続報/マドンナのコンサート日本公演は…

米ロサンゼルスにマドンナのコンサート取材に行った某スポーツ紙の記者が5時過ぎに帰国した。
「いま、成田空港に着いたよ!」
そう言えば、きのうのブログでマドンナの15年振り来日公演について書いたが、その時に「東京ドームと大阪ドームでのSS席5万円は高いのではないか」と書いた。そのことを言ったら、その記者は
「5万円のチケットは発売枚数が少ないから売れちゃうんじゃないかな。ストーンズだって値段の高い席から売れたっていうし…」
ふぅ~ん、そんなもんなのかぁ…。
「でも、十分に楽しめるコンサートだったよ」
だって。しかも、
「1万4000円だったら、もう一度行ってみたいかも。マドンナに知識がなくても楽しめると思うよ」
へぇ、そーなの?
何か、話を聞いていたら観てみたいような気もしてきた…。

因みに日本公演は
9月16日(土)が大阪ドームで20日(水)が東京ドーム。
チケットはSS席5万円、S席1万4000円、A席1万1000円(税込)

Kinki Kids 松任谷由実、B’zが出席してオリコン40周年記念表彰式

オリコン40周年記念表彰式「WE LOVE MUSIC AWARD」が、東京・六本木のグランドハイアット東京で行われた。オリコンだから当然、チャート記録の表彰式である。で、その記録である。
●アーティスト・トータル・セールス
★シングル男性部門の1位は3321万枚でB’z、2位は2548万枚でMr.Children、3位は2011万枚でSMAP。
★シングル女性部門は1位が浜崎あゆみの1984万枚、2位は安室奈美恵で1542万枚、3位は1533万枚で松田聖子。
★アルバム男性部門は1位がB’z(4145万枚)、Mr.Children(2292万枚)、GLAY(1729万枚)
★アルバム女性部門は1位は松任谷由実(2930万枚)、浜崎あゆみ(2350万枚)、宇多田ヒカル(1829万枚)
●No1獲得作品数
★シングル部門1位は37作品が1位となったB’zで、2位は26作品が1位となった浜崎あゆみ、3位は松田聖子で25作品
★アルバム部門の1位は松任谷由実で21作品、2位はB’zで19作品、3位は松田聖子で18作品。
●ミリオンセールスの獲得数は
★シングル部門の1位はB’zで15作品、2位はMr.Childrenの10作品、3位は6作品のGLAY。
★アルバム部門は、1位はB’zの19作品、2位はドリカムとMr.Childrenがタイで10作品。
●No1獲得週数では
★シングル部門の1位は63週のピンクレディー、2位はB’zで54週、3位は松田聖子の50週。
★アルバム部門では1位が井上陽水で68週、2位はサザンオールスターズで49週、3位は中森明菜の45週。
Kinki kidsは、受賞後に
「1つの判断材料。自分たちの音楽が間違っていなかったことが証明されたことが嬉しかった。次へのパワーになった」。
って言っていた。

それにしても、こういった授賞式を、オリコンのイベントだからと言って、オリコンだけの主催でやるっていうのはもったいない。しかも、来ている人の顔ぶれもマスコミと、授賞式に出席しているアーティストの事務所、レコード会社だけ。ちょっとおかしいって。やっぱ、こういったイベントは業界が率先して盛り上げるべきなんじゃないか? 景気が上向きになっているといっても、レコード業界は、その恩恵を受けていない状態だ。だったら、こういったイベントを盛り上げて、活気をつけるのも1つだと思うが。少なくとも日本レコード協会とか日本音楽著作権協会は協力すべきだったんじゃないかって思う。もちろん「公益団体が一事業社に協力するのは問題がある」なんて理屈もあるんだろうけど、そう杓子定規に考えないで、業界を盛り上げるための一つの手段としてバックアップすべきじゃないだろうか。少なくとも論議してもいいんじゃないだろうか?
…ところで、授賞式の写真を「Webサイトや携帯サイトに流さないように…」って、僕のブログを暗に指して言っているわけ!? そんなこと言われなくても、十二分に分かってますよ!!

※写真=さすがにビッグ・アーティストが出席したからテレビ局も多数詰めかけた。
100137031.jpg

※写真=オリコンだけでやるのはもったいない…
100137021.jpg