Archive for 8月 30th, 2006

【速報26】「オレは大友の武道館に行く!」と八島順一。“体調は心配御無用”

水曜日, 8月 30th, 2006

八島順一の執念なんだろう。何としても、9月2日は大友康平の“1人HOUND DOG”のステージを観るため、東京・北の丸の日本武道館に行くつもりである。
もう、誰にも止めることは出来ない。これは“6人でのHOUND DOG”を訴える八島の意地であり執念なのだ。
心配する声もある。だけど、今回だけは八島自身が決めることだ。体調が悪ければ行かない、よければ行く。そんなものは、自分で決めればいい。もう、50歳 なんだから、周りが言うことではない。要は、八島にとっては、行かなければならないコンサートなんだ。行かずに後悔するのは八島自身なのだ。で、コンサー トの後は、久しぶりにファンに会いたいんだろう。病人扱いせず、楽しませてやればいい。今じゃ、酒もタバコも禁止なんだから、いいんじゃないだろうか。
その八島からコメントがきた。

たくさんの御心配のメールありがとうございます。
退院後は、自宅に帰れてゆっくりと過ごしていますので、体調も日々回復してます、無理しないでと心使いのご意見も頂きましたが、ファンの皆さんに会って元気をいただきたい、御礼を言いたいのが正直な思いです。
家の静養も必要ですが、皆さんと会ったほうが体調回復になると思います。9月2日は武道館も赤坂のパーティーも凄く楽しみにしてます。
「We Are The Hound Dog」の新曲も皆さんに早く聴いてもらいたいと思っています。
では、パーティー会場で待ってます。

ハウンドドッグ
八島順一

ところで、武道館の後のイベント『STILL ALIVE やっさんず ぱーてぃー IN AKASAKA』は、21時30分から23時30分まで「赤坂 ANTZ REPUBLIC」で予定されている。(東京都港区赤坂3-16-11 東海赤坂ビル1階 TEL/FAX03-3589-0935)
料金1万円也
もちろん、当日、八島の体調がおもわしくない場合は内容の変更、もしくは中止になる。

2006年のオリンピックの国内候補地は東京に決定!!

水曜日, 8月 30th, 2006

福岡市と東京で2006年のオリンピックの国内候補地を争ってきたが、22対33で東京になった。ま、国内の候補地だから、大騒ぎするものでもないかも…。だいたい最終的に東京になるのかは「?」なんだから…。
それにしても、数日前は、福岡市が東京を「開催地に向かない」とか何とか罵倒する争いにも発展していた。最初は、東京の圧勝と言われていたが、意外に福岡市も健闘した。

【速報25】何か裏がありそうな…。1人で3役!? イエホックの楠山社長、坂田マネジャー、そして会報編集人の夏木さん。

水曜日, 8月 30th, 2006

HOUND DOGのファンの1人から連絡が…。
「会報が来たんですけど、編集後記に『夏木静音』っていう名前が入っていたんですけど、これって坂田さんの新しいペンネームなんじゃないですか?」
ファンクラブに入っていないから、その現物を送ってもらった。
関係者に聞くと、イエホックに「夏木静音」という人物はいないらしい。でも、この人は会報の「編集人」にもなっている。
ここで編集後記の内容を書くと、きっと何か言われて、すぐに足をすくわれるから、詳しくは書かないころにする。しかし、この「編集後記」に書かれた内容 は、どうやら昨年の会報用にFさんというライターがインタビューして執筆したことを、「それは私がインタビューした」と堂々と?書いている。
「実は、Fさんはイエホックを切られてしまっているんですよ。でも、今回、前事務所のマザーが大友さんとイエホック、それに会報に掲載されたインタビュー の一件でメンバー3人も告訴されたというニュースが出たときは、Fさんも焦っていたようですよ。インタビューして書いたのはFさんですからね」。
関係者がいう。「会報」だからいいんだろうけど、だったらFさんって一体、なんだったのか? 単なるライターだったって言っちゃえばそれまでだけど…。 でも、
「よかったじゃん。もし、訴えられても、それはFさんじゃなくって夏木さんなんだから」
という理論にもなってしまうわけだ。
それにしても…。早速、この会報のコピーを関係者に見せると
「これは坂田さんですよ」
と断言していた。
もちろん犯罪でも何でもない。「そんなこと他人に言われるようなことじゃない」って言われたら、それも確かだ。だけど、何か、やっていることは機能的ではない。どういった狙いがあるのかわからない。
「マイケル富岡」は楠山寸賀子で、「大友康平」については坂田寸賀子がマネジャーをやっているという、分け方なら「なるほど…」と思えるが、日本の芸能プ ロダクション(芸能事務所に限らないだろうが…)、代表取締役社長、マネジャー、そしてファン会報の編集人を1人の人物が名前を変えて、やっているなんて ところは他にないだろう(タレント自身が本名と芸名を分けているケースはあるだろうが…)。
もしかしたら、裏はないのかもしれないけど、興味本位に見ると「何かあるのだろうか!?」と探りたくなるものだ…。

※写真=ファンから送られてきた会報の最新号

10020968.jpg

国家公安委員会と警視庁のHPにサイバー攻撃か!?

水曜日, 8月 30th, 2006

国家公安委員会と警察庁のホームページが“サイバー攻撃”を受けていたことが分かった。と言うのも、27日午後8時31分から午後11時52分までの3時間21分にわたって、いずれもホームページの閲覧不能になっていた。警視庁では
「大量の情報を送り付ける“DoS攻撃”を受けた可能性が高い」
と断言、発信元や詳細な被害状況などを調べている。
もっとも、このHPは昨年4月にも閲覧困難になったことがあった。当時は
「反日活動を展開する中国のウェブサイトが日本国内のサーバーにサイバー攻撃を仕掛けるよう呼び掛けていた」。
それにしても、その後の対策をしていなかったことが、今回の“サイバー攻撃”の発覚で図らずもバレてしまったことになる。国家公安委員会も警視庁も、案外、こういった部分では無策というか、危機管理が乏しいってことになる。

山口県の女子学生・中谷歩さん殺害で19歳の男子同級生FMに逮捕状!! 犯行後バイクで逃走する!

水曜日, 8月 30th, 2006

山口県周南市の徳山工業専門学校内の研究室で同校土木建築工学科5年、中谷歩(なかたにあゆみ)さんがヒモで、首を絞められ殺害された事件。

※写真=事件が起こった徳山工業専門学校。5年制で卒業すると短大卒業の資格を得られた。

10020912.jpg

中谷さんは、朝10時に同級生の女子学生と登校し、11時に、その女子学生が、食事を一緒にしようと携帯電話をしたが連絡がとれなかったという。つまり、 10時から11時の間に殺害されたことになる。しかも、遺体が発見された午後3時に研究室の入り口ドアが施錠されていた。周南署捜査本部は研究室内で中谷 さんを殺害後、ドアに鍵をかけ事件発覚を遅らせようとしたとみている。
そういった中で浮上してきたのが、中谷さんと同じ研究室に所属する同級生で周南市内に住む19歳の少年FMである。すでに周南署捜査本部では逮捕状を取って、FMの行方を追っている。中谷さんは、来春、熊本大学への編入が決まっていたという。
周囲の話では「異性とのトラブルはなかった」というが、FMは、中谷さんに対して勝手に好意を持っていたかもしれないのだ。交際を迫ったが断られたか、あ るいは、無視されたか…。こういった事件の動機というのは、案外、発作的なものが多いものである。いずれにしても、現在、FMはバイクで逃走している。場 合によっては、自殺することも考えられる。
司法解剖の結果、中谷さんの死因は、頸部圧迫による窒息死と判明している。死亡推定時刻は28日午前10時半から正午頃の間。首以外に外傷はなかった。
10020913.jpg