凄い!!ついに目撃してしまった! あの六本木の居眠り占いオバサンに客がいた。

いつも、この時間になると必ず居眠りしているはずの占いオバサン。ところが、ナント今夜は客の姿が…。何かの間違いではないか!何度も何度も目を擦って見た。信じられないことが、いま、目の前で展開されている。これは、一体…。迷える子羊か?それも男の子羊である。しかも、どこか自閉症っぽい軟弱な男…。
しはらく見ていた。やっぱり久しぶりの客だけに、熱心に相談にのっている。しかも、手相なんてあんまり見ないで話している姿は、占い師というよりカウンセラーみたいな感じだった。
鑑定時間は正味20分。というより、20分も何を聞いてたか、だ。しかし、僕の注目していたのは時間なんかではない!鑑定料である。この占いオバサン、果たしていくら取るんだろう。
唾を呑み込み、その時間を待った。すると支払の時間が…。ナント1800円だった。自閉症男は財布から1000円札と小銭800円を出していた。
小銭については自閉症男が財布から取り出時の枚数と、取り出した後、確認する際にアゴの動いた数、さらに、念のため占いオバサンが指で数えていた回数。いずれも800円だった。
ハイ、本日の営業収入は1800円也。
しかし、自閉症男は、占ってもらって満足顔だった。世も末である…。
100152241.jpg

米山豪憲君のお父さんが失踪!? 米山家の複雑な家庭環境の中で何が…

「実は…」
秋田・能代署で豪憲君殺害事件の現地取材をしていた記者から連絡が入った。
「豪憲君のお父さんが失踪したんじゃないかって、大騒ぎになったんですよ」
一時は、自殺説まで出たという。事件後、畠山鈴香が逮捕された以降、豪憲君一家は、藤里町の町営団地「朝日ヶ丘団地」の実家を留守にしている。
「結局は、見つかったという情報が入って騒ぎは沈静しましたが、豪憲君のお父さんが一体、どこにいるのか全くわからないんです」
確かに、自宅にはいられないだろう。だいたい、今回の一連の事件で、豪憲君のお父さんは「容疑者」の1人といってもいい。豪憲君と、長男のお兄さんは、実はお母さんの連れ子である。父親の子は、一番下の子なのだ。そうは言っても、父親は父親なんだけど、あるいは、その辺りにも今回の事件を解く鍵があるような気がしてならないのだが!
しかし、今回の事件で米山家も崩壊の危機だ!!

ITヒルズ族の完全分断・孤立を狙う地検特捜部。特捜部はホリエモンの参考人招致を決定か!?

ホリエモン、村上世彰、さらにはライブドアの元幹部の孤立、分断を狙っている。特捜部は、村上世彰のニッポン放送株インサイダー容疑について、ホリエモンを事情聴取することを固めた。
「基本的にさ参考人として事情聴取する。拒否した場合には、刑事訴訟法によって引っ張ることも視野に入れてます。7月に初公判がありますが、その公判前に大きな動きがあると思いますよ」。打倒!ホリエモンを叫ぶ変態記者はホクソ笑む。
事情聴取では、インサイダーに関することは当然だが、村上との関係を全て吐かせる魂胆だ。しかし、ホリエモンも頑固だから、喋るのは拒否するだろう。ま、そんなことは想定内のこと。特捜部としては、まずは公判前に、精神的に揺さぶっておこうという程度なのかもしれない。その後は、公判の際、検察側の証人として宮内亮治や熊谷史人などを出し、ホリエモンの精神構造をグチャグチャにしてしまうつもりなのだ。
思うに、宮内や熊谷など、かつての盟友役員に対しては、心底ショックを受けているはず。だって、全てホリエモンにとって不利な供述ばかりしてるんだから…。しかも、村上のインサイダー容疑なんて、宮内の供述だけで逮捕されちゃったんだから。「裏切られた」という思いだったに違いない。おそらく、ホリエモンは「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」になるだろう。いや、すでにPTSDになっているはずだ。毎日毎日、不安や頭痛、腹痛、不眠、悪夢吐き気なとに悩まされているに違いない。立教大学の学生から、憧れの起業家として羨ましがられているホリエモンの人格は、もはや破壊されるだろう。
ホリエモンと同様に、挫折という挫折には無縁だったろう村上世彰も同じ。逮捕前は強気一辺倒だったが、今や東京拘置所で、PTSD寸前かも…。だいたい、村上のようなエリート・コースを突き進んで来た人間というのはオチるのも早い。拘置所の中では、猫のようにニャーニャー鳴きながら、何でもかんでも話しているはずだ。おそらく、ホリエモンのことなんて、全て吐いてしまってるんじゃないか?だいたい、村上っていうのは、お調子者ねのお喋り怪獣である。孤独になるのはイヤなタイプだから、何でも話す。しかも彼の頭の中は、自分のことだけしかないから、もはや、ホリエモンなんて、どうでもいい存在なのだ。あるいは、責任は全てホリエモンにオッ被せるかもしれない。実は、村上という男は冷酷な男なのだ。
因みに、ホリエモン側の弁護士は参考人としてね事情聴取は拒否するらしい。

※写真=拘置所では何でもかんでも喋りまくってる村上世彰。

100151741.jpg

中森明菜の3年ぶりオリジナル.アルバム。ジャケットにはデビュー当時の秘蔵写真を使用!! 明菜秘話…。

中森明菜のアルバム「DESTINATION」が6月21日に発売される。実に3年ぶりのオリジナル.アルバムになるという。明菜は、今年でデビュー25周年目に突入した。「今さら明菜」という声もあるかもしれないが、この移り変わりの激しい時代に、未だ現役で活躍しているなんて、これは凄いこと。評価されるべきことだと思う。しかも、明菜をキャラクターに起用したパチンコ機「CR中森明菜・歌姫伝説」 も今月中から
並ぶという。
ところで、今回のアルバムは、テレビ東京が正月に放送した10時間ドラマの主題歌「落花流水」や、現在、黒木瞳と共演している日本テレビ系ドラマ「プリマダム」のエンディング曲「花よ踊れ」、そして、パチンコCR機のために,作られた「GAME」と3曲のタイアップを含んだもの。聴き応え十分なアルバムとなっている。
特に話題なのは、…というより、勝手に話題にしようとしているは、ジャケットである。何故か!? 実は、今回のジャケット写真は、何と、デビュー当時に撮った写真を使っているのだ。何でも渡辺達夫が撮った写真で、明菜がずっと持ち続けてきたものだとか。要するに「秘蔵の1枚」ってわけ。明菜にとっては「初心に戻って…」という気持ちだったんだろう。アルバムに対して中森明菜は
「今回のアルバムは私の大好きなラテンナンバーはもちろん、メローなミディアムナンバーや、ずっとトライしてみたかったR&Bの要素も取り込んだバラエティー豊かな12曲入りです。25年間の音楽活動を総括する記念すべきアルバムになりましたので、今まで以上に私の歌を多くの方々に楽しんで頂ければ…」
ま、ありきたりのPRであった。ところで、ジャケットの写真だが、調べてみると、どうやら明菜が20歳前後の時の写真のようだ。まさに明菜の全盛期の時代だ。丁度いい。せっかくだから、明菜の当時の裏話を書いてみようと思う――。

明菜といえば松田聖子とともに80年代を代表するアイドルだったことは、今さら言うまでもない。デビューのキッカケとなった、日本テレビ「スター誕生!」では番組史上最高得点での合格者として記録されている。
デビューは82年5月。小泉今日子とほぼ同時期のデビューだった。キャッチフレーズは、「ちょっぴりエッチなミルキーッ娘(こ)」。いま、思えば、そのキャッチフレーズと明菜のイメージは随分、いやそれ以上に違っていた!?
「アイドルと言うとアップテンポの楽曲で華々しくデビューするのが普通だったが、明菜は既成概念にとらわれないスタイルでデビューさせる戦略を立てた」。
当時、明菜の制作を担当したディレクターはいう。デビュー曲は「スローモーション」に決まった。
「デビュー曲をバラードの作品にするのは大きな賭けだった」。
だが、デビュー曲の選曲には紆余曲折があった。当時の関係者が、そっと明かしてくれた。
「実は、デビュー曲は『少女A』で勝負しようという案があったんです。ところが、スタッフの間から『少女A』がデビュー曲では、イメージが強すぎるという意見が出た。結果的に『スローモーション』に決まったんですが、そこで明菜の楽曲についてはシンガーソングライターを積極的に起用し、コンセプトを持った作品で差別化を図るという方向性が具体化した」。
コンセプトを持った作品作りで誕生したのが、来生えつこと来生たかおコンビによる「スローモーション」「セカンド・ラブ」「トワイライト~夕暮れ便り~」の“バラード3部作”であり、無名の作詞家・売野雅勇を起用した「少女A」「1/2の神話」、そして「禁区」の“ツッパリ3部作”だった。2つのパターンの作品を交互に出すことで、明菜のボーカル力をクローズアップさせた。
このコンセプトは見事に的中した。「少女A」は大ヒットとなり、「セカンド・ラブ」は82年を代表する作品となった。
そればかりではない。明菜作品は楽曲の選曲と同時に、タイトルにも神経が使われた。中でも「1/2の神話」は、当初「半分少女」というタイトルがつけられていた。ところが、明菜のレコーディングが進むにつれ「タイトルにインパクトがない」
ということになり、発売直前にタイトルを変更したこともあった。
明菜は、アイドルの枠にとどまらない歌唱力に磨きをかけ、高いアーティスト性を発揮していった。この明菜に興味を持ったのが井上陽水だった。陽水は渾身の力で作品を書き下ろし「明菜に歌って欲しい」と自らプレゼンをした。その曲が「飾りじゃないのよ涙は」(84年11月発売)だった。陽水が、初めてアイドルに書き下ろした作品となった…。

※写真=デビュー当時の秘蔵の写真をジャケットに
100151731.jpg