KAT-TUNの“裏ビデオ”を販売していた21歳の女子大生が著作権法違反で逮捕!

こんなことは,おそらく氷山の一角ではないか。あるいは、見せしめ的な要素も多分にありそうだ。富山県警富山中央署は9日、何かと話題の人気アイドル・グループ「KAT―TUN」のコンサート映像をDVDにダビングし、販売目的で所持していたとして、東京・板橋区西台の私立大学3年・神岡美穂を著作権法違反(頒布目的所持)の疑いで逮捕した。自宅からはDVD約400枚とDVDデッキなどを押収されたという。警察によると、神岡はコンサートの模様を収録した映像などを不正にDVDに複製し、インターネットを通じて1枚1000~2000円で延べ250人に販売し、約150万円を売り上げていた。今回の逮捕容疑は、今年4~5月にかけて東京ドームや金沢市で行われた「KAT―TUN」のコンサートの模様を盗撮し、その録画した映像をDVD8枚に収録して販売目的で所持していたからだ。早い話が現行犯逮捕。どの程度のクオリティーをもった映像なのか?中身は見ていないが、それにしても厳重なチェックを通り抜け、実際にコンサートを盗撮するとは、なかなかの度胸と準備がいる。もちろん、カメラは小型化して、盗撮も楽に出来るようになっただろうけど、しかし、女1人では出来ることじゃない。おそらく共犯の仲間がいるはずである。それにしても、価格的には、やっぱり裏ビデオ(DVD)の価格である。

大友康平見参!! テレビ東京の特番「リヤカーマン」完成で記者会見。闇チルドレンからの報告!

ついに大友康平が登場してきた。テレビ東京の特番「リヤカーマンのでっかい地球!大冒険~アマゾン発!地球一周40000万キロに挑む」の完成披露記者会見が、テレビ東京の特別試写室で行われた。それにしても、やけに長いタイトルである…。 

 10026349.jpg

 ※写真=完成披露の記者会見この特番の主題歌というかテーマ曲を歌うのが大友康平。タイトルは「WILD SOUL」。実は、不覚にもWブッキングしてしまって、僕は会場に行けなかったので、闇のチルドレンを緊急派遣した。「どうだった会場は」「20人ぐらいですかね。あ、もうちょっといたかもしれません」「少ないな」「雛壇に座った時、大友さんは、来ている人を1人ひとり見回していたような感じでしたね。誰が来ているのか、気になったんじゃないでしょうか」「行きたかったな」「いや、大友さんにとっては来てほしくなかったと思いますよ」「やっぱり、そうか」「質疑応答の時、司会の大江麻里子アナから『番組に関係のない質問は控えてほしい』という断りがありましたね」「それは、想定内のことだ。それより、記者から質問があっただろう」「ほとんどないですね。大友さんには関心がないって感じで、50歳の感想とか…。曲についての質問はなかったような…」「どんな記者が集まっていたんだ!」「いや、ほとんどリヤカーマンの永瀬忠志さんとか、ナレーションの竹中直人さんばかりへの質問でしたね」。「じゃ、大友は?」「最初の挨拶と、2~3の質問に答える程度で…。まあ、ハッキリ言っちゃうと,実のある会見ではなかったですね」「で、曲はどうだった?」「HOUND DOGの曲そのままですね。曲的には『BRIDGE』を彷彿するような曲でしょうか。ま、狙ってますよね」「いい曲だったか?」「まあ、いいんじゃないでしょか。前向きな曲だし」「聞きたかったな。曲は貰ってきたか」「会見の時に、バックに流れていただけですよ。正直言って、もうあまり印象には残っていません」「じゃ、何で、今回はHOUND DOGじゃなく、大友康平で歌うのかという点について、何か話していたか」「全然。ですから、そんな質問する記者なんて誰ひとりいませんよ。関心ないんじゃないですか? 何となく、そんな感じでしたよ」「貴様が何で聞かなかったんだ! 一番のポイントだろ! それでもチルドレンか!!」「(メモを見ながら)大友さんの言っていたのは、『今回の曲も、情熱を持って本当の愛を探し求めていきたいなど、デビュー以来歌ってきた姿勢をそのまま表した形となった』とか『曲の中で1歩ずつ1歩ずつ~という部分があるけど、それは、楽をしたいとか現実逃避したいということをすぐに考えてしまう今の時代の中でも、一歩一歩積み重ねていくことの大切さを表現した』と言っていました。後は、デビュー以来そのままの姿勢で曲も作れたってことでしょうか」「他には、何も言ってなかったか?」「そうそう、『歌と旅の共通項はありますか?』という質問があったんですけど、大友さんは『自分は、ツアーばかりをやってきたので、時にはふざけて“職業は旅人です”などと答えていた』と、冗談ぽい口調で言っていました」「つまらないなぁ」「後は、『50歳になって、(それぞれいろいろな経験を重ねてきているので)自分たちも、経験論でものを語れるところまできたかなと思っている』っていうことぐらいですかね」「もう緊張感のない記者会見になってしまっていたってことだな。やっぱり、無理に都合つけてでも行けばよかった!!」
※写真=会見に出席した大友康平。表情にもゆとりが…。
10026350.jpg

携帯オークションで海賊版販売の男性逮捕、無断複製CD‐R1枚2000円で販売

佐賀県警生活環境課と佐賀署は8日、携帯電話からアクセスするオークションサイトを悪用して、マイクロソフトコーポレーションが著作権を有するコンピュータソフト「Microsoft Windows XP Professional SP-1対応版」を無断で複製したCD‐R1枚を、佐賀市の男性に2000円で郵送販売していた愛媛県松山市の27歳の男性会社員を著作権法違反の疑いで逮捕した。逮捕された男は、今年7月13日頃、携帯電話からアクセスするオークションサイト「iBid」を通じて海賊版を販売していたという。8月に、郵送で送られてきた商品を見た佐賀市の男性は「ワシをバカにしてるのかぁ!!」と、逆ギレ。「訴えてやる!」と、佐賀署にかけこんだ。「インターネットオークションでコンピュータソフトを買ったが、届いた商品はコピーだった」怒り心頭の男性によって事件が発覚した。要するに佐賀の男性はチクリ魔?だったわけだ。逮捕男が2000円で販売していた「Microsoft Windows XP Professional SP-1対応版」の正規品の推定小売価格は3万5800円だった。ま、値段を見れば「コピー商品」なんてのは当然だろう。で、警察の調べによると逮捕男は、自宅に固定電話を設置せず、パソコンをインターネットに接続していないことから「携帯電話のオークションを利用していた」と供述している。 我が国の携帯電話契約数は8912万台。インプレス発行の「ケータイ白書2006」の「携帯電話によるインターネット調査」によると、携帯電話によるオークションは、携帯電話利用者の27.8%が利用の経験があるとしている。しかし、著作権法違反では次々に逮捕者が出ている。「自分だけは大丈夫」なんて言ってはいられない世の中になった。

SHAZNAのIZAMとタレントの吉岡美穂が“出来ちゃった婚” キッカケはIZAMの監督映画出演!!

人気ビジュアル系ロックのSHAZNAのIZAMと、タレントの吉岡美穂が11月中にも結婚することになった。しかも、“出来ちゃった婚”である。吉岡は「今後も仕事は続ける」としているが、このまま芸能界を引退するものと思われる。出会いのキッカケは、今夏に公開されたIZAMが初監督した映画「夏音~Caonne」に吉岡が出演したこと。昨秋11月に知り合ったというが、この映画がキッカケになったことは明らかだろう。IZAMは、この映画の監督と同時にキャスティングも行っていた。吉岡は日高マリア役で出演している。ま、早い話が、公私混同になっちゃって話だろうが、そう思われたくないから、「出会ってから映画出演をした」としているのだろう。一般的に、映画の制作進行をみたら、そんなことは一目瞭然だ。ところで、IZAMといえば、1999年2月に、あのホリエモンが愛した女、吉川ひなのと結婚したことは有名。しかし、僅か7ヵ月後の9月には電撃離婚した。それにしても、吉川といい、吉岡といい、IZAMは「吉」好みである。縁起をかつぐ気質なのだろうか!?それにしても、今回は理由はどうであれ、最初から吉岡を狙っていて自ら監督する映画に出演させたことは明らかだ。要するに、確信的な出来ちゃった結婚ってことになる!?吉岡にしても、最近は仕事が激減していたと言われる。また、「水着にはならない」と宣言していたとも。これも、或いはIZAMを思っての行動だったのか? まあ、芸能界も引退する潮時だったのかもしれない。因みに、SHAZNAは、デビュー9年目にあたる今年の6月に6年ぶりに活動を再開していた。※妊娠3ヶ月。IZAMの子供を生む吉岡美穂(HPより)
10026303.jpg
※公私混同で出演女優を食べちゃったIZAM(HPより)
10026304.jpg