大友康平、アラスカで吠える!!

なるほど、考えてみたら、なかなか憎い演出である!! 明日のフジテレビで放送する特番「世界の絶景100選 豪華芸能人が命がけでボロ泣き感動絶景SP」(後7時~)。このスペシャル番組で、大友康平がアラスカから泣き叫ぶという。
「大友さんが涙ながらに、現在の思いを語るんです。ま、今後の決意を語るって言ってもいいかもしれませんね」。
とはフジテレビの関係者。
「シベリアの大自然が『何があっても強く生きろ』と少し弱気になってた自分の背中を押してくれたそうです」。
10月2日には、第1回口頭弁論が行われる。それにしても、タイミングのいい放送だ。

テレビ朝日の組織ぐるみ隠蔽工作か!! 59歳チーフ・プロデューサーKへの対応策

東京国税局の税務調査を受け、1億5750万円もの所得隠しが発覚したテレビ朝日編成局制作局チーフ・プロデューサーのK。当然ながら、懲戒解雇になった。しかし、Kは現在、59歳。「もうちょっとで逃げ切れたのに…」なんて思ったに違いない。
それにしても、不正な経理操作を行った挙句、架空の支払先だった番組制作会社から接待漬けで、海外旅行の代金や果ては、外車の購入費までもタカル始末だったという。しかも、ここにきて、事件には大手芸能プロダクションも絡んでいるんじゃないかと噂まで出てきた。
だけど、納得のいかないのは今回の舞台となったのがテレビ朝日だからである。
思えば、2年前にNHKの磯野克巳チーフ・プロデューサーが不正したときは、朝のワイドショー「スーパーモーニング」なんで連日、特集まで組んで徹底的に追及しまくっていた。そのテレビ朝日が…。テレビ朝日の君和田社長は
「02年4月から05年3月までの3年間に放送した7つの番組に関係する複数の制作会社に対して東京国税局から指摘されました」とした上で
「東京国税局の調査と並行して社内調査を行いました。その結果、上記7番組と、05年4月に放送した1番組2,000万円の合わせて8番組の制作費1億 5,750万円が不適切な運用によって支払われていました。8つの番組はすべて1人のチーフプロデューサーが担当しており、現場判断で複数の番組予算を一 括運用する形で精算、支払いがなされていました」
と、不正の実態を認めた。ところが、その社内調査では、「Kが、関係する制作会社から過剰な接待を受けていたことが分かった」と言っているくせに、「接待 を受けた回数や費用等は確認できませんでした」。これじゃ、何を社内調査したのか、キックバックの実態がさっぱりわからない。NHKだって批判できたもん じゃない。しかも、確認できなかったからという理由で、刑事告訴も見送ったばかりか、実名も公表しない。会社ぐるみで曖昧にしようとしているとしか考えら れない。だいたい、NHKとテレビ朝日じゃ立場が違うけど、国民共有の財産である「電波」を使っている部分では批判されて当然だ。どう考えても電波の私物 化になるんじゃないか!
しかも、Kが担当してきたからって「奇跡の扉 TVのチカラ」を打ち切りにしたことも怪しい。聞くところによると、この番組は、突然に司会が変わったり、 かなりいい加減だったようだ。それに、こういった番組は、よくわからない不明瞭な支出が多いらしい。Kというのはなかなかの業師だったことになる。Kは 「目撃!ドキュン」とか「激録!交通警察24時」など「事件の最前線直撃24時シリーズ」といったドキュメンタリーものを多数手がけてきた。確かに、こう いった番組は、人との交渉や接待費がものを言う。制作費だって、通常の決まりものとは違って、オーバーしてしまうことが多かったはず。この部分は、まさに 真っ黒に近い黒である!
また、制作会社には、大手芸能プロダクションと関係するところもあるらしい。つまり、今後、この問題は芸能プロも巻き込んだ不正支出問題にまで発展しかね ないわけだ。まあ、テレビ朝日に限らず、他局も他人事とは言い切れない事件かもしれないが、テレビ朝日の今回の事件の場合、どう考えても会社ぐるみの隠蔽 がプンプン。よほど、出ては困ることがあるに違いない!

【サイバッチ】インチキITライターの安芸智夫の卑劣な態度を暴く(その6)

【サイバッチ】インチキITライターの安芸智夫の卑劣な態度を暴く(その6)
インチキITライターの安芸智夫との決着はまだついていない。継続して戦っていく! とは言っても、何故か、ここのところ、【プチバッチ】では、亀田親子を徹底的に、いや気が狂ったように追及している。
しかも、バカの一つ覚えじゃあるまいし
「【プチバッチ!】はやるときはやりますよ」。
「週明け月曜日に『週刊ポスト』と『週刊現代』が書くでしょうがすでに入稿しているはず。本誌の後追いもパクリもできないはず。今回もブッチギリです」。
「間違いなくマスコミをぶっちぎり。またまたまた、後追い、パクリが即出することになります」。
「ブレーキの壊れた暴走機関車は今日も爆走中。タブーだらけのマスコミを尻目にスクープを連発」。
なんて威勢良く書きたてている。安芸は“機関車トーマス”にでもなった気分か!? だいたい、スポーツ紙を批判しているけど、情報のコメントでは「スポーツ紙の記者」なんて書いている。蛆虫18号のネタも入ってはいるけど、だから何だって話だ。
「【サイバッチ】や【プチバッチ】の協力者には、意外と週刊新潮のライターや記者が多いんですよ。もっとも、ネタをメールを送ると、送ったまま掲載されます」。
まあ、安芸は自称、プロのライターだからな。それにしたって、最近のネタは亀田親子ばかり。やる時はやるのは分かったが、どうにも面白くない。
TBSも、年末の“亀田祭り”を撤退した。一部には、「プライド」から手を引いたフジテレビが、亀田親子獲りに動いているらしいけど、【プチバッチ】のように、いつまでも終わったことの顛末ネタではつまらない。
まあ、僕は、業界内でギャラリーが多い【サイバッチ】対【ヘッドロック】の戦いを継続していく。この一件は、まだまだ終わっていない。こちらは、亀田以上の格闘技になるかもしれませんよ!!
…と思ったけど、最近、【サイバッチ】が実に静かである。クマも死んだフリするご時世だから、まだ何とも言えないが、安芸智夫に関しては着々と調査は進んでいる。そのうち、古い写真じゃなく、近影を載せたいとも思っている。

※写真=しずちゃんではありません!! 安芸智夫です!

10022442.jpg

一体何のカネ? 宇多田ママが所持していた現ナマ5000万円をNY空港で没収!! 

宇多田ヒカルの母親で、歌手の藤圭子が、米ニューヨークのケネディー空港で拘束されていたことが分かった。「空港で手荷物検査に引っかかった」というのだ。
空港は、対テロで厳戒態勢。手荷物は厳重に検査される。とにかく厳しい、上着は当然脱ぐ、ベルトも外して、履いている靴も脱ぐ。そういった検査の中で藤は拘束されたというのだ。
「どうやら、藤の場合、麻薬犬がバックの中身に反応したようです」。
捜査官が、藤の手荷物を調べると、何と中に現金42万ドル。日本円にして4900万円から5000万円が入っていた。当然、没収である。検察当局は、裁判所に没収の申請を提出している。
「検察当局は、麻薬の売買に関わる違法性のある現金に違いないとみているが、藤は、麻薬の取引なんかに関係した事実はないと反論しています。もちろん、現金の返還を要求しているようですが、まだ結果は出ていないようです」。
しかし、何で、麻薬取締官なんかに呼び止められたのか? まして、麻薬犬が何で反応したのか? 支払いは常にキャッシュだったのかもしれないが、それにしても現金で5000何円なんかも持ち歩くなんて普通じゃない。
だいたい、ケネディー空港から、どこに行こうとしていたのか? 日本か? それともヨーロッパか? 詳細は不明だが、明らかなことは、持っていた金が娘の宇多田ヒカルの稼ぎだったことぐらいか?
しかし、あるところにはあるものだ。

福山雅治らが本田美奈子.さんの1周忌に合わせ遺作の追悼シングル「With」へ

白血病で亡くなった本田美奈子.さんが、生前に復帰第1弾としてレコーディングする予定だった遺作「With」を、福山雅治らがレコーディングして、1周忌に合わせて本田美奈子.の追悼シングルとして11月1日に発売するという。
同曲を書き下ろした井上鑑が呼びかけて実現することになった。井上は、本田さんのサウンドプロデューサーを務めていた。井上は、病床の本田さんを勇気づけようと同曲を贈った。本田さんは「元気になったら歌いたい」と言っていたが、叶わなかった。
賛同したメンバーは福山雅治、高尾直樹、坪倉唯子をはじめ、山木秀夫(ドラムス)、美久月千晴(ベース)、三沢またろう(パーカッション)、鎌田ジョー ジ、古川昌義(ギター)、小倉博和(ギター)、西村浩二(トランペット)、村田陽一(トロンボーン)ら豪華メンバー。もちろん、井上自身も参加する。
バンド名は“INOUE AKIRA & M.I.H. BAND”。M.I.H.とは、“ミュージシャン・イズ・ホープ”の略だとか。
本田さんは、は白血病のため、昨年11月6日に亡くなった。「With」の詞は、本田さんが、これまで書き留めてきた詩を元に、一倉宏がまとめたという。

つんく♂が音楽・映像を中心としたエンターテイメント会社を設立!!

つんく♂が、エンターテイメントの新会社「TNX(ティーエヌエックス)」を設立する。音楽と映像を中心としたエンターテイメントの本格的企業だとか。代表取締役社長には、もちろんつんく♂が就任する。
新会社は、つんく♂が、音楽業界でこれまで培ってきたノウハウを最大限に活かして展開していくという。日本のエンターテイメントの発展と、世界に通用するジャパニーズ・エンターテイメントを送り出していくことを設立の目的としているとか。
それだけではない。新会社の設立とともに、新たに「音楽レーベル」も発足する。「TN‐mix」というレーベルで、契約アーティストは、時東ぁみ(「ミス マガジン2005」で、つんく♂賞受賞後に歌手デビューした)と、ジャ・ジャ(中国・四川省出身の24歳。中国本土から15万人が応募した、中国最大の女 性ボーカリスト・オーディション「超級女声~Super Girl」を機に、今年デビューを果たした実力派の女性ボーカリスト)。
時東は11月1日に同レーベルからの第1弾シングル「I’m a lady~じれったい私~」を発売する。また、ジャ・ジャは12月にアルバムの発売を予定しているそうだ。

※「I’m a lady~じれったい私~」を出す時東ぁみ

100229201.jpg

HOUND DOG第1回口頭弁論目前!! メンバーに送られてきた「坂田メール」公開!(1)

10月2日、マザーエンタープライズが提訴した第1回目の口頭弁論が行われる。訴状を公開したかったが、1回だけで玉砕してしまった。「だったら、 他に何 か出来ないか」と考えた結果、イエホック対メンバー(八島順一、橋本章司、西山毅)3人との顛末を改めて探ることにした。
どのように探るか…。これは、やはりメンバーに送られてきた“携帯メール”を公開していく以外ない!! いわゆる「坂田メール」である。このメールを公開することで、今回の騒動に“陰”で暗躍してきた登場人物もクローズアップ出来るだろう。
以下の「坂田メール」は、5月20日に八島に送られてきたものである。
このメールを読んだ八島、もちろん橋本、西山は
「俺たちは、イベンターにも訴えられるのか」
「損害賠償を請求するって、いくら要求してくるんだろう…」
と怯えた。文中の「ディスク」とは、「ディスクガレージ」の中西建夫社長のことである。中西社長は、HOUND DOGのコンサートでお世話になった人だっただけに、3人のショックは大きかった…。

5.20.3:00 (原文のまま)
今日、ディスクにはお二人の契約を履行する確認が取れなかったので、キャンセルせざるえないという大友さんの最終の意向を伝えました。先程戻りメールを読 ませてもらいましたが、契約を履行、守ると言う表現はまだされてないですよね。大友さんは履行するのか、しないのかを昼までに伝えてくるように言っていま した。契約違反をしているしてないを聞いているのではなく、契約を守りますという言葉が昼の時点でなければ、イベンターを説得はできませんでした。皆さん が動いたことでいろんな話が中西さんに入って橋本さんに迄いきましたから。何も動かなければまだ、時間をかけることもできたのかもしれませんが、皆さんが だめにしています。大友さんは真剣に怒ってしまっているので、私も、中西さんも大友さんの意思を変えることはできませんでした。そのような状況の中でイベ ンター、大友さんに先程の皆さんのメールを見せても100%説得不可能でしょう。余計、怒ると思います。明日の午後14時以降であれば、何時でも良いので 時間をつくる気持ちがあれば、お1人づつ私と弁護士に会って納得させられる内容を考えなくてはなりません。月曜には、イベンターも皆さん相手に損害賠償請 求に向け動くことになるでしょうから、明日しかありません。中西さんは数千万単位の賠償を三人に送ると言ってます。私は日曜は収録が入っていて無理なの で、本当に契約を履行するというのであれば、明日30分でも調整してください。大友さんが気持ちを変えるかどうかわかりませんが、最後に私ができることは それくらいしかありませんので。坂田

※写真=メンバーの元に送りつけられてきた大量な「坂田メール」。
10022860.jpg

レコード会社「ユニバーサルミュージック」から“社長”が消えた!?

ユニバーサルミュージックから“社長”が消えた!?
業界ネタである。ユニバーサルミュージックの石坂敬一社長兼CEOが、今度、会長に昇任した。25日付で代表取締役会長兼CEOに就任したのだ。「それ が、どうした」って言われたら、それでオシマイなのだが、何と、このトップ人事で「社長」がいなくなってしまったのである。
「社長は誰になるわけ?」
なんて、忙しない業界スズメの間では早くも話題になっているのだ。
ユニバーサルミュージックは、言うまでもなく世界レーベルの1つである。世界シェアは1位だ。現在、全世界71ヶ国でレコード業務、ライセンス業務を展開 している。そのユニバーサルミュージックグループの中で、日本の売り上げは、トップクラスにランクされている。売上げは推定で530億円前後と思われる が、利益率は前年度を確実に上回っており、平成18年度は増収増益が見込まれている。
何が好調かと言ったら、音楽配信(着うた)である。まず、頑張っているのがAI。昨春4月18日から配信を開始した「Story」は、8月31日現在の データによると、日本レコード協会発表の「音楽配信認定」作品で2ミリオンになった。その他、柴咲コウやTOKIO、mihimaru GT、スピッツ、 WaT、など邦楽が大きく伸ばしている。CDの売り上げも徳永英明のカバー・アルバムが絶好調だ。洋楽もフアネスやファーギーが好セールスとなっている。
石坂氏は、かつては東芝EMIの常務だった。ビートルズ・ファンには有名な人である。
ま、そんな説明はいいとして、石坂氏の「代表取締役会長兼CEO」昇任人事は、こういった、国内での業績が海外から認められた格好のようだ。それにしても、社長は一体、誰がやるのか? 今後、業界の大きな話題になりそうである!!

※写真=会長兼CEOに昇任された石坂敬一氏

10022813.jpg

大阪の「でんでんタウン」で洋画DVD等の海賊版を露店販売していた27人を著作権法違反で検挙!!

日本映像ソフト協会(JVA)、日本レコード協会(RIAJ)、コンピュータソフトウェア著作権協 会(ACCS)の権利3団体によると、大阪府警生活安全特別捜査隊と19警察署(浪速署、大淀署、福島署、東署、鶴見署、天王寺署、東成署、阿倍野署、住 吉署、西成署、高槻署、吹田署、豊中南署、枚方署、寝屋川署、四条畷署、堺南署、泉南署、黒山署)は、権利者に無断で複製したコンピュータソフトウェアや 洋画などの映像DVDなどを、大阪・日本橋の電気街(通称=でんでんタウン)で露天販売していたとして、大阪市の39歳の無職男性ら27人(20人逮捕、 7人を取り調べ)を著作権法違反の疑いで検挙した。この男らは、「でんでんタウン」路上で、㈱ヴァル研究所が著作権を有する「駅すぱあと」などを無断で複 製したCD‐R等多数を販売する目的で所持していたという。
また捜索は、でんでんタウンの露店のほか、近くのコインパーキングに駐車されていた乗用車や、関係者らの自宅など複数の場所で行われ、CD‐Rなど、約5000点を押収したという。
アニメDVDについては、露店6ヵ所について捜索した。また、コンピュータソフトについては、露店1ヵ所、乗用車2ヵ所、ヤサ2ヵ所の計5ヵ所を一斉捜索 した。今回の捜索で発見されたものの一例としては、㈱モリサワが著作権を有するモリサワフォント723書体が入ったCD‐Rが1万円で販売されていた。担 当者によると、このフォントは一書体あたり平均2万2000円で、定価総額では1500万を超えると見られている。
悪いことをすると痛い目にあう!!

【告訴会社と製品】
㈱ヴァル研究所「駅すぱあと」
㈱ジャストシステム「一太郎2006」、「花子2006」
㈱小学館プロダクション「名探偵コナン 劇場版」
シンエイ動画㈱「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」
㈱ゼンリン「ゼンリン電子住宅地図 デジタウン」
㈱モリサワ「モリサワフォント」
弥生㈱「弥生会計」

ブログが見られなくなった…。

「ブログが開かないよ!」
何人もの業界スズメから電話やメールがあった。しかし、夜の10時過ぎに、こんなにもブログをチェックしている輩がいるなんて…。改めて驚いた。
ところで、丹波哲郎さんに続いて、今度は作曲家の市川昭介さんまで亡くなり、フォークグループ青い三角定規の高田真理さんまで自殺した。いくら芸能界が盛り上がらないからといっても、人の死は気持ちも落ち込む。
話が逸れたが、ブログへの接続が夜半前から不都合になってしまったことは確かのようだ。ただ、原因は「?」。聞いたんだけど、よく分からなかった。ただ
「システムにトラブルがあったのかも…」。
とか。やっぱり、ロクなコトを書いてないからかな…。
いずれにしても、原因は分からないらしいから、また開かなくなる可能性は十分ある。まあ、季節の変わり目。いろいろ起こる!?