TBSの1階にあるラウンジで…。

よく待ち合わせや打ち合わせで使う赤坂のTBS1階にあるラウンジ。このラウンジ、いつも、アイスオーレを注文するんだが、出てくるのはアイスコーヒーである。「アイスオーレ」と「アイスコーヒー」。聞き方によっては似ているかもしれないが…。にしても、その都度、指摘してるのに、顔も覚えてないのか!?。
胸に、初心者用の若葉マークを付けていればいいいってものじゃない。

10028006.jpg

ホリエモンの公判中に…。ついにライブドア480億円の赤字に転落!!

ライブドアが、ついに赤字に転落した。2006年9月期の連結決算が何と480億円もの赤字になった。証券取引法違反事件の影響でメインの事業のインターネット・ポータルサイト事業や金融事業などで顧客離れが進んだ。また、社名も来年4月2日付で「ライブドアホールディングス」に変更して、事業持ち株会社にするという。グループの再編を進める。通信販売の「セシール」や売却する方向となっている中古車販売の「カーチス」(旧ライブドアオート)などが伸びたが、ポータル事業で、広告収入が大幅に落ち込み、傘下のネット証券、個人ローン会社も伸びなかった。また、現在6人の取締役のうち平松庚三社長以外が辞任し、外資系の大株主らが推薦した外国人2人、弁護士1人、大株主のUSENから1人の計4人が新たに取締役に就く人事を正式発表。また同社株式100株を1株に併合することも発表したいずれにしても、ホリエモンの築いてきたライブドアは根底から崩れ去ろうとしている。それ以上に、企業存続の瀬戸際に追い込まれることは確実だろう。しかし、ライブドアの崩壊で大変なのが宇野康秀率いるUSENだろう。フジテレビから、格安で買ったはずだったライブドア株は、もはやお荷物状態。それ以上に、USENの経営にも重くのしかかってくる。だいたい、USENは子会社化した映画会社の「ギャガ・コミュニケーションズ」や「GyaO」でも四苦八苦している状態だ。ネット事業も、一時の盛り上がりがない。ギャガは、映画「手紙」が好調らしいけど、そんなもの、もはや焼け石に水だ。ライブドアもUSENも所詮は、実体のない”勝ち組”だったわけだ――。

※写真=絶体絶命の危機!? どうするUSEN。赤坂・溜池にあるUSEN本社の入るビル
10027967.jpg

割に合わない!またまた、ヤフオクを使った海賊版販売でニート男逮捕!!

岩手県警生活環境課と盛岡東署は先ごろ、自ら立ち上げたホームページで、ジャストシステムが著作権を持つ「一太郎2006」と、弥生が著作権を持つ「弥生会計プロフェッショナル06」を無断で複製したCD―R1枚を、宅配便を使って数千円で販売していた北海道苫小牧市の32歳のニートの男を、著作権法違反の疑いで逮捕、盛岡地検に送致したという。たった数千円のために逮捕されたなんて、割に合わないことだ。この事件は、盛岡東署の署員がサイバーパトロールでしていて発見されたという。逮捕されたニート男は、先月下旬、ヤフーオークションの出品画面に「リスト希望の方、質問等はこちら」と、外部にリンクを貼り、リンク先にはメールフォームを設置。メールフォームへメールアドレスを入力、送信した顧客に対して、ニート男が運営するホームページのURLを自動返信するよう設定していた。ニートのくせに、やることは緻密である。ホームページの中で男は、販売している商品について、ユーザー登録ができないこと等を明記。その上で、ビジネスソフト約60種類とその価格を掲載し、購入を希望する人にはページ上に記載されたメールアドレスにメールで注文するよう指示をしていたという。因みに、ホームページ上で販売していたソフトの価格は、1000~4200円だったという。男のヤサの捜索では、パソコンなどが押収された。今回の事件に関して、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)には、男のヤフーオークション上の出品について、今春4~5月頃、一般の方や会員会社などから、約140件のタレコミがあったらしい。このタレコミを受けたACCSではヤフーに対して、5月当時出品されていた約20件について削除を要請、男の出品を削除していた。要するに、やってることはバレバレだったってことじゃん(T_T)