出版界の金正日!! 高須基仁の大立ち回りで六本木マハラジャが3ヶ月の営業停止?

「キチガイより核兵器」「北朝鮮の金正日より危ない男」高須基仁で、とんでもない情報を耳にした。あの男、また暴れたらしい。もう救いようもない輩である。「実は、マハラジャで暴れたんですよ」という垂れ込み情報があった。しかも、暴れたのが六本木のディスコ・クラブ「マハラジャ」だというのだ。また、どこも知らないようだが、このマハラジャは、きょう11月30日から「営業停止」になった。しかも、その停止期間が半端じゃない。何と3ヶ月間である。つまり、来年の2月28日まで営業できないのだ。その原因を作ったのが、キチガイ男の高須基仁なのである。ホントに、この男は!!! 北朝鮮の金正日より危険な男である。まさに「キチガイに核兵器」だ!で、その辺のところを、丁度、タイミングもよかったから聞いてみた。「高須さん、マハラジャで暴れたんだって?」「(驚いたように)えぇ! 誰から聞いたの?」「誰だっていいじゃない」「ちょっとね…」「年末の猪木祭りで逃亡していたKと会っていたっていうけど…」「誰から聞いたの!?」「誰だっていいじゃない。で、会ったんでしょ?」「まあね」どうも、言葉を濁す。らしくない!! 一体、何考えているんだ!しかし、いろいろ調べると、高須さんとKは、マハラジャのVIPルームで密会をしていた。何を話していたかは分からないが、もし「共謀罪」があったら、アウトだろう。しかし、その密会中に、捜査中の県警捜査員(警視庁ではない)が入ってきたらしい。そこで、何と、その県警捜査員を相手に高須が大立ち回りを演じたというのだ。一体、何考えているんだか!? 「高須さん、県警捜査員と大立ち回りだったらしいじゃない」「誰から聞いたの! …まあ、確かに、それに近いことがあったかもしれないな」「かも、じゃなくって、あったんでしょ?」「まぁ、いいじゃない」いずれにしても、大立ち回りの結果、本来なら逮捕なんだが、何故か、逮捕はなく、マハラジャの「営業停止」になったという話である。新たに高須さんを「暴れん坊ヘアー商人」と命名するか!
※写真=もはや操縦不可能な男!
10028105.jpg

“キチガイに核兵器” 発狂する高須基仁はブレーキのないトロッコ列車、金正日より危険だ!!

今日は、どうも運勢が悪いようだ。真昼間から、高須基仁さんに会ってしまった。会ってしまったと言うより、高須さんが来たのである。一気に気分がブルーになってしまった。とにかく、人目のないところに…と、銀座の某レストランに入った。何故か、高須さんは上機嫌だったが、レストランでビールをがぶ飲みしたあたりから、本性をむき出しにし始めた。ハッキリいって、高須さんは「変態」と「キチガイ」を混ぜ合わせて2で割ったような人である。【プチバッチ】なんか自らを「ブレーキの壊れた暴走機関車」なんて言っているけど、高須基仁は違う「ブレーキのないトロッコ列車」だ。どこにすっ飛ぶか分からない。すっ飛んだ挙句に大破するトロッコ列車だ。「キチガイに刃物」ともいうが、高須の場合は違う。ハッキリ言って「キチガイに核爆弾」である。金正日以上に気が狂っている。「あの野郎、ブチ殺してやる!」と連発していた。「分かった、分かった、もう分かりましたよ!」と言う。もう、何を考えているのか分からん!!しかも、ビールを飲みまくる高須基仁は聞く耳を持たない。最後には「次は日本テレビだ! 日テレを攻める!」なんて言いまくっていた。最近、奥さんの横田さんと「離婚」なんて言って、裁判までしているけど、本当に離婚する気なのか? 家に帰ると、奥さんにムチで叩かれているっていう噂もある。案外、女房には弱いようだからな。でも、離婚なんかしたら、逆に欲求不満がたまって、もっと大変なことになるかもしれない。12月11日の月曜日の夜、新宿・歌舞伎町のロフト・プラス・ワンで「変態ナイト」をやるんだという。桃太郎映像のAVギャル12人を集めて、イカガワシイことを考えているようだ。もともとが、イカガワシイ男なんだから、何をやるかは「…?」。それだけではない。「テレビ局の芸能レポーターや芸能デスクをブッタ切る! 特に日テレだ!」なんて吠えまくっていた。「もっと、冷静になったら?」と言えば言うほどボルテージが上がる。こりゃ究極のキチガイだな。こんな男に関わったらロクなことがない!! 何されるか分からない!!「俺を、こんな風な人間にしたのはナベさんじゃない!」何で、僕のせいにするの!それにしても、高須さんも、もう57歳なんだから、落ち着いて、静かな余生を過ごせばいいんだけど…。
※ビールを飲みまくる高須基仁
10028100.jpg

8年ぶりにU2来日公演! 会場にはミスチルやレミオロメンの姿も…。

人気ロックバンドのU2が30日夜、埼玉スーパーアリーナでコンサートを行った。U2の来日公演は実に8年ぶり。今年4月に予定していたが、メンバーの都合で延期されていたもの。「ヴァーティゴ・ツアー」とタイトルされ、これまでの音楽活動を総括するようなセットリストで展開された。会場のセンター席にはMr.Chirdorenとレミオロメンのメンバーも駆けつけた。来日に合わせて記念アルバム「ザ・ベスト・オブ U2 18シングルズ」も発売された。U2のヒット曲の中から厳選された16曲と新曲で構成したアルバム。また、今回のコンサートを前にして、安倍晋三は29日午前、U2のボーカル、ボノと東京・赤坂の総理官邸に招き会談をした。ボノは、エイズ撲滅やアフリカの貧困対策などの活動で知られる。安倍は「日本はアジア、アフリカの貧困には強い関心を持ってきた。財政的に困難な時期にあるが出来ることはすべて行う」とした。しかし、ボノは、U2のメンバーではあるが、最近は「ノーベル平和賞」の受賞が噂されている。安倍も、ちゃっかり、ボノの活動を利用しようとしているのかもしれない。

「第57回NHK紅白歌合戦」出場で喜びいっぱいの初出場者が勢ぞろい!!

「第57回NHK紅白歌合戦」で初出場11組の中からスガシカオと今井美樹以外の9組が顔を揃えた。テレビ局も民放が全局来るなど、渋谷のNHK放送センター102スタジオは熱気に包まれた。 ※写真=放送センター102スタジオには報道陣が殺到した
10028056.jpg
徳永英明は
「デビュー20年目で、遅咲きの新人」
なんて表現していた。
「世界に向けて歌える貴重な場なので一生懸命に歌いたい」。
さすが言うことが違う!
10028053.jpg
絢香は
「まさか自分が出られるなんて夢のよう。精一杯歌いたい。うちのおじいちゃんは、頑固なんだけど、出場を知らせたら泣いていた」
と嬉しそうだった。絢香は現在、シングル「三日月」が売れている。 ファースト・アルバム「First Message」もオリコンで初登場1位にランクされた。年末には「紅白」と共に、TBS「日本レコード大賞」にも出るという。
10028055.jpg
DJ OZMAは
「とうちゃん、かあちゃんに喜んでもらえた。当日はパンツに火をつけて頑張りたい」
とか何とか言っていた。 まあ、今回の出場は余興的な感じもする。
10028054.jpg
要するに、何だかんだ言っても「紅白」は、歌手にとっては年に一度のイベントである。
10028052.jpg

「第57回NHK紅白歌合戦」の出場歌手。あややとミキティはGAMで出場!!


【紅組】
aiko(5)
絢香(初)
アンジェラ・アキ(初)
石川さゆり(29)
今井美樹(初)
大塚愛(3)
川中美幸(19)
GAM(松浦亜弥/藤本美貴=初)&モーニング娘。(9)
香西かおり(14)
伍代夏子(13)
倖田來未(2)
小林幸子(28)
坂本冬実(18)
天童よしみ(11)
DREAMS COME TRUE(11)
中島美嘉(5)
長山洋子(13)
夏川りみ(5)
浜崎あゆみ(8)
平原綾香(3)
藤あや子(15)
BoA(5)
BONNIE PINK(初)
水森かおり(4)
mihimaru GT(初)
森昌子(15)
和田アキ子(30)
10028049.jpg
【白組】秋川雅史(初)
Aqua Timez(初)
五木ひろし(36)
w-inds(5)
ORANGE RANGE(2)
北島三郎(43)
北山たけし(2)
ゴスペラーズ(6)
コブクロ(2)
さだまさし(18)
SEAMO(初)
スガシカオ(初)
スキマスイッチ(2)
SMAP(14)
DJ OZMA(初)
TOKIO(13)
徳永英明(初)
鳥羽一郎(19)
氷川きよし(7)
布施明(22)
細川たかし(32)
堀内孝雄(17)
ポルノグラフィティ(5)
前川清(16)
美川憲一(23)
森進一(39)
WaT(2)

「第57回NHK紅白歌合戦」。出場歌手発表前の予想!目玉は今井美樹と徳永英明!?

午後4時から東京・渋谷のNHK放送センターで「第57回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表される。今頃は、各レコード会社に出場歌手が伝えられ始めている頃だろう。NHKによると、今年の「紅白」は、今や失われつつある「世代間のつながり」「家族のつながり」をポイントにしているんだとか。「高齢者がメロディー豊かなJ‐POPの存在に驚き、若年層は日本の文化の一面を形成してきた演歌に親しむ。世代を超えて日本の歌謡曲を心から楽しんでもらえるよう『あたたかい紅白』を目指していく」とか言って「歌を大切にし、ゆったりと心から音楽を楽しめる構成・演出をこころがけたい。 歌の魅力を最大限に引き出し、歌で感動して頂く紅白歌合戦を実現する」としている。さらに、演出としては「5分に1回のサプライズを用意している」とか。すでに司会はSMAPの中居正広と仲間由紀恵が決まっているが…。発表されていないので現時点では何ともいえないが、「紅白」の出場歌手は各27組前後。で、まだ、最終決定ではないが、初出場は紅組が、「三日月」がヒット中の絢香やファイナルファンタジーⅦの挿入歌「Kiss Me Good‐Bye」で注目されたアンジェラ・アキを始め、今年、デビュー20周年を迎えた今井美樹、mihimaru GT、BONNIE PINKら5組、一方の白組は、カバー・アルバム「VOCALIST2」が30万枚の大ヒットとなった徳永英明をはじめ「ルパン・ザ・ファイアー」がヒットしたSEAMO、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」がオリコンチャート4位にランクされたDJ OZMA、スガシカオ、Aqua Timezなど5組の計10組が予想されている。また、注目されながら、いろいろとビミョーだった森昌子が復活する。最多出場は紅組は、和田アキコの30回を筆頭に石川さゆりの29回、小林幸子の28回。白組は、今年、芸道45周年を迎えた北島三郎の43回を最高に、森進一の39回、五木ひろしの36回、細川たかしの32回と続いている。それにしても、NHKは発表前は、何故か意地になって出場歌手を隠す。夕刊紙に出ないように、発表時間を4時にしたりしている。何とか、「紅白」の権威を保たせようとしているようだが、そんなこと無理な話だ。ハッキリ言って、今年の「紅白」の視聴率40%割は確実である。第1部に至っては30%以上を取ることさえ不可能だろう。「紅白」ワースト記録を更新する。NHKにとって、今や受信料問題が重要だが、その要となるはずの「紅白」だけに、正直言って深刻なはずなんだが…。

TBSの1階にあるラウンジで…。

よく待ち合わせや打ち合わせで使う赤坂のTBS1階にあるラウンジ。このラウンジ、いつも、アイスオーレを注文するんだが、出てくるのはアイスコーヒーである。「アイスオーレ」と「アイスコーヒー」。聞き方によっては似ているかもしれないが…。にしても、その都度、指摘してるのに、顔も覚えてないのか!?。
胸に、初心者用の若葉マークを付けていればいいいってものじゃない。

10028006.jpg

ホリエモンの公判中に…。ついにライブドア480億円の赤字に転落!!

ライブドアが、ついに赤字に転落した。2006年9月期の連結決算が何と480億円もの赤字になった。証券取引法違反事件の影響でメインの事業のインターネット・ポータルサイト事業や金融事業などで顧客離れが進んだ。また、社名も来年4月2日付で「ライブドアホールディングス」に変更して、事業持ち株会社にするという。グループの再編を進める。通信販売の「セシール」や売却する方向となっている中古車販売の「カーチス」(旧ライブドアオート)などが伸びたが、ポータル事業で、広告収入が大幅に落ち込み、傘下のネット証券、個人ローン会社も伸びなかった。また、現在6人の取締役のうち平松庚三社長以外が辞任し、外資系の大株主らが推薦した外国人2人、弁護士1人、大株主のUSENから1人の計4人が新たに取締役に就く人事を正式発表。また同社株式100株を1株に併合することも発表したいずれにしても、ホリエモンの築いてきたライブドアは根底から崩れ去ろうとしている。それ以上に、企業存続の瀬戸際に追い込まれることは確実だろう。しかし、ライブドアの崩壊で大変なのが宇野康秀率いるUSENだろう。フジテレビから、格安で買ったはずだったライブドア株は、もはやお荷物状態。それ以上に、USENの経営にも重くのしかかってくる。だいたい、USENは子会社化した映画会社の「ギャガ・コミュニケーションズ」や「GyaO」でも四苦八苦している状態だ。ネット事業も、一時の盛り上がりがない。ギャガは、映画「手紙」が好調らしいけど、そんなもの、もはや焼け石に水だ。ライブドアもUSENも所詮は、実体のない”勝ち組”だったわけだ――。

※写真=絶体絶命の危機!? どうするUSEN。赤坂・溜池にあるUSEN本社の入るビル
10027967.jpg

割に合わない!またまた、ヤフオクを使った海賊版販売でニート男逮捕!!

岩手県警生活環境課と盛岡東署は先ごろ、自ら立ち上げたホームページで、ジャストシステムが著作権を持つ「一太郎2006」と、弥生が著作権を持つ「弥生会計プロフェッショナル06」を無断で複製したCD―R1枚を、宅配便を使って数千円で販売していた北海道苫小牧市の32歳のニートの男を、著作権法違反の疑いで逮捕、盛岡地検に送致したという。たった数千円のために逮捕されたなんて、割に合わないことだ。この事件は、盛岡東署の署員がサイバーパトロールでしていて発見されたという。逮捕されたニート男は、先月下旬、ヤフーオークションの出品画面に「リスト希望の方、質問等はこちら」と、外部にリンクを貼り、リンク先にはメールフォームを設置。メールフォームへメールアドレスを入力、送信した顧客に対して、ニート男が運営するホームページのURLを自動返信するよう設定していた。ニートのくせに、やることは緻密である。ホームページの中で男は、販売している商品について、ユーザー登録ができないこと等を明記。その上で、ビジネスソフト約60種類とその価格を掲載し、購入を希望する人にはページ上に記載されたメールアドレスにメールで注文するよう指示をしていたという。因みに、ホームページ上で販売していたソフトの価格は、1000~4200円だったという。男のヤサの捜索では、パソコンなどが押収された。今回の事件に関して、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)には、男のヤフーオークション上の出品について、今春4~5月頃、一般の方や会員会社などから、約140件のタレコミがあったらしい。このタレコミを受けたACCSではヤフーに対して、5月当時出品されていた約20件について削除を要請、男の出品を削除していた。要するに、やってることはバレバレだったってことじゃん(T_T)

酒井法子や安達祐実らが晴れ着撮影会

サンミュージックの晴れ着撮影会。東京・元赤坂の明治記念館で行われた。創立39年目にして初めての撮影会だという。確に記憶がない。酒井法子と安達祐実が参加した。考えてみれば、2人ともミセスである。しかも、子どもがいる。でも、アイドルなんだよね。何か、不思議な感じがした。他にベッキー、大谷允保、多岐川華子などが出席した。来るものと思われていたケディ・ティンは体調を崩して、母国の中国に一時帰宅したという。本来のスポーツ紙だったら、これがニュースになるんだろうが…。
※酒井法子と安達祐実
10027920.jpg