第2のタトゥー目指せ! ロシア出身の美人双子姉妹“ARAHIS(アラヒス)”がデビュー

5月17日にミニ・アルバム「ARAHIS」を発売するという。東映音楽出版が手がけるが、ロシアといえば、どうしても思い出すのがタトゥーである。タトゥーは、テレビ朝日「ミュージックステーション」のドタキャンで批判の嵐になったが、ARAHISは大丈夫なのか!?

※写真=ARAHIS
100128591.jpg

ARAHISは、姉のアナスタシア・ゴロヴィナ(愛称=ナースチャ)と妹のヴェロニカ・ゴロヴィナ(愛称=ニーカ)の双子。モスクワ出身で現在20歳。しかも音楽一家に育ったという。アーティスト名の「ARAHIS」とはロシア語で「ピーナッツ」という意味なんだと。そういったことから、ミニ・アルバムは、往年のデュオであるザ・ピーナッツのヒット曲を日本語でカバーするという。
「実は、ザ・ピーナッツの曲はロシアではロシア語の歌詞で長年親しまれていて、特に『恋のバカンス』は聴きなじみのあるメロディーだったそうです。実際、彼女達の祖父や父の世代は知っている懐メロでもあり若者にも歌い継がれていたようです」
とは東映音楽出版の関係者。ミニ・アルバムには「恋のバカンス」「恋のフーガ」「ウナセディ東京」など全7曲を収めているが、あと1曲だけ「恋のバカンス」のトランス.ミュージック版を入れている。
大ヒットとなったアニメ「鋼の錬金術師」(制作:アニプレックス)の劇伴音楽レコーディングが03年8月にモスクワで開催され、挿入歌を地元の少年少女達にロシア語で歌ってもらうため現地でオーディションが行われたという。 ARAHISの姉ナースチャは見事、ソロパートを獲得、妹ニーカも合唱パートで参加していたことで注目され、双子姉妹によるデュエットグループが誕生することになった。
劇判で使用された他、04年3月に発売された「鋼の錬金術師オリジナル・サウンドトラック1」にも収録された挿入歌「БРАТЬЯ(ブラーチヤ)」では評判を呼んだという。 04年12月には、東京.国立代々木競技場第一体育館、大阪城ホールで「鋼の錬金術師」のスペシャルイベントが開催されたが、この際は、まだユニット名もなかったナースチャとニーカは ゲスト出演した。
5月23日には、東京・恵比寿スウィッチで日本での大々的お披露目コンベンション・ライブを予定している。
因みに、同アルバムは今夏、ロシアでも発売される予定だ。

※写真=ミニ・アルバム「ARAHIS」ジャケット

100128601.jpg

東京地検特捜部に怯えるホリエモン

4月27日に保釈されて以来、ゴールデンウィークは六本木ヒルズの居住塔であるレジデンシャル・タワーに篭って一歩も外に出ることはなかったホリエモン。外出しないっていうんだったら、単に拘置所の独房より広くなっただけで、何にも変わらないだろ。ま、220万円もする超高級マンションで好きなパソコンはあるし、暇をつぶすものは何でもあるからいいんだろうけど…。ある、マスコミ関係者が言う
「何やってるんだろうと思って、ゴールデンウィーク中にレジデンシャル・タワーに行って、部屋のチャイムを鳴らしたら、ホリエモン本人がが出てきましたよ。でも、名乗ったら、いきなり切られましたが…」
それにしても、やっと、シャバに出て来て、ちょっとは羽根を広げたいはず。それが、一歩も外に出なかったのは、一体何故なのか?出ないのか?出られないのか?
それは、おそらく出られないのだろう。つまり、出たら、命を狙われるなんて可能性もあるからだ。功名を立てるためにホリエモンを狙うなんていう輩だっているはずだ。
少しでも、その可能性があるなら、そりゃ外出出来ないだろ。ホリエモンのために、かつての仲間が体を張ってくれる人なんていない。秋元康だって、もはや金にもならないホリエモンなんかに興味はない。
しかし、色々調べると、どうやら外出出来ないのは、それだけではなかった。実は、ホリエモンは東京地検特捜部にも怯えているようなのだ。「何もやっていない」と強気な発言を繰り返し、保釈されたというのに…。
「実は、特捜部は、ホリエモン捜査を全く諦めてなかったんだよ。マジにシャレになってない」。
と、キチガイ・デスクは発狂する。当初は、特捜部は捜査を中止したと思われていた。ところが、なんと、特捜部は次の一手を準備していたのだという。
それにしても今回、もし、特捜部の捜査が発展すればサイバーエージェントの藤田やテイクアンドギブニーズの野尻、さらにはUSENの宇野にまで、その手は伸びるかもしれない。もちろん秋元康だって笑っちゃいられないだろう。
「ホリエモンの保釈で特捜部は、逮捕や捜査が何かと批判された。しかし、ホリエモンの金の流れでは、スイスや香港、さらにはバージン諸島にまで捜査員を派遣したほど。保釈によってプライドをいたく傷つけられた特捜部は、威信をかけてホリエモンを追い込む算段でしょう」
とにかく、ライブドア=ホリエモン事件は、さらに広がりをみせるに違いない。
あした10日、公判前整理手続きが開かれる。