出演料はたった15万円だった!! 八島、橋本、西山の3人が交わした日本武道館公演の出演契約

実は4月14日に、八島順一、橋本章司、西山毅は有限会社イエホックと「HOUND DOG日本武道館公演」に関して「出演契約書」を交わしていた。もちろん、この契約書は、イエホンクが3人を「解雇」したことで、不履行となっている。が、その契約書を見て、正直驚いた。

公演の名称 ハウンドドッグ公演(日本武道館)

公演の開催期日 平成18年8月24日~平成18年8月31日(リハーサル日)
平成18年9月2日(本番日)

公演会場 日本武道館

上記に関する契約金の総額 契約金 金166,666円也 (報酬¥150,000/源泉¥16,666) 平成18年10月末日支払い

出演者に関する事項

市内交通費 乙 手配 / 乙 負担
市内楽器移動費 乙 手配 / 乙 負担
ローディ費 甲 手配 / 甲 負担
食費 甲 手配 / 甲 負担
ケータリング費 甲 手配 / 甲 負担
地方交通費、宿泊費 甲 手配 / 甲 負担
地方楽器移動費 甲 手配 / 甲 負担

因みに、第6条で
「本契約書は2通作成し、甲と乙が調印し各自1通を保持、甲乙いずれも第三者への公開、譲渡は出来ない」
と記されている。
しかし、この契約はイエホック側の事情で不履行になってしまった。ということは、この契約書は成立しなかったことになる。イエホック側は「契約書は第三者 に公開できないことになっている」と言うだろう。しかし、この契約書は、イエホック側の事情で破棄されたわけだから、「当然、守秘義務も失われていること になる」というわけだ。
もちろん、これは大友康平には関係のないことである。ただ、いくらなんでも15万円はないんじゃないの? しかも、リハーサルはもちろん、交通費や楽器の移動費込みのギャラである。まるで、ボランティアみたいだ。
15万円でも「出られりゃいいだろう」というんだったら、余りに傲慢のような気もする。契約に至るまでには、いろいろあっただろう。それでも、契約書にサ インした八島、橋本、西山の気持ちも理解すべきじゃないか。ところで、この契約書を書くかどうするか悩んだ。だが、考えてみると、こういった一つ一つの出 来事が、イエホックとの間の不信感になり、さらには一連の騒動に繋がっていったものと思われる。3人の立場を明らかにすることが、今となっては重要なの だ。
それにしても、武道館の公演の出演料が、リハーサル込みで15万円である。しかも、この契約書は大阪城公園野外音楽堂も全く同じ条件だった。もちろん、大阪までの交通費や楽器移動費は「乙 負担」である。
確か、チケット代は6300円だった。たった24人分のギャラってことだ…。

10020515.jpg

「目障りだったので火をつけた」。熊田曜子似の連続放火魔“くまぇり”の供述!! 犯行を助長したのは地元紙の写真掲載

「目障りだったので火をつけた」。熊田曜子似の連続放火魔“くまぇり”の仰天供述!!
何か、目立ちたいことをやりたかった。大きなことをして注目されたかった。
長野・諏訪市の熊田曜子似の連続放火魔“くまぇり”こと平田恵里香である。逮捕に逮捕を重ね、今では9件の放火を自供している。
とにかく、大きなことをしたかったようだ。整形に整形を重ね、外見だけは頑張って来た。ここで熊田曜子のようなタレントになれればよかったのだが…。しかし、イマイチ欲求が満たされなかった。イライラしていた。
そんな時に、目の前に資材置場の小屋が…。深夜、丑三つ時。くまぇりは、100円ライターを取り出し衝動に火をつけた。乾燥していたこともあって、火の回 りは早かった。資材置場は瞬く間に燃え上がった。火をつけた途端、くまぇりは、一度は現場を立ち去ったが、再び現場の近くに戻った。周辺は大騒ぎになり、 けたたましくサイレンを鳴らして、次々に消防車が到着した。携帯電話のカメラでくまぇりは、無我夢中で燃え上がる資材置場を撮影した。
くまぇりは、自宅で購読している「信濃毎日新聞」を見て、新聞社に電話した。電話は社会部に回された。くまぇりが火事の様子を伝えると、社会部デスクから「写真を送ってほしい」と言われた。くまぇりは、アドレスを聞き撮影した写真をメールした。
次の日、 くまぇりの撮った火災の現場写真が4月17日付の「信濃毎日新聞」に掲載された。くまぇりは初めて快感を味わった。また、込み上げてくる興奮があった。い いとか悪いとかではない。新聞を広げたら自分の撮った写真が掲載されていた。自分の行動で大騒ぎになったことにカイカンを味わっていた。くまぇりの放火は エスカレートしていった。くまぇりは
「最初は、目障りだったので資材置き場に放火した」
が動機だったが、彼女の場合は、典型的な「愉快犯」だったことが、放火を重ねる要因となってしまった。初犯ではあるが、ま、懲役20年ぐらいの実刑だろう。

※写真=くまぇりの“愉快犯”を助長してしまった信濃毎日新聞の記事と写真

10020494.jpg

※写真=“くまぇり”こと平田恵里香

10020495.bmp