村上世彰の影に…。ライブドアの乙部綾子より才女!村上ファンドの美人広報担当とは!?

ホリエモンに乙部綾子がいたように、村上世彰にもヤリ手の広報ウーマンがいた。6月4日、村上が逮捕される前の記者会見にも同行していた。一部マスコミでは「美人秘書」と書き立てていた。先週発売の「フライデー」に書いてあったが、そこでは「広報担当のM女史」としていた。ツラをデカデカと出しておいて、「M女史」はないだろう…。
その「M女史」とは、M&Aコンサルティング(村上ファンド)の企画課長の三浦恵美。早稲田大学の政経学部を卒業した才女だそうで、早大在学中には海外留学を経験した帰国子女だとか。語学は堪能で、なかなかのキャリア・ウーマンだったようだ。因みに、村上ファンドに入る前は外資系コンサルティング会社を経て、日興證券ソロモン・スミス・バーニー証券(現・日興シティグループ証券)に勤めていた。
「日興證券ソロモン・スミス・バーニー証券時代は、雑用だった。お茶くみとかコピーをしたりとか…」。
それが、村上によってスカウトされ村上ファンドに入ったという。何でも、年収は3000万以上だったという噂だ。しかし、乙部綾子と共通するのは、体を張って尊師を護ることである。乙部も体を張ってホリエモンを護った。三浦も全く同じだ。パパラッチの如くツキまとうストーカー・カメラマンから村上を護っていた。まさに女ボディーガードである。これからの時代は、Gacktみたいに、座間か何かから雇ってきたようなデッカイ黒人のボディーガードをつけるんじゃなく、美人ボディーガードである。イメチェンも図れるし注目度も増して、これは新たな企業戦略になる。
しかし、同じ女性でも天と地のようだ。秋田の畠山鈴香が聞いたら嘆くに違いない!?いや、怒り狂うだろう。
とは言っても、その村上ファンドも今や風前の灯火。このまま消滅してしまう可能性もある。…となったら、三浦はどうするか!? 乙部綾子のように、どこかに再就職か? ただ、三浦の場合はプライドが邪魔しそうである。

※写真=「フライデー」に掲載された三浦恵美の献身ぶり
100153081.jpg

キャバ狂いの中学教師がキャバ行きたさに生徒の金盗む!?

バカというよりアホと言った方が適切なのかもしれない。大阪の中学の47歳になる男性教師が、自分の中学校に侵入して、生徒がバザーで集めた資金約75万円をネコババしたという。47歳にもなって何をやっているのかだよな。しかも、その理由が
「キャバクラに行きたかった」
からだというから、情けない!」もちろん、懲戒免職処分だ。
しかし、大阪っていうところは市役所から何から公務員の秩序は、もはや崩壊し切っている!!
聞くところによると、その男性教師は「キャバクラ狂い」だった。
「キャバクラにお気に入りの子がいた。その子に会いたかった。ついつい出来心で盗んでしまった。弁解の余地はない。やってはいけないことだった」
と反省しているらしい。だけど、学校に侵入して「出来心」ではないだろう。ハッキリ言って、これは「計画的犯行」だ。
そもそも、その石川五右衛門教師は昨年12月に53万円を盗り、調子の乗って今年1月に22万円を盗ったという。合わせて75万円だが、そんな高いキャバクラに行ったんだろうか!? 情報を聞こうと大阪の業界通のキャバクラに勤めていた子に電話したら、何と電話を変えられていた…。いずれにしても、盗人教師は、中学校の校庭で「公開釜ゆでの刑」にするしかない!!
しかし、芸能界にもキャバクラ好きが多い。大阪ではないが、六本木なんかを見回しただけでも「NEWS」や「BADD GIRLS」なんかに行くと業界人だらけだ。他人事ではない輩も多いと思うのだが。

SEX名簿押収で、畠山鈴香と情事を繰り返して来た男は戦々恐々。針のムシロに座らされている気分だろう…。

豪憲君の死体遺棄容疑で逮捕されている畠山鈴香だが、鈴香と関係を持って来た男の“SEX顧客リスト”が書かれた“マル秘”手帳が秋田県警能代署に押収された。手帳には56人の顧客が列記されているという。
鈴香はデリバリーヘルス(デリヘル)で働いていたが、藤里町の自宅にも多数の男を連れ込んでいた。
「鈴香は、デリヘルの客や同じ団地の男を連れ込んでいた。そればかりか、出会い系にも手を出していたとも言われています。しかも、自宅に連れ込むたびに綾香ちゃんを外に追い出し情事に励んでいたようです。しかも、鈴香は解放的な性格だったのか、やるときは、窓とかドアを開けっ放しにしていたらしいんです。ところが、うめき声が異常に大きいらしく団地中に響き渡っていたといいます」。
団地中に響き渡っていたとは大袈裟な…。
「いやいや、これは、団地の住民の話だから本当ですよ」。
リストには名前の他、連絡先の携帯電話なんかが克明に書かれていたという。
鈴香と極楽気分を味わった男は今や一気に転落、今や地獄を味わっているに違いない!
ところで、秋田地方裁判所は、鈴香の拘置期間を10日間延長する決定を下した。秋田県警の捜査本部は、鈴香の拘置期間を25日まで延長し、豪憲君の殺害の動機など詳しいことを聞き出し、25日までに死体遺棄罪で起訴し、その後、殺人容疑で再逮捕する方針のようだ。

※写真=鈴香と快楽を共にした56人の顧客リストに秋田の男たちは真っ青!!
100150061.jpg

秋元康が村上世彰との関係を全面否定!「何を根拠に!!」

異常なまでの否定である。誰でもホンネを突かれるとムキになるが、守銭奴・秋元康の否定の仕方は、もはやは異常としかいいようがない。ケンカごしに否定するのである。
秋元の顔は、作詞家、作家、放送作家、ホリエモン懐刀…、さまざまな顔をもつだけあって、何事に対しても欲深いのが特徴だ。したがって金儲けには手段を選ばない。しかし、さすがの秋元も村上との関係だけはヤバイとの思ってるようだ。
「村上との付き合いは、ニッポン放送株のこともあるから、もともと秋元も慎重だった。万が一、自分のやってることがニッポン放送はもちろん、フジテレビにバレでもしたら大変なことぐらいわかっていますからね。だから、隠密剣士になって影でやって来た。おそらく、今でも秋元としては、絶対にバレないという自信を持っているはずです」。
とフジサンケイグループの関係者。ただ、秋元が必死に隠そうとしているが、心配御無用! すでに村上世彰との関係は全てバレている。
日銀の福井俊彦総裁が、村上ファンドに1000万円投資していたことが大問題になっている。オリックスの宮内義彦なんかも袋だたきだ。秋元にしてみれば、村上とのズブズブの関係は、もはや口が裂けても言えない話になってしまった?ことだけは確かだ。