【速報41】 新生HOUND DOG。199人の大友康平に323人の応募!!

新生HOUND DOG。199人の大友康平に323人の応募!!
八島順一、橋本章司、西山毅の“新生HOUND DOG”で、「199人の大友康平を募集」しているが、徐々に盛り上がりを見せているという。
現在の希望者は323人だという。締め切りは、10日17時。最終的には500人前後になるかどうかって感じだろう。
この企画は、大友康平の“1人HOUND DOG”に対して八島、橋本、西山の3人のメンバーも“HOUND DOG”を結成するというもの。しかし、 ボーカルは、「200人の大友康平」「7人目の有志メンバー」として、199人を一般緊急募集しようしている。因みに、1番目は大友康平が永久欠番で入っ ている。とにかく、あらゆる手段で、「6人のHOUND DOG」を目指し、大友にメッセージを送ろうとしているわけだ。
新曲のレコーディングを行う。14日を予定している。レコーディングする楽曲は、八島が、大友のために書き下ろした「We are the HOUND DOG」。
10月4日に発売する計画だ。
それにしても、14日といえば、大友もアラスカから帰国するかどうかの時である。レコーディングは案外盛り上がりそうな感じがするのだが…。

10021606.jpg

byn-dog@yahoo.co.jp

タトゥーがユニバーサルミュージックと契約解消。 9月末に最後のベスト発売!!

ロシアのお騒がせ元女子高生デュオ、タトゥーとユニバーサルミュージック/インタースコープ・ミュージック(米国)は、契約を解消することを正式に決定、このほど相互承認した。契約解消は8月30日付としている。
タトゥー、そしてタトゥーのマネジメントは
「これまでのサポート、そして、今回の契約解消までの5年間、数多くいるアーティストの中でも、会社の重要なアーティストとしてタトゥーを宣伝してくだ さったことに対して、心から感謝を述べたい。ユニバーサルミュージック/インタースコープ・ミュージックとともに、我々はタトゥーを、世界中の多くの国で 成功したスターへと導くことが出来、その結果として800万枚ものCDを売ることが出来た」とコメントした。
タトゥーは、先月、来日し神宮球場の花火大会をはじめ全国各地でイベントを行った。ところが、そのうちの1ヶ所である、名古屋のライブハウス 「HOLIDAY」でのライブをドタキャンしてしまったのである。これは、タトゥーの責任というより、日本側のマネジメント・サイドの責任だった。責任と いうより「学習能力」の欠如が引き起こしたものだった。しかし、責任はタトゥーになってしまった。
結局、売れ過ぎてしまったことが悲劇をもたらした。売れると、とにかく人が集まってくる。しかし、集まってきた人の質が悪かった。結局、寿命を縮めてしまった。
まあ、今回の契約解消とドタキャンとの因果関係はないが、2人は頑張っていただけに残念だ!!
9月27日にユニバーサルミュージック/インタースコープ・ミュージックとして“最後”のアルバム「t.A.T.u THE BEST」(CD&DVD) が世界同時発売される。しかし、ファースト・アルバム「t.A.T.u」は、日本だけで200万枚を売り上げた。新人アーティストとしては異例のセールス だった

10021593.jpg

徳山高専女子学生殺人事件は犯人・藤村元紀の自殺で真相は全て闇の中に…。

やはり自殺していた!!
山口県周南市の徳山工業高等専門学校5年の中谷歩さんが殺害された事件。殺人の容疑で指名手配していた19歳の少年・藤村元紀の遺体が発見された。僕のブ ログでは、事件発生からイニシャルで書いてきた。そして、特異な事件性から自殺する可能性も想定していた。それが現実になったのだ。
ところで遺体発見の直前、「週刊新潮」が実名報道したが、その遺体発見後も、実名報道するか否か論議になっているという。
そういった中で「読売新聞」「日本テレビ」「テレビ朝日」は実名・顔写真の報道に踏み切った。「容疑者が死亡したことから少法規定の対象外となった」というのが大きな理由になっているようだ。しかし、今の少年法も古い。もう18歳以上は実名報道に踏み切るべきだ。
今回の事件で、匿名報道する新聞社は「匿名で報道する原則を覆す明確な理由はない」なんて言っている。実に都合のいい言い方だ。だいたい、6月にあった奈 良の母子3人焼死事件なんて、いい加減な報道の典型だった。誰もが最初から犯人が名門進学校に通う長男ってことを知りながら、また、それらしきことを報道 しながら、父親は総合病院泌尿器科の部長で、焼死した母子は誰だと名前まで公表していた。ところが、長男が逮捕された途端に、全て「匿名報道」。理由は 「犯人が少年だったから」。実にアホな話である。
ところで、遺体で見つかった藤村元紀について次のような情報があった。
「発見時、藤村元紀の死体は腐乱しいてハエがたかり蛆虫が湧いていた。首が腐ってもげ落ち、からだとバラバラの状態で転がり、周囲には強烈な悪臭が充満し ていたそうです。藤村が中谷歩さんを徳山工専土木科の研究室でロープを使い絞め殺したのは8月28日午前10時ごろ。その後、部屋の鍵を閉め、愛用のホン ダのApe50で逃走。自殺場所は学校からわずか4キロほどの下松市山中。首吊り用のロープを購入するため同市内の量販店に立ち寄ってただけで現場に向っ ています。
因みに、死体近くに転がっていたオレンジ色のリュックの中身は、殺人現場の土木建築科の研究室の鍵、3000円と免許証の入った財布、電池を外した携帯電話があった」
としている。藤村元紀は、亡くなった中谷歩さんの死体をいじった。遺体には、藤村の精子がついていた。そして「マスコミは今後も決して触れることはないはずだが、リュックの中には純白のパンティーが入っていた」といった情報もあった。
やはり、特異な事件だ。しかし、藤村の死で今回の事件の真相は全ては闇に葬られてしまった。

ニューヨーク。同時多発テロから5年…。

あの米中枢同時多発テロから5年。グランド・セロに行った。ワールド・トレード・センターの跡地である。テロの起こる前に来たときは、記念写真を撮ろうに も、ファインダー全体が入らないので撮るのをやめていた。今になって思うと、撮っておけばよかった。復旧活動も進んでいて、新しいビルが建つという。現在 は、基礎の段階だ。しかし、9月11m日も近いからは、観光客も多かった。

※写真=広い敷地の中に、ポツンと整備された地下鉄の駅。ワールド・トレード・センター前。

10021565.jpg

※写真=急ピッチで整備されている跡地。基礎が出来、いよいよビルが建てられる。

10021566.jpg

グランド・ゼロに行ったあとは、「せっかく」だからと、バッテリー・パークまで歩き、そこからフェリーでリバティ島に行く。アメリカの象徴、自由の女神があるところだ。フェリーで15分。きょうも快晴で、ニューヨークの景色もここからは最高である。

※写真=自由の女神のあるリバティ島から見たニューヨーク

10021567.jpg

※写真=遠くから見ると余り大きく見えないが、近くに行くと、やはり大きい。鎌倉の大仏のようなものか!?

10021568.jpg

それにしても、ニューヨークといったら「タイムズ・クスエア」だろうが、ここに来ると、いつも工事やら整備をしている。そして、きょうも11日に行われる イベントの準備が進められていた。11日の前夜からコンサートなどイベントが行われるという。しかし、こんな混雑しているところでも、イベントの時は通行 止めとなる。そのパワーだけでも凄いものがある。
そういえば以前、ここでボン・ジョヴィがコンサートをやったけど、その時も凄かった。

10021569.jpg