たった1回だけで…。マザーの訴状公開!! 敢なく玉砕!

「公判前に訴状の全てを掲載するのはあらゆる部分で問題だ!」
「訴状内容は隠すものではない。公開しても問題はないはずだ!」
マザー・エンタープライズの訴状の完全公開を巡って、あるところから、猛抗議である。
それは、東京ドームでマドンナの日本公演を楽しんでる最中に起こった。「何故だ!」
東京ドームを出てから、1本ブログをアップしてから、夜半過ぎの丑三つ時に大論戦となった!!
「即刻中止しろ」
「いや、公開する」
「気が狂ってる!人間じゃない!!お前はキチガイか!」
「キチガイで悪いか!!」
目の下を真っ黒にしながら不眠不休の押問答となった。朝まで大論争わ続いたが、結局は話し合いは平行線。
「全てを明らかにすべきだ」
「それは裁判で明らかになるだろ!」
日も昇り、さすがに意地を張るのも疲れた。いまは、【サイバッチ】の方が、とりあえず優先だ。
ここは、一歩引くことも重要だろう。感情論になってしまっては、何も進まない。ま、ここは、出方を考えるのが得策だ。
ということで、訴状の公開は、たった1回で玉砕してしまった。
しかし、裏情報では、原告のマザー・エンタープライズと被告の中で、八島順一、橋本章司、西山毅の3人とは和解が進んでいるようだ。ってことは、原告=マザー・エンタープライズに対して、被告人=大友康平とイエホックの代表取締役社長・楠山寸賀子との闘いになるわけだ。
しかし今回、訴状の公開は、ひとまず見合わせたが、現在、それ以上に刺激的なものを企画中。乞御期待!!

酒井法子とキティちゃんのコラボで新ブランド「ハローキティ ピーピー リコリノ」

のりピーとキティちゃんのコラボレーション――。
酒井法子がプロデュースするファッションブランド「PP rikorino(ピーピー リコリノ)」と、サンリオの「ハローキティ」がコラボレーションして、新商品を発売することになった。題して「ハローキティ ピーピー リコリノ」。

※写真=のりピーとキティちゃんの初コラボレーションで新ブランド

10022391.jpg

発売されるのは
「寝具」(ヨシムラ)
「キッチン周辺雑貨」(サロンジェ)
「タオル」(丸眞)
スニーカー(アサヒコーポレーション)
「サンダル」(マルチウ産業)
等々の新製品。

※写真=寝具類など新ブランドは続々と発売…。

10022392.jpg

酒井法子がプロデュースするファッションブランド「PP rikorino」は、03年からスタートした。確か、伊藤忠商事がバックアップして、中国進出を図っていた。因みに、ブランド名の「PP rikorino」は、「PP」が、「のりピー」の「P」で、「riko」は「法子」、そして「rino」は、イタリア語で「かわいい」という意味だそう だ。それぞれをアレンジした造語だとか。
いずれにしても、酒井の香港、台湾、中国での人気は圧倒的である。朝日新聞が中国を対象にした「知っている日本人」という調査では、田中角栄元総理、山口百恵と並んで、酒井は7位にランクされるほどだった。
東京・大崎のサンリオ本社で、この新ブランドの記者発表が行われたが、この席に、元ブラックビスケットのケディ・ティンも駆けつけ、花束を贈っていた。中 国・上海出身のケディは「酒井法子さんは憧れの存在だった。きょうは酒井さんに会えるということで、朝からドキドキしていた」と興奮気味だった。とにか く、中国人から人気の高い酒井さんである。この際、安倍政権で「中国国交担当大臣」にでも任命してもいいだろう。最高のサプライズだと思うのだが…。

※写真=元ブラックビスケットのケディ・ティンも花束を持って駆けつけた

10022393.jpg

しかし、その安倍晋三なんかより真っ先に目をつけたのがキティちゃんだった!? とにかく、日本人には分からないだけで、抜群の知名度と人気なのである。
まあ、…とは言っても、酒井とキティちゃんを比べたら、常識的にはキティちゃんの方がメジャーではある。ま、ご愛嬌ってことで…。
しかし、キティちゃんは現在、世界60ヶ国で商品が発売されているそうだ。あの、マライア・キャリーもキティちゃんにゾッコンなのだから…。だが、これか らはアジア圏にも力を入れていくようである。やはり、2年後の08年の「北京オリンピック」、そして2010年の「上海国際万国博覧会」狙いだろう。
今回は、その中国進出のパートナーとして酒井法子のブランドが選ばれたといっていいかもしれない。
酒井は「キティちゃんは、小さい頃からの憧れだったので、今回、一緒に出来るのは夢のようです」と言っていた。

※写真=サンリオ本社での記者会見には報道陣が殺到した。

100223941.jpg