松山千春の全国ツアーがスタート。毒舌ぶりも健在!

デビュー30周年を迎えたフォークシンガー、松山千春の秋のコンサート・ツアー「再生」が6日、埼玉・川口リリアホールからスタートした。全国32都市で全37公演の全国ツアーである。外は暴風だったが、会場は熱気に溢れていた。
コンサートの初日だけあって、意欲も十分だった。衆議院予算委員会での安倍晋三総理と田中真紀子元外相との基本質疑に触れ
「真紀子さんは言うのはいいけど、単なる憂さ晴らしに過ぎなかった。言うなら、もっと建設的なことを言うべきだろう」。
また、安倍総理については
「美しい国を作るっていうけど、美しい国を来る前に美しい人間作りをするのが重要じゃないか」
また、北海道滝川市の小学校教室で昨年9月に6年生の女の子が自殺した原因についても触れ
「女の子は、7通も遺書を残していたのに、滝川市教育委員会は7通の手紙なんて言っていたんだぜ。何で現実と向き合おうとしないで、逃げようとするのよ。おかしいんじゃないか?」
と言いまくっていた。
デビュー30周年の最後の全国ツアーだけあって、37公演全てが完売するほどの盛り上がりとなっている。千春は「何もバックボーンのない俺が30年間、頑張ってくることが出来たのは、ファンのお陰だと思っている。これからも、このスタンスでフォークの王道を歩んでいきたい」と意欲を見せていた。
ファイナルは12月24、25日の北海道厚生年金会館。
11月1日には新曲「祈り」の発売も決まった。
また、4日に発売した自伝的小説「足寄より」のCDドラマ「足寄より~旅立ち編」も評判になっている。同ドラマでは、千春役を塚本高史が演じている。
10023459.jpg

ブログの指摘で慌ててホームページを修正した日本国内閣総理大臣・安倍晋三だったが…。

内閣総理大臣だと思っていた安倍晋三のホームページが変更されていないことを指摘したのが、きょうの未明だった。正確には午前1時25分ごろ。この指摘に、さすがの安倍も慌てたに違いない。きょうの午前中に突然、修正した。ま、素早い対応だった。

※写真=さすがにトップページは修正されたが…。
10023430.jpg
ところが、実は、修正って言っても大急処置だった。トップ・ページの「内閣官房長官」を「内閣総大臣」と変更し、中のプロフィルも変更した。ところが、英語版のプロフィルは、相変わらず

SHINZO ABE
THE CHIEF CABINET SECRETARY

だった。要するに、いまだに諸外国に対しては「内閣官房長官」なのである。まさに、“頭かくして尻隠さず”っていうことわざがピッタリである。
だいたい、総理大臣になることは、何日も前、いや何ヶ月も前から分かっていたこと。急に、総理に指名されたってわけじゃない。今や、ホームページというのは重要な情報ツールなはずである。それも、日本国を代表する総理大臣のホームページである。そのホームページに対して全く関心がないっていうのは、どういう神経なのだろうか。総理になって2週間近くも経つのに、安倍の側近も、ぶら下がり記者も、テレビも新聞も週刊誌も全く、指摘しなかったのか? そんなことには興味がないのか? 山本一太が「勝手広報官」なんて言って、毎日、官邸に押しかけているらしいけど、自身のパフォーマンスの前に、まずは“安倍応援団”として指摘すべきだろう。
ある人が、このホームページを見て言っていた。
「安倍さんって何をやりたいんですか? ホームページだって、直すんだったら完全に直せよっていいたいですよね。情けないですよ。こんな人が危機管理なんて出来ないでしょう。情報も取れないと思いますよ。マズイですよ、こんな人を総理にしていたら…」。
それでも支持率は高い。もはや、日本の未来はないだろう。

※写真=総理になって2週間も公式HPはこの状態だった。
10023431.jpg

JCの郡山イベント、クレジットは「HOUND DOG」になっていたと某新聞社の記者から指摘電話!

ブログを見たという、某新聞社の芸能記者から電話がきた。時間を見たら2時半過ぎである。
「JC日本青年会議所の郡山でのイベントなんだけど、HOUND DOGのクレジットになっているよ」。
なんて、細かな指摘。そんなことぐらい知っている。ネットを見れば分かる。安倍晋三のホームページだって見ているんだから!! ところで、今回のことは、このブログの9月8日にクレジットの一件を書いたものだから、その後、大友側からJCに最要望したと思われる。とにかく、イエホックは、このブログに書かれたことを「否定」することに頑張っているのだ。
さらに具体的に言おう。9月8日に、「HOUND DOG」のクレジットが「大友康平」に変わったと書いた。実は、その段階で、この件に関しては、イエホックが何らかの対処をすることぐらい分かっていた。その対処の結果、クレジットが元の状態に戻ったからといって、今度、このブログで「大友康平」ではなく「HOUND DOGになっていました」なんて書けるわけがない。ま、1週間前になって、大友康平ではステージが出来ないって言ったのかもしれない。言われりゃ、その通りである。。
結局、ここまできたら、JCとしては「もう、HOUND DOGであろうと大友康平であろうと、どっちでもいい」ってことなのかもしれないな。見に来る人も、実際問題、どっちでもいいと思っているだろう。要するに、HOUND DOGであろうと大友康平であろうと、ステージは一緒だということ。
いずれにしても、イエホックは、裁判でも詳細をこのブログに書かれるのは嫌らしく、マザーエンタープライズが提訴した裁判の口頭弁論でさえ「分離裁判」を要求してくるのだから、そりゃ、また何か書いたら、あの手この手だろう。とにかく「ブログにかかれていることは嘘」と言い通したいである。
だいたい、JCのコンサートだって、参加者は「HOUND DOG」だと思っていない。大多数は「大友康平のコンサート」だって言っているのだ。地元のメディアも、実のところ、そう思っている。
しかし、某新聞社の記者も、こんな分かりきった指摘をしてくるんだったら、当日、郡山に行って大友のコンサートを取材してきたら面白いと思うのだが…。ま、僕に関しては、さすがにチェックしていて「来ても、会場には入れないで」なんて指令しているんだろうけど…。
それにしたって、こうやって書いていても、なかなか真意が伝わらないことも分かった。やっぱり、1回1回細かく説明しないとダメなんだろうか。

自らのHPは「内閣官房長官」のまま。安倍晋三は、実は自分が総理だということを認めたくない!?

前内閣総理大臣の小泉純一郎は、竹中平蔵や伊藤達也らチンピラ衆院議員を使って、ITに力を注いだ。その末路がホリエモンやサイバーエージェントの藤田晋らを生み、調子に乗らせてきた。“勝ち組”“負け組”なんていう、社会風潮を助長してきたのが小泉政権だった。
その小泉政権が終わって新たに誕生したのが安倍晋三政権である。
マスコミ各社の調査によると、安倍政権の支持率は7割前後もあった。小泉政権に次ぐ高さなんだとか。
で、早速、安倍のホームページを見にいったところ、目がテンとなった。何と、10月6日時点で安倍晋三は「内閣官房長官」だったのである。ちょっと待て、日本国の内閣総理大臣はどこにいってしまったのだ!! 内閣総理大臣は、確か安倍晋三に決まったんじゃないか? これは、まさか、安倍は「内閣総理大臣であることを」認めていないのだろうか? ホームページを見る限り、明らかに認めているとは言えない。しかも、こんなホームページを見ても誰も指摘されていないんだったら、こりゃ、周りの人間も実は「内閣総理大臣・安倍晋三」を認めていないってことになる。もしかしたら「安倍が総理? そんなことを世界に知らしめたマズイ」って思っている、不満分子が自民党の中にウヨウヨといるのかもしれない。「あんなの、内閣官房長官で上等」なんて言われているのだろう。
しかし、驚くのは秘書はもちろん支援者、マスコミも何も指摘しないってこと。イヤー、安倍さんは後ろから銃撃されているってことか!?

※写真=問題の安倍晋三の公式ホームページ
100234311.jpg
ま、冗談はともかく、ホリエモンとか藤田のような輩が出てくるのは「冗談じゃない」と思うが、この情報化社会、インターネット時代に、ホームページを変更していないとは、どう考えても時代から完全にズレている。まず、最初に変更するのがホームページってもんじゃないのか? だいたい、世界中からアクセスされているってことを知らないのか? そんな人が日本の総理大臣だなんて…。
驚くのは、この安倍のホームページってのは、自民党の公式ホームページにもリンクしているのだ。
一事が万事である。こんな人間が、北朝鮮に拉致された日本人を戻すことなんて出来っこないだろ!「戦後生まれ」「史上最年少の総裁、総理」なんてチヤホヤされているけど、時代から取り残されている。山本一太も、何だかんだ言っている割には肝心なことに気づいていない。もしかしたら、ホームページは「内閣官房長官」のまま、気づいたら安倍内閣は総崩れになってしまっているかもしれない。いずれにしても、こんな政権を支持している日本の国民も情けない!!
http://www.s-abe.or.jp/

※写真=本当は総理より内閣官房長官の方がよかった?
10023412.jpg