もはや解体するしかない社会保険庁!! こうなったら社保庁の職員にも責任を取らせ!

社会保険庁のデタラメぶりは、何と言っても、これまでの「乱脈経営」に象徴されてきた。全国各地に保険料で保養所とか宿泊施設をバンバン建てて、しかも、経営がズサンだから全て大赤字…。挙句は、地方自治体なんかに買ってもらおうとしたけど、そんな赤字になると分かっているものを買うほど自治体だってバカじゃない。結局、タダ同然で投売りするしか方法がなくなった。それで、「年金貰いたきゃ、金支払え」って言うんじゃ説得力がない。しかも、これから、出生率は下がる一方で高齢者は確実に増え続ける。そうなりゃ年金保険料の負担を増やすか、年金支給額を減らすしかないじゃない。いや、両方やるしかない。
もう、みんな忘れちゃったかもしれないけど、こんなこともあった。社会保険庁は、「国民年金保険料の徴収に使う」からというんで、携帯金銭登録機やプリンターを特定の2社に発注してた。その経費だけで28億円。そればかりか、この社に「年金通知ハンドブック」の印刷・出版も発注していて、これが10億円。…何と総額38億円だよ。社会保険庁は、これを全部、「入札なし」で特定2社にやらせていた。で、驚いたのが、その特定2社というのは、元社会保険庁の女性職員とそのダンナがやっている会社だった。しかも、その導入したプリンター、現場では殆ど使われていなかった。誰だって汚職のニオイがプンプンするんじゃないか? しかし、小学生でさえ分かるようなデタラメを、何で、平然とやるのか? 早い話、組織そのものが腐りきっているってことだろう。 
もう、年金制度をどうこう言う前に、こういったデタラメを続け、年金制度そのものを崩壊させた社会保険庁幹部や職員全員に責任を取らせるべきだろう。歴代長官なんていうのはどうせ、天下りの連中だろうけど、莫大な退職金を貰って偉そうな顔をしている。だったら、これを全額返金させるべきじゃないか。 職員も同罪だ。一緒にデタラメやって甘い汁を吸ってきたんだから、まずは賃金を7~8割はカットする、当然、ボーナスはゼロ。そのくらいの処分をしなきゃ。もちろん、彼らの年金はどんなものでも一切支給しない。
今回、社会保険庁は、国民年金保険料免除の不正手続き問題で、全国社会保険事務局長会議を開くなど、適当なポーズをとっている。川崎厚生労働相は、ノー天気に「何をおいても事実を明らかにしなければならない」なんて言っているし、村瀬清司・社会保険庁長官なんて「もう、うそはダメ。不退転の覚悟で実態を把握する」と訴えた。これで、何とか国民を騙そうとしている。
そもそも、村瀬清司なんていう長官もいい加減だった。村瀬の任命者は小泉純一郎だが、もともとは公明党の坂口力・元厚生労働大臣が起用した。今になっては、やっぱり汚点だろ!!
しかも、村瀬は、社保庁に来る前は、あの「損害保険ジャパン」副社長だった。しかも、損保ジャパンも契約者に金を支払わず、営業停止を食らってるんだからどうしょーもない!やっぱり、同じ穴のムジナってことだ。「民間人起用ははじめて」なんて調子のいい言葉に国民は騙されたってことになる。
そう言えば、テレビCMなんかで「損保ジャパンだ」なんて言っていた、上戸彩も被害者? …でも、出演ギャラ貰っていたんだから文句はないだろうけど…。

昭和の歌謡史を飾った美空ひばりさんが逝って19年目。改めて、ひばりさんを偲ぶ…。

昭和、平成の芸能界の中で「最大の事件」として芸能史に残っているのが、美空ひばりさんの塩酸傷害事件だろう。事件から、すでに49年と半世紀近くも過ぎようとしているにも関わらず、未だ語り継がれている事件だ。
1957年(昭和32年)1月13日の夜9時半頃に起こった。場所は「東洋一の広さ」を誇っていた東京・浅草の国際劇場。この日は、未だ正月気分も抜き切れない日曜日。催し物は、美空ひばり、大川橋蔵、そして小野満とシックス・ブラザーズの「花吹雪おしどり絵巻」だった。会場は超満員で熱気ムンムンだったという。華やかな舞台は、若い観客の熱狂的な声援と興奮の坩堝の中で、フィナーレに近づいていた。ひばりは、ウサギの
毛皮で縁取った紫色ビロードのドレスに半てんを羽織って、舞台上手の幕のかげで出番を待っていた。会場からは「ひばりちゃーん」と声援の渦が巻き起こっている。やがて、スポットライトはひばりの待機している幕に向けられた。ひばりの登場だ。と、その時だった。最前列の客席である“かぶりつき”に座っていた茶色のオーバーを着た少女が、いきなり立ち上がり、ひばりを目指しでステージに駆け上がった。
「ひばりちゃん!」。
少女の、その呼びかけにハッと驚き振り向いた瞬間、ひばりの顔を目がけて
「エイッ!エイッ!」
と、絶叫に近い掛け声とともにビンに入れてあった塩酸を浴びせかけた。
「キャーッ!」。
ひばりは両手で顔を覆いながら泣き叫んだ。ムチで殴りつけられたような激痛を感じたひばりは、慌てて支度部屋に走りこみ、すぐに顔を洗った。その時、ひばりの傍にいた付き人の佐藤一夫さんや大川橋蔵の世話人・西村真一さん、日活俳優の南博之も、その塩酸のとぱっちりを受けた。
「周りにいた人間は、突発の出来事に気が動転してしまって、少女を取り押さえる余裕もなかった」
と当時を知る関係者。全くの不意打ちだった。しかも、幕の影だったことから、この出来事に気づいた観客は殆どいなかったという。
「その女を捕まえろ!」。
落ち着きを取り戻した付き人の佐藤さんが叫んだ。少女は舞台裏の大道具の方に逃げ込もうとしたが、居合わせた浅草雷門のブロマイド屋「マルベル堂」の斉藤牛之助さんに捕まえられた。
浅草署の取調べの結果、犯人は山形県米沢市生まれの19歳の少女だった。上京し、板橋区内で女中奉公していたが「世の中がいやになった」と、犯行の2日前に家出し上野の旅館に泊まっていた。犯行当日は、上野駅付近の薬屋で工業用塩酸瓶(300cc入り27度)を購入し、午前11時頃に国際劇場に行った。その後、ひばりに面会を求めたが、断られたことから、客席で機会を狙うことにしたという。
「驚くことに、少女は中学生の頃からひばりの熱烈なファンだったといいます。東京に上京したのも、ひばり会いたさのためだった。横浜・磯子区のひばり邸にも電話をかけたり行っていた」(当時を知る音楽関係者)。
捕まった時に少女が持っていたノートには
「ひばりちゃんに夢中になっている。あの美しい顔、にくらしいぐらい。塩酸をかけて、醜い顔にしてやりたい」
と走り書きがしてあった。また、別のページには
「ひばりちゃん、ごめんなさい。こうしなければ、私は死ぬに死ねない…」
とも書かれていたという。
ところで、思わぬ事件に遭遇したひばりは支度部屋で顔を洗った後、母親の君枝さんに付き添われて、他の3人と近くの浅草病院に運ばれ、手当てを受けた。
「傷は、左頬から首筋にかけて、皮膚が黒く変色し、左耳の下に小豆大の斑点が7、8ヶ所見られる程度の火傷だった」(当時の関係者)。
思ったより軽傷だったという。
「塩酸をすぐに洗い流し、ドーランの化粧をしていたのが不幸中の幸いだった。全治3週間程度」だった。この夜は、入院ぜずに宿泊先の東京・湯島天神の「帆台荘」に戻った。
事件翌日、帆台荘には鶴田浩二や江利チエミらが駆けつけた。また、ファンの群れで身動きも出来ないほどとなった。現場記者の間からは「まるで組閣本部のようだ」といった声まで出ていたという。
ところで、この当時の話は、僕の芸能記者としての恩師だった味岡喜代治氏(故人)から、幾度ともなく聞かされた。味岡は、当時、報知新聞の記者で京都支局に勤務していた。事件後、ひばりさんは、詰め掛ける報道陣から身を隠していた。しかし、ある日、「味岡さんだったらインタビューを受けてもいい」
と言い出し、味岡は京都から東京に駆けつけ、ひばりさんと会った。インタビュー記事は翌日の報知新聞に掲載されたそうだ。味岡には、娘さんと息子さんがいるが「子供の名前は、全員、ひばりさんがつけてくれた」と言っていた。
その味岡が逝ったのは、ひばりさんの生誕日の前夜、5月28日だった。自宅で孤独の死だった。「連絡がつかない」と、5月30日に自宅に行ったところ亡くなっていた。机の上には、「ひばりを偲ぶ」という原稿が、執筆途中のまま置かれていた。
6月1日。通夜の晩だった。日本テレビで「ひばり特番」が放送され、その番組に「ひばりの生き証人」として味岡が出演していた。
「渡辺君、番組を見てくれよ」
と言っていたが、まさか通夜の晩に番組が編成されるとは…。しかし、何か、運命を感じた。因みに、味岡は昭和6年6月6日生まれで、66歳を目前に控えていた。まるでオーメンのような人だったが、66歳になる前に亡くなってしまったことになる。

※写真=数々のヒット曲を生んだ美空ひばりさん

100141581.jpg

大株主のホリエモンも真っ青!? ライブドアがさらに窮地に!

ライブドアが保有していた、優良子会社「ライブドアオート」の株式2000万株が差し押さえられた。「ライブドアオート」という会社は、中古車の買い取りとか販売をする大手の会社だ。しかし、事件が発覚して以来、「ダマされた!もう、一緒には出来ない」と、親会社のライブドアに反旗をひるがえし、会社としてのライブドアと旧経営陣に対して、総額で約16億7000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたのだ。
で、今回は、取り合えずのところ「賠償請求の額に見合う株式を保全したい」って言うことで、東京地裁に申し立てを行っていたってわけ。
その申し立てに今回、東京地裁は、ライブドアが保有しているオート社の株式の一部を、仮押さえしちゃっていいという決定を下した。。
この決定によって、ライブドアは持っているオート社の株のうち、8%の2000万株について、「勝手に売ってはいけない」となった。いくら、自分たちが持っている株だからと言って、勝手に処分したらダメだってわけだ。
いやはや、分かっていたとは言え、ライブドアを取り巻く環境は、さらに厳しくなってきた。旧経営陣というのはホリエモン以下、宮内亮治、熊谷史人…といった面々だけど、ライブドアにしたって、ホリエモンに次ぐ大株主となったUSENの宇野康秀は辛いところだろう。「ライブドアを支援する」と調子にのって、宇野がポケットマネーで95億円をポンと出したところまではいいけど、今になっつは一体、どうするんだろう…。
だって、オート社も損害賠償を求めているけど、今後は、フジテレビも300数十億円の賠償を求めるつもりだし、個人株主だって先月だったか、100人が損害賠償の訴訟を起こした。それに刺激されてか昨日だって、ライブドアとその子会社の個人株主110人が、港陽監査法人とホリエモンなど10人に、総額9億4000万円の損害賠償を求める訴訟が起こされているじゃないか。これから、こういった訴訟が続々と巻き起こっていくだろう。だって、株主がいまだに15万人もいるんだから。とにかくホリエモンは、公判で頭を悩ませるだけではなく、今後は損害賠償にも応じていかなければならないってことさ。
USENにしたって人ごとなんかじゃない。ハッキリ言って、現状はライブドアを支援している場合じゃないってこと。自社株が下落しているばかりか、「GyaO」だって、右往左往である。確かに、1000万人が登録をしたっていうけど、コンテンツの制作費だとか、運営コストは莫大なだけに、お先は真っ暗なんじゃないか?まあ、頑張って欲しいとは思うけど、厳しさは増す一方だ。やはり、運もツキもなくなってしまったホリエモンに関わってしまったことが最大の失敗かも、だね!
それにしても、ライブドアって、いつまで六本木ヒルズにいるのか? ヒルズにいるだけでも今になっては浪費だろう。早いところ、USENのある溜池に移転したらいいのに…。
100141481.jpg