プロ野球の日本シリーズでテレビ東京が高笑い!!

テレビ東京はウハウハだ。高笑いが聞こえてきた。25日に放送した「プロ野球・日本シリーズ 日本ハム対中日・第4戦」である。テレビ東京系列で18時から22時35分まで生中継したが、視聴率が関東地区で16・1%、(最高瞬間視聴率24・9%)、札幌地区は37・8%(最高瞬間51・3%)、そして中京地区は19・0%(最高瞬間30・9%)だった。さすがは、日本ハムの札幌地区。しかし、あまり関係のない関東地区の高視聴率は凄いものがあった。テレビ東京で16%だから、フジテレビとかTBSなら20%はイケる!中日が優勝した時は、スポンサーからの圧力で日本テレビが放送を断念したという。しかし、今回は、スポンサーが大喜びらしい。中日や日本ハムもバカにしたもんじゃない!野球中継で分かったことは、はやいはなしが、スポンサーは視聴者以上に調子がいいってことかもしれない。今夜はテレビ朝日。日本ハムの優勝で、どうなるか!? 札幌地区は間違いなく40%を超えるに違いない。

 

酒井政利氏のプロデュースで野口雨情の世界描く舞台

すがはらやすのり が歌い、山本富士子が語る「日本の心、雨情のこころ」の舞台会見が、代々木上原の古賀政男音楽博物館「けやきホール」(JASRAC本部の隣)で行われた。舞台公演は、野口雨情の世界を描く文化庁芸術祭参加公演とかで10月28日と29日に「けやきホール」で開かれる。プロデューサーは酒井政利氏。山本富士子といえば、18歳の時に第1回「ミス日本」に選ばれた人。「日本の心・雨情の心」にはピッタリだ。しかも、酒井さんは、今でも「ミス日本」の審査員なんかをやっている。「雨情の世界を描くことで、失われつつある日本の心を再認識させることが出来れば…」なんて言っていた。すがはらは「大和の心」なんて表現していたけど…。因みに、雨情の代表作には「十五夜お月さん」「しゃぼん玉」「七つの子」「赤い靴」などがある。※写真=左から、すがはらやすのり、山本富士子、酒井政利。(けやきホール)10025054.jpg