「GyaO」の登録契約者が1000万人突破と浮かれるUSENだが…

「なぁ~んだ、まだ、突破してなかったんだ」
と思ってしまったのが、USENが命運をかけている無料インターネット配信サービス「GyaO」の登録契約者数。1000万人突破したと、USENが正式に発表した。音楽や映画、ドラマなどからニュース、スポーツなど、多種多様の情報を毎日、あの手この手で配信している。その数、ざっと1500番組だという。これは凄い。この充実したコンテンツが登録契約者数1000万人の原動力となったのだ。
しかし、これだけのインフラを築くのはもちろん、コンテンツを維持するのも資金がかかる。しかも、音楽やドラマなどは独自のソフトを作っている。最近、タレントのプロフィルを見ていると、「USENの○○○ドラマ出演」なんて明記されている。要するに「GyaO」の番組なのだ。
「今はGyaOですよ。予算をいっぱい持っていますからね」
なんて、言うプロダクションのマネジャーも多い。だけど、その「GyaO」の制作費がかさんで、USENの経営を深刻にしている。
「基本的に広告費で運営していますが、その広告費は僅か30億円なんです。でも、制作費を含めた運営費は、その10倍といわれています。テレビ・キー局のプライムタイムと同じくらいの予算をかけてるとも言われていますしね。でも、広告のクライアントにしたら、いくら登録者が1000万人突破したって、広告費を出すのはテレビですよ」。要するに、マーケティング不足か状況判断を間違ったのか…。
しかも、傘下に治めた映画配給会社「ギャガ・コミュニケーションズ」が、想像以上に金食い虫になっている。調子に乗って支援に乗り出した「ライブドア」だって前途多難だ。フジテレビから宇野康秀が自腹95億円をはたいてライブドアの株式を買ったはいいけど、取締役への就任に対して、外資系の株主からばかりか、ライブドアの役員の中からも「反対」の声が出てきてしまった。結局は取締役に就任したが、こんな調子で本当に支援できるのか先行き不安だが、今や、ライブドアのことなんかより、自分の会社のほうが先行き不安になってしまった。
そういえば、あれだけ「横浜ベイスターズ買収」なんて騒いでいた宇野康秀の口から、「横浜」の「よ」の字も聞こえなくなってしまった。
考えてみれば、USENの大株主になった村上ファンドの村上世彰が逮捕されちゃったんだから、これも頭が痛い。今になって思えば「GyaO」の1周年記念企画のインタビューでは、第1回目に村上世彰が登場してきた。しかも、この中で「ライブドアのニッポン放送・フジテレビのM&Aで一躍注目を浴びた村上世彰氏」なんて紹介されちゃっているんだから、これは、インサイダーの事実を「GyaO」にバラされちゃったようなものじゃないの?
でも、晴れて1000万人突破。登録者を減らさないためにも今後は、制作費を含む運営費はもっとかけていくしかない?

昨日の出来事。話題の中心は北朝鮮のテポドン2号だった。

松山千春のデビュー30周年のコンサートが行われた幕張メッセ。楽屋には、全国各地からイベンターが集まった。
主催のフリップサイドの高山昌芳・社長はもちろん、九州・福岡のBEAの北島匡社長、広島のキャンデー・プロモーションの室田正則・社長、大阪のサウンドクリエーターの鈴置雄三・社長、名古屋のサンデーフォークの桑原宏司・前社長等など。そこで、話題にななったのが、北朝鮮が発射準備をしている長距離弾道ミサイル「テポドン2号」だった。
「テポドンの中には何が積まれているのか」
「そりゃ、爆弾だろ」
「核は積まれてないのかな」
「核だったら、日本はオシマイだね」
情報では、北朝鮮は「人工衛星」の打ち上げに備え、宇宙工学分野の科学者を動員し、軌道の設定と計算の作業を進めている――と言われている。「人工衛星」として発信機などをテポドン2号に組み込み打ち上げを行う可能性があるというのだ。したがって、万が一、発射した場合に北朝鮮は
「平和目的の人工衛星」
と主張するのだろう。
引き続き、イベンターズの会話である。
「日本だったら、どこに撃ち込むかな」
「青森とか、福井、あとは東京23区かな」
「青森、福井は?」
「原発だよ」
「米軍の基地は狙わないようだよ」
「六本木ヒルズなんじゃないの?」
話に論点はない。一体、どこを狙っているのか!?
ここにきて、政府なんかも安倍晋三あたりは、ようやく本気モードになりはじめている。ちょっと鈍い!これが次期の自民党総裁・総理大臣候補なんだから…。だけど、小泉純一郎総理の頭の中は、まだ外遊モード。
「オレは、日本を離れるから関係ない」
なんて思っていたりなんかして。
いずれにしても、テポドンは北朝鮮の「単なる脅し」との声もあるが、燃料は入れ終わっているという。きょうが「Xデー」である。
しかし、その一方で
「今回のテポドンは、射程距離が6000キロある。日本は通り越してアラスカを狙っているんじゃないのかな」。
いずれにしても、今回の結論は
「北朝鮮の考えていることは理解不能」
だった。しかし、今回の一件で日米は強く反発、制裁を含む厳しい姿勢で臨むのは確実で、緊張は一気に高まりそうだ。

※写真=北朝鮮のミサイル発射準備を巡って、外務省で会談に臨む麻生太郎外相とシーファー駐日米大使(17日午後7時過ぎ=時事通信社)

100154381.jpg

昨日の出来事!! 東京駅から京葉線に乗って起こった“想定外珍事”。

幕張メッセに行くために、東京駅で京葉線に乗ったのが15時34分発だった。因みに、東京駅では、キヨスクでバニラアイスとポカリスエットを買って乗った。
途中、バニラも食べ終わって、フッと気づくと、前に男性が立っていた。僕は、i-podで◯◯◯◯の曲を聴いていたから最初は、気にもしていなかったんだけど、気づいた途端に妙に気になった。電車は「舞浜」に到着し、ドッと乗客が出て行った。東京ディズニーランドにでも行くんだろう…。すると、僕の隣の空いた席に、立っていた男性が座った。何か、妙に気になるオーラを出していた。その途端だった。
「あの~っ」
ドキッ!!
「渡辺さんですよねぇ」
「はぁ?…ハイッ」
「ブログ、いつも読ませていただいてます」
一瞬だったが、背筋が凍った。
「あ、そうですかぁ」
「最近、秋田の事件が多いですよね。きょうは、もう書き込まれたんですか?」
想定外の出来事と質問にどう対応したらいいのか、分からなかった。
「渡辺さんは御殿場(静岡県)の出身なんですね。僕は、沼津なんです」。
世の中、どこで誰に見られているか分からない。その男性、職業はプログラマーだという。その職業を聞いた途端、返した返事は
「豪憲君のお父さんと一緒の仕事なんですね」
自分でも、その返答の内容には驚いた。彼にしてみたら「あっ、そうなんですか」と答えるしかなかった。
(つづく)