【速報35】 武道館で大友が歌ってくれなかった新曲「WE ARE THE HOUND DOG」を八島が歌う!

武道館で大友が歌ってくれなかった新曲「WE ARE THE HOUND DOG」を八島が歌う!
大友康平のために八島順一が書き下ろした新曲「WE ARE THE HOUND DOG」を、赤坂で行われる八島のパーティーで、八島がナマ披露する。
「歌って欲しかったんだけど、仕方がないね。4ヶ月前まで一緒にやっていたとは思えない。複雑ですよね。きょう、この歌は初めて歌うんだけど、大友に届くように歌いたい」
スタッフは
「体調によって考えたい」
と、言っていたが、八島も武道館のコンサートを観て奮起したようだった。リハーサルも丹念に行っていた。
それにしても、この曲を大友が歌う日が来るのか? 来るとしたら、一体いつのことか?

10021182.jpg

【速報34】 “1人HOUND DOG”の武道館コンサート「まるで歌謡ショーを観ているみたいで悲しくなった」と八島順一

コンサートが終わって、八島順一と橋本章司に感想を聞いた。

八島「何か、歌謡ショーを観てるみたいで、悲しくなってきた。噂では、まともなリハーサルは1日だけだったっていうじゃない。それじゃ、スタッフが可愛そ うだよ。コンサートは大阪城公園の時と変わらなかったしね。何か、30年ぶりに会った友達に、『お前、何も変わっていないな』って言うような感じかな。会 場に僕等が来ていることは、当然知ってしたはず。それを知っていて発言しているのだろうけど、話す言葉も何も変わっていない。まるで、歌舞伎だよね。やっ ていること、言っていることは何も変わっていない」

橋本「何かにとりつかれているような感じだった。言っていることでも、俺の話を黙って聞けって感じでどうかと思った。頭から飛ばしすぎていて、何かから逃 げているようなステージに見えた。寂しさというより、悲しい気持ちになった。八島の言うように大阪城公園とは全く変わってなかったし、きょうは、大友は HOUND DOGの50回目のコンサートと言っているけど、今回は大友康平のソロとしての1回目のステージだと思っている。僕としては来年の3月21日 のHOUND DOG結成の日に、八島、西山、鮫島、蓑輪も揃った6人のHOUND DOGで50回目のコンサートをやりたいね」

八島「それにしても、何も大友からのメッセージがなかったことが残念だった。大友が何故、この道を選んだのか、その具体的な気持ち、本音を知りたかったのに、全く、その話がなかったのが残念だった」

橋本「大友の気持ちを釈明して欲しかった。時代性にそぐわない。大友自身の口から、本当の気持ちを聞きたい。そうでなければ、全てが納得できない。こんなことが、現実に行われていることが悲しい」

因みに、明日のニッポン放送「ミュージックキャンプ」は、今回も生放送だという。

※写真=武道館に向かう八島と橋本

10021181.jpg

【速報33】 大友康平、1人でも“ウィ・アー・ハウンド・ドッグ”

「声がでない」
なんて言われていたけど、結構出ていた。最初から、こんなに飛ばしても大丈夫かと思うほどだった。
しかし、音響は、ハッキリ言ってダメだった。5曲目の「キス・ミー・パラダイス」なんかの時は、音が飛んでしまった。なんか、大友康平より、音響の方が焦ってるんじゃないの?
「東京スポーツに、1000人しか入ってないと書かれ、『コンサート中止か』なんて見出しがあった。もし、入ってなかったらどうしょうと、心を痛めていたが、沢山の人が来てくれて嬉しかった」
と大友康平。
しかし、ステージは大きくし、アリーナ席は普段の3分の2程度か。見たところ3500人程度か?武道館は、それなりに形を作れるから、何とかなったが、それでも、脇の暗幕に隠された椅子が痛々しかった。
でも、異常にハイテンションだった。さすがの大友も疲れたに違いない
それにしても、会場からヤジも飛ばなければ、真相究明の雄叫びもない。さすがは、大友教の信者である。と言ううことは、こんなブログを書いている僕を怨んでるファンもいるだろう。危ない危ない(>_<)
しかし、さすがにディスクガレージの八島順一、橋本章司らメンバーにに対してのケアは神経を使っていた。キョードー大阪とは月とスッポンだった。
それにしても、大友は、1人でも、「ウィ・アー・ハウンド・ドッグ」なんだぁ…

大友は
「後悔はない。一歩ずつ前を向いて走り続けて生きたい」
と言っていたけど、論点を外していた。

【速報32】 八島順一と橋本章司、“1人HOUND DOG”の会場である日本武道館に…

「次は6人でHOUND DOGのコンサートをやりたい」
八島順一は、武道館前でいまの思いを語った。
「いろいろあったけど、この日に間に合ってよかった」

100211701.jpg

痴情の果ての犯行か!? 徳山高専女子学生殺害事件

19歳のバイク逃走少年FMは、自ら引き起こした行動に錯乱状態になったはずだ。
山口県周南市の「徳山工業高専」で同校5年の中谷歩さんが殺害された事件である。1日夜、通夜。そして、きょう葬儀・告別式が執り行われた。しかし、容疑者のFMは、まだ逃走したままとなっている。
19歳の少年だという理由で顔を公表しない。プライバシーの問題である。全体的な雰囲気を言った程度で、そんなの分かるか。だいたい、特徴のない顔立ちなんだから…。
おそらく、8月30日にも書いたが彼は自殺しているだろう。今の状態で捜査していたら、万が一、自殺していたとしても、身元判明まで時間がかかるに違いない。
それに彼は、2~3000円しか持っていない。銀行預金を下ろしたら、すぐにわかる。遠方に逃亡したとしても、バイクの燃料代だってバカには出来ないだろう。
中谷さんには、家族にも紹介していた交際相手がいた。しかし、FMも中谷さんに好意を抱いていたに違いない。おそらく、犯行は痴情の果ての事件だろう。しかし、結局、今回の事件の真相はわからぬまま終わるだろう。

楽天・三木谷浩史逮捕カウントダウン! ついに逮捕の極秘情報資料入手、事態は急展開か!?

楽天の三木谷浩史逮捕の”Xデー”は!?
三木谷の逮捕は100%現実である。今や、緊迫の度は高まるばかりだ。
東スポは、9月1日に「楽天 三木谷社長9・4逮捕か」という記事を出した。市場での混乱を出来るだけ抑えるために「金曜日の夕方に逮捕」というのは、一 般的な考え方である。いずれにしても、東京地検特捜部では、ホリエモン→村上世彰ときたら当然、「次は三木谷」となる。これは自然な流れである。
「早ければ今週末に強制捜査を行い、週明けにも逮捕となりそう」
と、サイバッチは書いているが、週明けの9月4日にはホリエモンの初公判がある。いくら何でも、この週は避けるだろう。この週は、僕も東京を留守にするかもしれないので、避けてもらわねば…。
となったら、”Xデー”は? おそらく15日頃だろう。
実は、前回のブログで、仲間である某新聞社のキチガイ・デスクと週刊誌の変態編集記者らと取材チームを作ったと記した。その後、ストーカーの如く水面下で裏取材をしてきた結果、三木谷逮捕の極秘情報の資料をついに入手した。
さすがにキチガイ・デスクも発狂しまくっていた。もともとキチガイなんだから、発狂したって、いつもは驚きもしない。しかし、きょうは気が狂ったように電話をしてきた。
「何時だと思ってるんだ!!」
時間を見ると、5時半。オイオイ!と思ったが、いきなり
「ついに手に入れたよ!」
人の話も聞かずに電話口で吠えまくっていた。
「だから、キチガイって言うんだ!」
それにしても、一体、どんな極秘情報資料なのか?
何と、資料には三木谷浩史が何故、地検に狙われているのか、その事実が克明に記してあるというのだ。しかも、逮捕する容疑まで…。
「これは、日本社会の根幹を揺るがしかねない事件に発展する可能性があるよ」。
しかも、その資料には、三木谷以外の人物の名前まで列記されているようだ。その人物は、「逮捕されても当然」と言う顔ぶれなのである。この資料を公表したら…。
いずれにしても、三木谷の逮捕は、もはやカウントダウン状態。おそらく、三木谷周辺は、来るべき事態に備え、その対応策に走り回っているに違いない!