元テイチク会長の飯田久彦さんがエイベックスエンタテインメント取締役で新スタート

元テイチク会長の飯田久彦さんがエイベックスエンタテインメント取締役で新スタート“チャコ”の愛称で親しまれる飯田久彦氏が11月1日付で、エイベックス・エンタテインメントの取締役に就任することになった。飯田氏は、あの桜田淳子やピンクレディーの育ての親として知られる。ビクターエンタテインメントからテイチクエンタテインメントの代表取締役社長、そして会長を務めてきた。元歌手だけに、音楽制作ではいいセンスをもった人である。歌手としては、61年に米国歌手ディオンの名曲「悲しき街角」でデビューした。この曲は、英詞を日本語訳した洋楽ポップス・カバーの先駆となるのと同時に、大ヒットとなった。この曲に続く、「ルイジアナ・ママ」も大ヒットして、人気を確立した。親しみやすい容貌から、”チャコ”の愛称で親しまれた。しかし、時は流れ、70年代には、その人気も…。そこで、裏方であるディレクターへの転身。制作者として才能を発揮したのは、松崎しげるの「愛のメモリー」だった。そして、桜田淳子、ピンクレディー、小泉今日子…。次々にトップ・アイドルを輩出していった。90年代には、プロデューサーとして河村隆一やSMAPを担当した。サザンオールスターズの「チャコの海岸物語」は、飯田さんをモデルにしたとも言われている。今回、飯田氏は、エイベックス・エンタテインメントの取締役と同時にエイベックス・グループ・ホールディングスの特別顧問にも就任する。幅広い人脈を活用して制作を担当するというが、おそらく、新しいレーベル「チャコ・レーベル」でも作るのだろう。
10025501.jpg

ユニバーサルミュージックの副会長に鈴木伸子常務、社長に小池一彦取締役が就任する!!

全くの業界ネタである。しかし、業界内では注目している人が多いだろうから書くことにした。世界一のシェアを誇るユニバーサルミュージックの日本のトップ人事が決まった。2ヵ月後の07年1月1日付で発令されるものだが、今まで空席となっていた取締副会長兼CFOに鈴木伸子・常務取締役、そして取締役社長兼COOには小池一彦・取締役兼社長補佐が就任することになった。さらに、徳永英明やAI、華原朋美などがいる邦楽部門の「ユニバーサル シグマ」のトップ(マネージング・ディレクター)には、まだ40歳前の藤倉尚さんが就任する。ユニバーサルミュージックは9月25日付で、それまで代表取締役社長兼CEOだった石坂敬一氏が代表取締役会長兼CEOに昇任している。このため、石坂氏の後任が注目されていた。現在、全世界71ヶ国でレコード業務、ライセンス業務を展開している、ユニバーサルミュージック・グループの中でも日本の業績は、トップクラスにランクされている。CDが低迷する中で、音楽配信が好調なため売上げと同時に利益率も前年度を上回っている。今年は確実に増収増益が見込まれているという。ところで、副会長に就任する鈴木常務は、もともとは外務省のキャリアだった。年齢不詳の彼女は津田塾大学国際関係科の卒業だが、大学在学中に外務省入省し、85年までは外交官として勤務していたという。さらに、トリニティ・カレッジ、ダブリン大学の特別聴講生(国際私法専攻)として留学、米国ミシガン大学MBA(財政学専攻)卒業した。その後は、イーライ・リリー&カンパニー入社して、米国本社勤務を含め、アジア地域における財務戦略及び日本国内における戦略企画・商品分析・財務企画・経理等 担当してきたという。まさに、外資系のレコード会社にはピッタリの人だ。ユニバーサル ミュージックには、10年ぐらい前、ポリグラムの時にチーフ・ファイナンシャル・オフィサーとして入社した。変り種といえば、やはり1月1日付でユニバーサルインターナショナルのトップに就任する加藤公隆さんだろう。彼は、まだ34歳である。しかも、彼も慶應義塾大学法学部卒業というから、石坂会長、小池新社長とは先輩後輩の関係になる。ただ、彼の場合は、大学卒業後のスタートが「三和銀行」(現三菱東京UFJ銀行)だった。四谷支店に配属されていたという。ユニバーサルの前身、ポリグラムに入社したのは98年で、その後、東京第1営業所、同第2営業所でセールスマンをやって、99年1月にポリドール洋楽制作宣伝本部宣伝部に異動した。
いずれにしても、レコード会社も若返りである。
※写真=左手前が小池新社長、右後ろが藤倉ユニバーサル シグマのマネージング・ディレクターになる藤倉さん。

10025470.jpg

バキバキッ!タクシーがタクシーに接触!!

立川から六本木に戻って来てみたら…。何も僕の見てる前で…。 「危ない危ない」と言っている間に、まるで何かに吸い込まれるように接触していってしまった。ウインカーがバリバリバリと割れていく。何で、停まらないんだろう…という素朴な疑問も。ま、最近は、タクシーの運チャンも素人が多いからな!
10025402.jpg

記憶にないくらい久しぶりに来た立川

立川なんて来たのは何年ぶりか!? JRの駅を出たらモノレールまで走っていた。いやいやビックリ!!

10025367.jpg

楽曲で勝負!! ディルアングレイの新曲CDジャケットが修正されて発売が決定!

メーカーとの間で紛糾していた5人組ビジュアル系ロック・グループ、ディルアングレイの新曲「Agitated Screams Of Maggots」のジャケットが、修正されて発売されることになった。「初回限定版」で発売されるジャケットは、地面から子供が頭を出しているものだったが、修正版では、子供が「蛆虫」になっていた。おそらく、楽曲のタイトルに合わせたのだろう。また、システムチックな足に踏み潰され、足が飛び散っているデザインの「通常版」は、足の部分にモザイクのようなものが入り、「人間の足とは分からない」ようにした。ジャケットは楽曲のイメージをデザインされた。しかし、販売のソニー・ミュージックエンタテインメント側は「不特定多数の訪れるレコード・ショップでは不快感を与えかねない」と、ジャケットの変更を要求していた。今回のシングルは、タイトルを「蛆虫が叫び」を表現したものだと言われる。楽曲のイメージを元に、武蔵野美術大学・映像学科の教授でイラストレーターの黒坂圭太氏がデザインした。基本的なコンセプトは全てのことに対しての「怒り」と「破壊」だという。そのジャケットに対してソニー・ミュージックエンタテインメント側は、子供の頭など人間と分かる部分や潰される場面は避け、それが人間とは分からないように「デザインを変えるなりボカシを入れて欲しい」と要望を出していた。事務所関係者は「ソニー側の意見も理解できるが、基本的にはメンバーの意思を大切にしたい」と、歩み寄りの姿勢を出しながらもソニー側との交渉は平行線になっていたが、事務所側が一歩引き、ソニーとの信頼関係を最優先にしたようだ。「大人の解決を図ったのでしょう。ジャケットで意地を張っても解決はしないですからね。問題は楽曲です。ディルアングレイは、バンドとしてもノリに乗っている。ジャケットでは、最低限の意思が伝わればいいと判断したのではないでしょうか」と、ある音楽評論家は分析していた。なお、新曲「Agitated Screams Of Maggots」は、11月15日に発売される。
※写真=修整された通常版のCDジャケット
10025349.jpg

過酷な旅のドキュメンタリーより過酷な曲作り!?  大友康平がテーマ曲を歌うテレビ東京の特番「リヤカーマン…」

「HOUND DOG」ではなく、「大友康平」として1人立ちしてテーマ曲「WILD SOUL」を担当することになった テレビ東京の特番ドキュメンタリー「リヤカーマンのでっかい地球!大冒険~アマゾン発!地球一周40000キロに挑む」(語り竹中直人)。日本の偉大な冒険家に贈られる「植村直己冒険賞」の今年度(05年度)の受賞者である〝リヤカーマン〟永瀬忠志氏の、徒歩による世界1周の最後の1ピースとなる、南米のアマゾンの奥地・ブラジルのマナウスからポルトベーリョまでの900キロの冒険旅をつづる特別番組だという。ところが、ここにきて、あるテレビ東京に出入りしている音楽関係者から「実は、まだ大友さんからテーマ曲が届いていないようなんですよ」なんていうタレ込み情報。もう放送までに1ヶ月を切っているんだよ!!「大友さんは、番組の記者会見の時にも来なかった。テレビ東京のスタッフは怒っていましたよ。いい加減だって」怒るのは分かる。いい加減だと言うのも分かる。しかし、だったら「何で大友を起用したんだ!」ってことにもなる。いまさら文句言っても、責任の大半はテレビ東京にあることは確かだ。それにしても、テーマ曲には大友も苦労しているのだろうか!?実は、そのテーマ曲は「starting over」だったのではないかという噂が出ているのだ。「starting over」と言えば、亀田興毅の応援歌として書き下ろしたと言われる“幻の作品”である。まあ、それが事実だとしたら、「亀田もリヤカーマンも同じ」ってことだろ。未発表曲だから「タイトルを変えて出せば分かりはしない」ってことだ。「しかし、問題が出てきた」と、その音楽関係者。一体に何が問題なのか?「『starting over』を、ナベさんが聴いていたということが分かったからですよ。万が一、その曲を使ったら、またブログに書かれてしまう。で、慌てて曲を依頼して作り直していると言う情報が流れているんです」「starting over」が、ユニバーサルミュージックから「出る」といった時、作詞と作曲は大友康平なんて言われたから、「ついに大友も曲を作ったか」と思ったりもした。しかし、今回のリヤカーマンの「WILD SOUL」は、大友の作詞だが、作曲はrktと明記してあったから、当然、違う曲だろう。いずれにしても、「大友康平」としては、おそらく初めての本格的なソロ・オリジナル曲である。ただ、これも、年末に大阪厚生年金会館で行う「HOUND DOG」のカウントダウンコンサートでは歌うのだろうか!?いずれにしても、テレビ東京は放送に先駆けて、今回の旅を達成した永瀬氏とともに旅を全うした、リヤカーや数々の装備品など、永瀬氏の旅の過酷さを物語る数々の品を、東京・神谷町にあるテレビ東京本館ロビーに展示開始した。リヤカー自体にはまだかなりの量の泥なども付着しており、旅の過酷さなど多くを物語る、一見の価値ありの貴重な展示となっている。しかし、大友にとっては、過酷な旅より、過酷な曲作りになっていたりして…。※写真=テレビ東京の本館に展示されたリヤカーマンの装備品
10025223.jpg

熟女クイーンコンテストの結果は?38歳、高須好みのバツイチ翔田千里さん

審査途中、会場を抜け出し戻ったら、何と、グランプリが決まっていた。ステージ前は、カメラマンでごった返していたから、VIPルームで。グランプリに輝いたのは翔田千里さん。38歳。バツイチで、1歳の男がいるという。どことなく大場久美子に似ているか?身長162㌢、サイズは上から86-63ー90。高須さんは熟女好きだから、こんな女性が大好きなんだろう。ビールを飲んで上機嫌。彼女を前にして「1発だけじゃなく1000発はやりたい。3年分だよな」なんて言っていた。高須さんも57歳。単なるエロオヤジと化していた。おそらく、バイアグラ使ってるに違いない! ま、高須さんもロクな死に方はしないだろう!
10025192.jpg

高須基仁のプロデュース、やくみつるの審査委員長で熟女クイーンコンテスト

脱がせ屋、悪役プロデューサーの高須基仁さんから「熟女クイーンコンテスト」をやるから、見に来てくれと言われ、六本木のクラブ、King & Queen に行く。第1回で、高須さん好みの熟女。7人が出場してるが、平均年齢が37歳ぐらいか。「ナベさん、いいでしょ」なんて高須さんが言っていたけど、正直に言って、熟女はねぇ…。何か、怖いモノ見たさになってしまった。プロデューサーの高須さんに対して、審査委員長は「反熟女派」とかで、漫画家のやくみつる。何か、妙な組合せである。で、審査員は横浜銀蝿の嵐と翔、元傭兵のテレンス・リー、女子格闘家の篠原光。確か、篠原というのはは、力道山を刺し殺した…の娘だったのでは!? ある付き合いで、渋谷で待ち合わせて取材したことがあったが、暫く見ないうちに風格が出ていた。ま、その他、何故か熱海の市議会議員とか目のギラギラした御仁が何人もいた。審査は、ランジェリーとか、官能小説の朗読、ダンス審査なんをやっていた。
10025172.jpg

日本シリーズの札幌・HTB中継は52・5%、瞬間最高は73・5%(続報)

26日の「プロ野球日本シリーズ・日本ハム対中日・第5戦」(札幌ドーム)の視聴率は、関東地区で25・5%だったが、日本ハムの地元・札幌地区では、驚異的な数字を記録した(ビデオリサーチ調査)。ナナナント、札幌地区では、同試合中継の18時4分~21時54分で52・5%を獲得した(占拠率67・7%)。放送した北海道テレビ(HTB)は同局の歴代最高視聴率を大きく更新した(同局の2位は02年日韓W杯サッカーの日本×チュニジア戦の44・5%)。さらにビックリは瞬間最高視聴率。日本一が決まった後、ヒルマン監督がMVPの稲葉選手と抱き合った21時40分過ぎに73・5%を記録した。また、新庄剛志の現役最後の打席となった21時18分過ぎには60%台。日本一が決定し新庄選手が感涙しながら森本選手と抱き合った場面では68・5%に達し、その後勝利を分かち合う21時30分過ぎには70%に達し、21時40分過ぎに最高の73・5%、そのまま番組終了まで70%台を維持した。因みに、関東地区の瞬間最高は43・5%(21時34分)、名古屋地区(メ~テレ)は平均31・4%で瞬間最高43・8%(20時56分)だった。

【発覚訴訟】ペニシリン裁判でオメガ横濱会長と近藤社長の陳述書が提出されていないことに裁判長激怒!!(その8)

東京地方裁判所617法廷。元オメガA.Tミュージックの責任者・嵯峨学氏の証人尋問と、原告側を代表してティアーズ音楽事務所の藤原靖弘氏が尋問を受けた。ところが、ハプニングは、尋問が全て終了した直後に起こった。裁判長が突然、「被告人の陳述書はどうなんているんですか」と弁護士に問いただしたのだ。ここで発覚したのは、オメガプロジェクト・ホールディングスの横濱会長と近藤社長からの陳述書が提出されていないことだった。
裁判長「困りますね。早く提出してください」
弁護士「近藤社長はすぐにでも。横濱会長は海外に行っているとかで…」
裁判長「理由はどうであれ、至急お願いします。(資料を見ながら)だいたい、提出締め切りは9月14日だったんですよ。何、やっているんですか」
弁護士「はい。すぐにやります」
裁判長「だいたい出せないなんておかしいじゃないですか。遅くても今月中ですよ」
弁護士「近藤社長の陳情書はすぐにでも…」
裁判長「近藤さんだけではなく、横濱さんも出してください。分かっていますか?」
弁護士「はい、何とか…」
裁判長「何とかじゃないでしょ。メールでもいいから、早く受け取って、それを書き直して、必ず提出してくださいよ。そうでないと間に合いませんよ。お願いしますよ」
弁護士「はぁ…、必ず」
何か、見た限りでは、弁護士は今回の裁判について横濱会長とは全く話していないようだ。しかし、これでヘラクレスの上場会社だっていうんだから、驚いちゃう!!11月7日。東京地裁第633法廷での公判には、横濱会長と近藤社長が証言台に立つ。いよいよクライマックスである。
(つづく)