁ではない)が入ってきたらしい。そこで、何と、その県警捜査員を相手に高須が大立ち回りを演じたというのだ。一体、何考えているんだか!? 「高須さん、県警捜査員と大立ち回りだったらしいじゃない」「誰から聞いたの! …まあ、確かに、それに近いことがあったかもしれないな」「かも、じゃなくって、あったんでしょ?」「まぁ、いいじゃない」いずれにしても、大立ち回りの結果、本来なら逮捕なんだが、何故か、逮捕はなく、マハラジャの「営業停止」になったという話である。新たに高須さんを「暴れん坊ヘアー商人」と命名するか!
※写真=もはや操縦不可能な男!
10028105.jpg

“キチガイに核兵器” 発狂する高須基仁はブレーキのないトロッコ列車、金正日より危険だ!!

今日は、どうも運勢が悪いようだ。真昼間から、高須基仁さんに会ってしまった。会ってしまったと言うより、高須さんが来たのである。一気に気分がブルーになってしまった。とにかく、人目のないところに…と、銀座の某レストランに入った。何故か、高須さんは上機嫌だったが、レストランでビールをがぶ飲みしたあたりから、本性をむき出しにし始めた。ハッキリいって、高須さんは「変態」と「キチガイ」を混ぜ合わせて2で割ったような人である。【プチバッチ】なんか自らを「ブレーキの壊れた暴走機関車」なんて言っているけど、高須基仁は違う「ブレーキのないトロッコ列車」だ。どこにすっ飛ぶか分からない。すっ飛んだ挙句に大破するトロッコ列車だ。「キチガイに刃物」ともいうが、高須の場合は違う。ハッキリ言って「キチガイに核爆弾」である。金正日以上に気が狂っている。「あの野郎、ブチ殺してやる!」と連発していた。「分かった、分かった、もう分かりましたよ!」と言う。もう、何を考えているのか分からん!!しかも、ビールを飲みまくる高須基仁は聞く耳を持たない。最後には「次は日本テレビだ! 日テレを攻める!」なんて言いまくっていた。最近、奥さんの横田さんと「離婚」なんて言って、裁判までしているけど、本当に離婚する気なのか? 家に帰ると、奥さんにムチで叩かれているっていう噂もある。案外、女房には弱いようだからな。でも、離婚なんかしたら、逆に欲求不満がたまって、もっと大変なことになるかもしれない。12月11日の月曜日の夜、新宿・歌舞伎町のロフト・プラス・ワンで「変態ナイト」をやるんだという。桃太郎映像のAVギャル12人を集めて、イカガワシイことを考えているようだ。もともとが、イカガワシイ男なんだから、何をやるかは「…?」。それだけではない。「テレビ局の芸能レポーターや芸能デスクをブッタ切る! 特に日テレだ!」なんて吠えまくっていた。「もっと、冷静になったら?」と言えば言うほどボルテージが上がる。こりゃ究極のキチガイだな。こんな男に関わったらロクなことがない!! 何されるか分からない!!「俺を、こんな風な人間にしたのはナベさんじゃない!」何で、僕のせいにするの!それにしても、高須さんも、もう57歳なんだから、落ち着いて、静かな余生を過ごせばいいんだけど…。
※ビールを飲みまくる高須基仁
10028100.jpg

8年ぶりにU2来日公演! 会場にはミスチルやレミオロメンの姿も…。

人気ロックバンドのU2が30日夜、埼玉スーパーアリーナでコンサートを行った。U2の来日公演は実に8年ぶり。今年4月に予定していたが、メンバーの都合で延期されていたもの。「ヴァーティゴ・ツアー」とタイトルされ、これまでの音楽活動を総括するようなセットリストで展開された。会場のセンター席にはMr.Chirdorenとレミオロメンのメンバーも駆けつけた。来日に合わせて記念アルバム「ザ・ベスト・オブ U2 18シングルズ」も発売された。U2のヒット曲の中から厳選された16曲と新曲で構成したアルバム。また、今回のコンサートを前にして、安倍晋三は29日午前、U2のボーカル、ボノと東京・赤坂の総理官邸に招き会談をした。ボノは、エイズ撲滅やアフリカの貧困対策などの活動で知られる。安倍は「日本はアジア、アフリカの貧困には強い関心を持ってきた。財政的に困難な時期にあるが出来ることはすべて行う」とした。しかし、ボノは、U2のメンバーではあるが、最近は「ノーベル平和賞」の受賞が噂されている。安倍も、ちゃっかり、ボノの活動を利用しようとしているのかもしれない。