民主党代表に小沢一郎。やはり楽しみは安倍晋三との党首討論か!

民主党の代表選は、小沢一郎が無投票再選した。前にブログで言ったように、今の民主党では誰が出ても小沢には勝てっこないし、争うだけ時間の無駄ってところだ。
やはり小沢一郎しかいない!!
で、予想通りテレビ朝日「報道ステーション」に“緊急出演”していた。しかも、古館が
「楽しみなのは(安倍晋三が自民党総裁になったら)党首討論ですね」
だって。みんな考えることは同じなんだね。
しかし、安倍総理もフレッシュでいいかもしれないけど、ここは、政権交代でもして小沢一郎に一度でいいから、総理をやってもらいたいものである。
10021789.jpg

【サイバッチ】が「人間のクズ」「卑劣」と言う渡邉裕二への“攻撃メール”公開!! (その2)

“聖人君子”の【サイバッチ】から約8万件に“散布”されたメール・マガジンである。“人間のクズ”“パクリの裕二”とレッテルを貼られてしまった以上、 またまた、その“散布”されたメール・マガジンをパクってしまった。ところで、「創価学会疑惑」って何なんだ!?  人違いじゃないの? 何を詳しく書くのかなぁ…。まさかでっち上げか!?
【サイバッチ】って何? っていう人、これが噂の【サイバッチ】です。

◆配信数:79083◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
HP(メルマガの登録・解除) http://www.cybazzi.com
蛆虫日誌 http://blog.livedoor.jp/cybazzi/
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間~1年分

●自称・芸能ジャーナリスト=渡邉裕二の卑劣なやり口!!(その2)
ニュースの使命は「人殺しのツラ」を晒すこと

年収1500万円の朝日新聞論説委員から筑紫哲也&鳥越俊太郎、そして、チンポまで左傾斜のオーマイ「市民記者」まで、「ジャーナリスト」と称したがる バカどもは、全員、真実を伝えることが「ニュースの最終目的」だと信じきっています。そして、また、権力と闘い「報道の自由」を守ることが自分たちの使命 だと勘違いしているのです。
プ、ププププッ。くるくるぱーでつか。そんなものは、オナニーと同じ。何の価値もありません。いたいけな読者のみなさま方がカタい財布の紐をほどいてく ださるのは「人殺しのツラが見たい」から。そして、みなさま方から貴重な購読料をいただくプロの役目はそうした下世話な欲望にお応えすることだけなので す。
それ以上でも以下でもありません。

寿司屋は寿司を作り、ソープ嬢は泡踊りをさせていただき、床屋は頭をお刈りする。そして、また、歯医者は病気の治療をすることで、お客様(患者)の方々に喜んでいただき、その対価として料金をいただく。それがプロというものです。

プロはみまさまからお金をちょうだいするからプロなのですよ。だから、ちょうだいした料金以上の喜びをお客様にお返しする義務がある。それがプロの務めであり、プライドなのです。

【プチバッチ!】の購読料は年間5800円。それだけのお金があれば、被差別部落出身で「カーッ、ペッ、カーッ、ペッ」と文藝春秋社の受付でタンを吐いて ガードマンと揉み合いになり社内立ち入り禁止を食らった大月隆寛が長距離トラックで真鶴に中古の自転車を運ぶたび寄っている「美少女属性☆98%」の30 分コースを満喫することもできたはず。
だから、信じているのです。
俺の使命は読者のみなさまにイメクラで1発ヌクよりも少しでも多く楽しんでいただくことだ、と。

築地に建つ赤色・左曲がり巨大ビルには「『言論の自由』を守ることがジャーナリストの務め」などほざいている恥知らずのキチガイが溢れかえっています。こいつらこそが日本の言論界の潮流を動かしている。
が、「言論の自由」など、マスコミ業界でメシを食っているものだけに関係する極めて私的な問題であり、読者のみなさまには何の関係もありません。
治安維持法が復活されて朝日の社員が全員逮捕されても、俺たち貧乏人には何の関係もないのです。そんなに「言論の自由」が守りたいなら、自腹でガリ版で も刷って駅の前で配ってろ!!と言いたい。この売国奴どもは、年収1500万円以上も取っておいて、まだ、それだけでは不満で、一般の庶民から「社会の木 鐸」だと認めてほしいのでしょうか?(以下、続く)

##恥知らずの自称・芸能ジャーナリスト渡邉裕二について書くつもりだったのになかなかたどり着けません。続きはこのあと続いて出します。しばらく、お待 ちください。渡邊についてはその中で徹底的にやります。証拠隠滅する可能性が高いので、今、暇で興味がある方は以下のページをキャプチャーしておいてくだ さい。

##ちょうど、今、読者の方から「渡邊裕二=創価学会疑惑」というメールをいただきました。これについてものちほど詳しく書きます。

◎徳山高専女子学生殺人事件は犯人・藤村元紀の自殺で真相は全て闇の中に…。
http://holiday22.keyblog.jp/blog/10026510.html

【サイバッチ】が「人間のクズ」「卑劣」と言う渡邉裕二“への攻撃メール”公開!! (その1)

“聖人君子”の【サイバッチ】から約8万件に“散布”されたメール・マガジンである。“人間のクズ”“パクリの裕二”とレッテルを貼られてしまった以上、さっそく、その“散布”されたメール・マガジンをパクってみた。
「サイバッチ」って何? っていう人は、必見でしょう。これが「聖人君子」の【サイバッチ】です。

◆配信数:79083◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
HP(メルマガの登録・解除) http://www.cybazzi.com
蛆虫日誌 http://blog.livedoor.jp/cybazzi/
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間~1年分

●自称・芸能ジャーナリスト=渡邉裕二の卑劣なやり口!!(その1)
ぷぷぷぷ。世界で一番恥ずかしい「報道の自由」と「反権力」

確かに俺は三国人アパート在住の蛆虫かもしれません。大月隆寛は被差別部落出身のトラック運転手だし、頭が剥げているというのに今だ寝ションベンまでしているKamezoは知恵遅れです。
しかし、です。
好き勝手なことをやっている本誌はともかく、購読者30名・年間売上17万8000円とはいえ、有料のメルマガ【プチバッチ!】を発行し、読者の方々からいただいた貴重な購読料で三国人アパートの家賃を毎月支払い糊口を凌いでいる以上はプロのライター。

寿司屋が寿司を作り、ソープ嬢が泡踊りをし、床屋が頭を刈り、そして、また、歯医者が病気の治療をするように、記事を配信する目的はひたすら読者のみなさまに喜んでいただくことのはず。

自らの仕事にプライドを持ってきちんと働くものは、たとえ、犬を食う残虐な朝鮮人も、「カーッ、ぺッ。カーッ、ペッ」とそこら中にタンを吐く被差別部落出身のトラック運転手であろうと、みな尊いと信じ、10年間、メルマガの配信を続けてまいりました。

【サイバッチ!】の精神的支柱ともいえる大月隆寛が毎年正月に毛筆の汚い字で「生涯一穢多」と書いた年賀状を編集者たちの自宅に送りつけるのは、決してユ スリ・タカリではありません。「原稿料をあげないと糾弾するぞ、この野郎。被差別部落民を差別するなら、おまえの可愛い娘をさらっちゃうよ」と脅かしてい るわけではないのです。

##人間のクズ=渡邉裕二について書いているんですが、あれやこれや許せないことが多すぎるので、このさい、すべて吐き出させてもらいます。続きは連続し て出します。渡邊についてはその中で徹底的にやります。証拠隠滅する可能性が高いので、今、暇で興味がある方は以下のページをキャプチャーしておいてくだ さい。

◎徳山高専女子学生殺人事件は犯人・藤村元紀の自殺で真相は全て闇の中に…。
http://holiday22.keyblog.jp/blog/10026510.html

こりゃ秋祭りだぁ!! 【サイバッチ】による“渡邉裕二攻撃”に、あの疑惑の黒幕「F」が大ハシャギ!?

疑惑の黒幕「F」が突如、現れた。疑惑の黒幕「F」とは、民主党の元議員・永田寿康にホリエモンの偽メールを手渡したフリーライター、西澤孝の”黒幕”だった?人物だ。「F」本人は、きょうも
「西澤なんかとは関係がない」
と言っているが、それは嘘。やっぱり、限りなく真っ黒に近い黒なのだ。
「もう、本当のことを言ったらいいじゃん」
と言っているのに、
「関係ない」
と言い張る。ところが、その一方で
「何か、週刊誌にも書いてあったけど、マジに西澤は週刊誌を片っ端から訴える準備しているみたいですよ」
なんて、なぁーんだ、やっぱり、西澤と繋がっているじゃない。すると
「そんなことより、ナベさんサイバッチに攻撃されているじゃない」
おっと、そうきたか!! 旬な話題だね!
「何か、サイバッチによると、僕は“パクリの裕二”ってマスコミ界から言われているらしい。…それより、Fだって、西澤の時に書かれていたよね」
「ナベさんは、サイバッチから卑劣だって言われているじゃない。僕は、そこまで言われなかった(笑)」
「もう4回ぐらい連続している」
「有料サイトのプチバッチでも書いてあったって話じゃない」
「もう秋祭り状態さ(笑)」
「プチバッチって、早い話が貴重な読者でも容赦はしないってことね」
「おかげで、アクセス数がアップする(笑)」
「ところで、ナベさんて創価学会だったの?」
「いやー、自分でも、ビックリしたよ。実は、ちょっと前に見合いをしたんだけど…」
「えぇ、見合いしたの?」
「どうしてもって…。したら、その相手の女性っていうのが立正佼成会の本部に勤めている子だった。結構、いい子だったんだけど、2日後に『私とは生きる世界が違うみたい』って断ってきたよ(笑)」
「やっぱり、学会だと思われたんじゃない?」
「赤旗、読んでたところ見られたかなぁ」
「ブ―、赤旗じゃないだろ!! 学会は!」
「あ、そうか(笑)でも、何か、今回、マジに秋祭りに呼ばれちゃった感じだよね」
「何か、盛大にやるらしいね」
「やばいやばい、行ってるキャバクラとか指名している子とかバラされちゃうのかな(笑)。しかも、僕の場合は、記者とかジャーナリストのクズという前に、 人間のクズだっていうからね(笑)。きっと、サイバッチの安…ナントカさんという人は聖人君子なんだろうね。最高ですかぁー!!」。
「最高ですかぁー!!って、学会じゃないでしょ!」
「僕は、ダミーだから…」
サイバッチって何? と言いう人のために、次はご説明します。
(つづく)

※写真=久しぶりに登場の疑惑の黒幕「F」。10021777.jpg

盛り上がらない自民党総裁選、民主党は無投票再選で小沢一郎代表か!?

自民党総裁選は、安倍晋三官房長官の圧倒的支持に加え、小泉純一郎までが安倍に1票を入れるなんて発言、戦う前から次期総理総裁が確実になってしまった。 麻生太郎(外相)と谷垣禎一(財務相)は、ますます盛り上げ役になってしまった。ここまできたら、いくら3人で全国行脚したところで意味がない。
こんな状態では、民主党も肩透かしを食わされたようなもの。結局、代表選は、小沢一郎以外に立候補の動きがないようだ。つまり、きょう12日午後には小沢 の無投票再選が確定することになる。確かに、今の民主党では誰が出ても小沢には勝てっこないし、争うだけ時間の無駄ってところだ。
それにしても、きょうは秋篠宮妃紀子さまの3番目のお子様の「命名の儀」がある。ニュース的には親王の名前の方が優先になるだろうから、民主党としてはタ イミングが悪かったか? しかし、テレビ朝日「報道ステーション」やTBS「ニュース23」あたりは、小沢をゲストに招いて「今後の小沢・民主党はに安 倍・自民党にどう立ち向かっていくのか」なんて聞きそうな感じがする。
安倍晋三内閣になったら、当然、消費税のアップが話題になるだろうが、安倍の最大の狙いは「憲法改正」だろう。300議席を超える今のうちに何とかしてしまおうというわけだ。
ま、総裁選は盛り上がらなくても、これから面白くなりそうなのは党首討論か。「小沢 VS 安倍」は、大いに期待したところだが…。

※写真=きょうにも無投票再選されそうな小沢一郎代表

10021756.jpg